医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【緊張しない方法】女優・吉井怜さんも実践!体調管理に行う耳ツボ刺激

【緊張しない方法】女優・吉井怜さんも実践!体調管理に行う耳ツボ刺激

私が最初に「耳ツボ」に興味を持ったのは、20代後半のこと。耳ツボジュエリーを「神門」などのツボに貼るようになってから、ダイエットの悩みはいつの間にか解決しました。緊張しない方法としては、以前に舞台で共演した先輩の女優さんから教わった「耳ひっぱり」を実践しています。【解説】吉井怜(女優・タレント)


解説者のプロフィール

吉井怜
1982年、東京都生まれ。1996年、ドラマ『美少女H』(フジテレビ系)でデビュー後、アイドル、女優として活躍。2000年に急性骨髄性白血病を発症し、2001年に骨髄移植を受けた。その闘病記『神様、何するの』(幻冬舎)はベストセラーとなり、テレビドラマ化もされた。2016年に俳優の山崎樹範と結婚し、現在もドラマやバラエティ番組などで活躍中。

耳ツボ刺激との出合いで「やせなきゃ」と気に病まなくなった

私が最初に「耳ツボ」に興味を持ったのは、20代後半のこと。
当時の私は、ダイエットに行き詰っていました。

年齢的に今までのダイエット方法ではやせにくくなり、無理な食事制限の反動で過食したり、やせることを優先するあまり筋肉まで落ちたりと、ダイエットで失敗することが増えていました。

そんなとき、「耳のツボを刺激すれば、自然に食欲がコントロールされて、無理なく健康的にやせられる」と聞き、「これなら簡単だし、続けられそう」と思いました。

その日の体調に合わせて貼る「耳ツボジュエリー」

耳ツボダイエットの方法を調べてみると、特に気に入ったのが「耳ツボジュエリー」でした。
これは、小さな粒状のラインストーンのシールを、耳のツボに貼るというもの。

ピアスのような感覚で楽しめて、ふとしたときにさりげなくキラッと光るのが、とてもかわいいんです。
耳ツボジュエリーを「神門」などのツボに貼るようになってから、ダイエットの悩みはいつの間にか解決しました。

実際にやせたというよりも、気持ちが安定するようになり、ダイエットについて気に病むことがなくなっていました。
今日も、耳ツボジュエリーをしてますよ。

貼るときはいつも自分で、耳ツボの一覧図を見て、鏡でツボの位置を確認しながら貼っています。
今日しているのは、左耳が肺のツボ。

「ここを刺激すると、体の巡りがよくなる」と聞いたんです。
右耳はひざのツボと、胃腸のツボです。

最近、走るときにひざや足首が痛くなるためと、お酒を飲む機会が増えたので胃腸をいたわるためです。
耳には全身のツボが集まっているので、その日の体調に合わせて、耳ツボジュエリーをする場所を選んでいます。

舞台に上がる前に耳をひっぱると緊張しない!集中できる

ただ、ドラマの撮影や舞台の出演が入っている時期など、お仕事の状況によって耳ツボジュエリーができないときもあります。
そんなときは、手で耳のツボを押したりもんだりします。

以前に舞台で共演した先輩の女優さんから、「本番前とか、緊張したときは左右の耳の穴を開くイメージで指でひっぱると、気持ちが落ち着いて、人の声がちゃんと聞こえるようになるよ」と教わったことがあります。
以来、舞台に上がる前などに、「耳ひっぱり」を実行しています。

確かに気持ちが落ち着いて、集中してお芝居に入れますね。
耳ツボ以外にも、いろんな健康法に興味があります。

おかげさまで白血病も乗り越えることができました。
少しでも皆さんの参考になればと、私のブログでも試した健康法は書いてますし、仲間内で情報交換しています。

耳ひっぱりのやり方

少し前には発酵玄米に挑戦しました。
玄米がもちもちになって、とってもおいしかったです!最近は、ウォーキングを始めました。

私は短距離走は得意なんですが、長距離は苦手でした。
でも、実際やってみるとウォーキングの楽しさがわかってきました。

時間が合えば、主人と二人でウォーキングすることもあります。
こういう自分に合った、無理せず楽しみながらできる健康法を取り入れていきたいです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ツボ ダイエット

関連する投稿


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

下半身太りや腰痛を引き起こす原因は「親指歩き」にあります。「4本指歩き」に変えれば正しい姿勢を保ちやすくなります。すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。「足の小指回し」で鈍くなった小指の神経をよみがえらせ、しっかりした4本指歩きができるようにしましょう。【解説】南雅子(整体エステ「ガイア」主宰)


体の硬さは「股関節回し」で解消できた!動ける体になって下腹もへこんだ

体の硬さは「股関節回し」で解消できた!動ける体になって下腹もへこんだ

まだ小さかった子どもたちと一緒に砂場で砂遊びをすることが多かったのですが、10分20分しゃがんだ後に立とうとすると、股関節が固まったようになってしまい、パッと立てなかったのです。股関節回しをしてからは、すぐに私も立ち上がり、追いかけることができるようになりました。【体験談】中村瑞枝(自営業・44歳)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)