MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【豆乳マヨネーズの効果】30代からのエストロゲン低下をカバー! 更年期予防に

【豆乳マヨネーズの効果】30代からのエストロゲン低下をカバー! 更年期予防に

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)

豆乳マヨネーズでエストロゲンの低下をカバー

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。
美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。
豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。

豆乳マヨネーズの主な材料は、豆乳、オリーブ油、酢です。
これらは身近な食材ですが、どれも健康面・美容面での高い効果が期待できます。

なかでも豆乳は、女性の健康と美しさを保つのにうってつけの食材です。
豆乳をはじめとする大豆食品には、イソフラボンという成分が含まれています。

イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをします。
女性は40代半ばごろになると、エストロゲンの分泌量が減り始めます。

エストロゲンは美だけでなく、健康の守り神ともいえる大切な存在で、分泌量が減ると、体がその状態に慣れるまでの間に心身にさまざまな不調が現れます。
これが更年期障害です。

年齢ごとのエストロゲン分泌量

更年期障害・骨粗鬆症を予防する「イソフラボン」の働き

イソフラボンはエストロゲンほど強い作用を持ちませんが、更年期障害に悩む女性が意識してとれば、体温異常、のぼせ、多汗、めまいなどの不調はある程度は改善されるはずです。
また、エストロゲンには、骨密度を維持する働きもあります。

閉経後の女性に骨粗鬆症(※)が多いのも、閉経後にエストロゲンが急減するためです。
イソフラボンを積極的にとり続ければ、骨粗鬆症を予防できるでしょう。

さらに、イソフラボンには、血管を拡張して血液の流れをよくする働きもあります。
血液の流れがよくなると、肌や髪が若返る効果もあります。

シワやシミはできにくくなり、白髪や抜け毛も減ることが期待できます。また血液の流れをよくすることで、高血圧や認知症などを予防します。


(※カルシウムの不足によって骨がもろくなる病気)

消化を助けて胃の負担が少ない調味料

豆乳マヨネーズに含まれるオリーブ油と酢も、健康と美容によい食材です。
なぜならオリーブ油には高い抗酸化力があり、老化や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の原因となる活性酸素の影響を体内で抑制してくれるからです。

また、オリーブ油に含まれるオレイン酸は、代謝を高めて太りにくい体をつくるともいわれています。
そして酢も体にとてもいい食材で、これに含まれる酢酸は、消化を助ける働きがあります。

ですから胃に負担をかけやすい肉や、油が多い料理に豆乳マヨネーズを使えば、胃もたれを起こしにくくしてくれます。
豆乳マヨネーズは、健康と美容に優れた効果を持つ豆乳とオリーブ油、酢をまとめてとることができる調味料です。

塩分や糖分、添加物などの多い健康に好ましくない調味料と置き換えれば、より健康的な食生活になるのは確かです。
豆乳マヨネーズを有効活用すれば、食生活を見直すきっかけになると思います。

ちなみに、豆乳に含まれるイソフラボンは、1日に150mg以上とると、女性ホルモンのバランスが乱れて乳がんや子宮体がんなどのリスクが高まるといわれています。
しかし、これだけの量を豆乳でとるとしたら、600mlは必要です。

豆乳マヨネーズだけであれば、イソフラボンの過剰摂取のおそれはほぼないといえます。
ですから安心して豆乳マヨネーズを使い、栄養バランスのよい食生活を目指してください。

解説者のプロフィール

藤森徹也
オルソクリニック銀座院長。大阪市立大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院小児科、厚生労働省などに勤務する一方、米国ハーバード大学、デューク大学に留学し、経営学修士(MBA)を取得。30代後半にて、自身の体力の衰えを感じ、栄養療法とナチュラルホルモン補充療法を知る。現在はナチュラルホルモン補充療法、栄養療法を中心とする、自身のクリニックで抗加齢マネジメントの啓蒙に努める。

●オルソクリニック銀座
東京都中央区銀座2-5-4ファサード銀座 3F
TEL 03-6228-7698
http://oc-ginza.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)