医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

老化が加速するタンパク質不足 対策は「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給!

老化が加速するタンパク質不足 対策は「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給!

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


解説者のプロフィール

溝口徹(みぞぐち・とおる)
●新宿溝口クリニック
東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル5F
TEL 03-3350-8988
http://www.shinjuku-clinic.jp/

新宿溝口クリニック院長。
1990年福島県立医科大学卒業。
横浜市立大学医学部付属病院国立循環器病センター勤務を経て、神奈川県藤沢市に溝口クリニック(現・辻堂クリニック)を開設。
2003年、日本初の栄養療法専門クリニック『新宿溝口クリニック』を開設。
毎日の診療とともに、患者や医師向けの講演活動を行っている。

飽食の現代のはずがたんぱく質は不足!

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。
日本人の食生活は戦後、劇的に変化し、たんぱく質の摂取量が増加し続けてきました。

しかし近年は、一転して減少傾向にあり、なんと戦後間もない1950年代と同水準まで落ち込んでいるのです。
とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。

タンパク質不足が及ぼす健康への影響

たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。
たんぱく質は、骨や筋肉、皮膚、爪、毛髪など、体を構成する主要な材料で、食べ物の消化・吸収や細胞の再生・修復などに使われます。

また、病原菌などから体を守るために作られる免疫抗体などの成分でもあります。
そのため、たんぱく質が不足すると、筋肉量が減少したり、骨がもろくなったり、肌荒れや抜け毛が増えたり、免疫力が低下してカゼをひきやすくなるなど、さまざまなトラブルにつながるのです。

たんぱく質が足りないと、老化も進行しやすくなります。
人間の体内では常に、たんぱく質の合成と分解が行われていますが、合成される量が分解される量を上回っている時期が成長期です。

しかし逆に体内で合成される以上にたんぱく質が分解されていくと、老化が進みます。
したがって、老化を防ぎ、体を若々しく健康に保つには、毎日の食生活でたんぱく質をしっかり補給する必要があります。

タンパク質が不足がさらなる悪循環を招く

とはいえ、たんぱく質を効果的に補給することは、そう容易ではありません。
たんぱく質が不足している人は、食事からとったたんぱく質を体内で消化、吸収するために必要な消化酵素の分泌も悪くなりがちです。

なぜなら、消化酵素も、たんぱく質からできているためです。
消化酵素の分泌が不十分だと、たんぱく質の含まれた食品を食べても体内でたんぱく質が消化されず、胃もたれや下痢を起こすこともあります。
その結果、肉などのたんぱく質食品を食べる気がしなくなって敬遠してしまい、ますますたんぱく質が不足してしまう、という悪循環を招きかねません。

しかし、「豆乳マヨネーズ」を食生活に取り入れることで、このようなたんぱく質不足の悪循環を断ち切ることができます。
豆乳マヨネーズは豆乳自体に植物性たんぱく質が豊富な上、肉、魚、野菜と味の面で相性がいいので、たんぱく質を効率よくたっぷりとることができます。

植物性と動物性のたんぱく質を食べよう

たんぱく質を含む食品は、大きく分けると、
肉や魚介類、卵、乳製品など動物性の食品と、
豆や穀類、野菜など植物性の食品があります。

一般的に、植物性よりも動物性の食品のほうがたんぱく質の含有量が多く、
動物性たんぱく質のほうが体内での利用効率が高いとされています。

また、たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類あり、
このうち9種類は、体内で作り出せず、食品から摂取しなければいけない必須アミノ酸です。

動物性たんぱく質食品には全種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているのに対し、
植物性たんぱく質食品は、一部の必須アミノ酸の含有量が少なくなっています。

そのため、肉類や魚介類、卵や牛乳などの動物性たんぱく質食品を、
豆や穀類、豆乳マヨネーズなどの植物性たんぱく質食品と合わせてとるといいでしょう。

そうすれば、アミノ酸バランスが改善し、体内での利用効率がアップしますが、
肉を食べ慣れていない人は、一度にたくさんの肉を食べると胃もたれや下痢を起こすこともあります。

そんな人に私がお勧めしている料理が、しゃぶしゃぶです。

薄切り肉のしゃぶしゃぶであれば、
ステーキなどが苦手な人も無理せず食べることができ、肉と同時に野菜もとれます。

豆もやしと肉に、豆乳マヨネーズをかける「豚もやしのピリ辛マヨネーズがけ」は、簡単です。

豆乳マヨネーズをゆで卵と合わせたり、
刺し身や蒸し魚にそえたりするのも、動物性たんぱく質を効率よくとれるので、お勧めです。

中高年は意識してたんぱく質をとることが大切

一般に、たんぱく質の必要量は体重1kg当たり1日1~1・5gといわれます。

体重60kgの人であれば、1日60gのたんぱく質が必要となる計算で、
これは肉でいうと300g、卵であれば10個、納豆9パック、食パン10枚に相当します。

ただし、たんぱく質の必要量は人により異なり、
ダイエット中(摂取カロリーの少ない人)、運動不足、運動量の多い人や高齢者は、
より多くのたんぱく質が必要です。

特に、中高年になると若者に比べて消化吸収力が落ちるので、
意識してたんぱく質をとることが大切です。

豆乳マヨネーズと動物性・植物性たんぱく質食品を組み合わせて、
おいしく楽しみながら、たんぱく質の補給に努めていただきたいと思います。

「豆乳マヨネーズ」の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


豆乳 アンチエイジング

関連する投稿


アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)


言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

わかったのは、私が「言い訳だらけの人生」を送ってきたということでした。うまくいかないことがあると、「親のせいだ」「お金がないせいだ」と、常に何かのせいにし、被害妄想の意識にとらわれて生きたのです。【体験談】伊藤千恵(セラピスト・50歳)


美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)


最新の投稿


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)