【緊張しない方法】女優・吉井怜さんも実践!体調管理に行う耳ツボ刺激と耳ひっぱり

【緊張しない方法】女優・吉井怜さんも実践!体調管理に行う耳ツボ刺激と耳ひっぱり

私が最初に「耳ツボ」に興味を持ったのは、20代後半のこと。耳ツボジュエリーを「神門」などのツボに貼るようになってから、ダイエットの悩みはいつの間にか解決しました。緊張しない方法としては、以前に舞台で共演した先輩の女優さんから教わった「耳ひっぱり」を実践しています。【解説】吉井怜(女優・タレント)


吉井怜
1982年、東京都生まれ。1996年、ドラマ『美少女H』(フジテレビ系)でデビュー後、アイドル、女優として活躍。2000年に急性骨髄性白血病を発症し、2001年に骨髄移植を受けた。その闘病記『神様、何するの』(幻冬舎)はベストセラーとなり、テレビドラマ化もされた。2016年に俳優の山崎樹範と結婚し、現在もドラマやバラエティ番組などで活躍中。

「やせなきゃ」と気に病まなくなった

私が最初に「耳ツボ」に興味を持ったのは、20代後半のこと。
当時の私は、ダイエットに行き詰っていました。

年齢的に今までのダイエット方法ではやせにくくなり、無理な食事制限の反動で過食したり、やせることを優先するあまり筋肉まで落ちたりと、ダイエットで失敗することが増えていました。

そんなとき、「耳のツボを刺激すれば、自然に食欲がコントロールされて、無理なく健康的にやせられる」と聞き、「これなら簡単だし、続けられそう」と思いました。

耳ツボダイエットの方法を調べてみると、特に気に入ったのが「耳ツボジュエリー」でした。
これは、小さな粒状のラインストーンのシールを、耳のツボに貼るというもの。

ピアスのような感覚で楽しめて、ふとしたときにさりげなくキラッと光るのが、とてもかわいいんです。
耳ツボジュエリーを「神門」などのツボに貼るようになってから、ダイエットの悩みはいつの間にか解決しました。

実際にやせたというよりも、気持ちが安定するようになり、ダイエットについて気に病むことがなくなっていました。
今日も、耳ツボジュエリーをしてますよ。

貼るときはいつも自分で、耳ツボの一覧図を見て、鏡でツボの位置を確認しながら貼っています。
今日しているのは、左耳が肺のツボ。

「ここを刺激すると、体の巡りがよくなる」と聞いたんです。
右耳はひざのツボと、胃腸のツボです。

最近、走るときにひざや足首が痛くなるためと、お酒を飲む機会が増えたので胃腸をいたわるためです。
耳には全身のツボが集まっているので、その日の体調に合わせて、耳ツボジュエリーをする場所を選んでいます。

舞台に上がる前に耳をひっぱる!

ただ、ドラマの撮影や舞台の出演が入っている時期など、お仕事の状況によって耳ツボジュエリーができないときもあります。
そんなときは、手で耳のツボを押したりもんだりします。

以前に舞台で共演した先輩の女優さんから、「本番前とか、緊張したときは左右の耳の穴を開くイメージで指でひっぱると、気持ちが落ち着いて、人の声がちゃんと聞こえるようになるよ」と教わったことがあります。
以来、舞台に上がる前などに、「耳ひっぱり」を実行しています。

確かに気持ちが落ち着いて、集中してお芝居に入れますね。
耳ツボ以外にも、いろんな健康法に興味があります。

おかげさまで白血病も乗り越えることができました。
少しでも皆さんの参考になればと、私のブログでも試した健康法は書いてますし、仲間内で情報交換しています。

少し前には発酵玄米に挑戦しました。
玄米がもちもちになって、とってもおいしかったです!最近は、ウォーキングを始めました。

私は短距離走は得意なんですが、長距離は苦手でした。
でも、実際やってみるとウォーキングの楽しさがわかってきました。

時間が合えば、主人と二人でウォーキングすることもあります。
こういう自分に合った、無理せず楽しみながらできる健康法を取り入れていきたいです。

【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功!血圧も下がった

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)