老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


解説者のプロフィール

溝口徹(みぞぐち・とおる)
●新宿溝口クリニック
東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル5F
TEL 03-3350-8988
http://www.shinjuku-clinic.jp/

新宿溝口クリニック院長。
1990年福島県立医科大学卒業。
横浜市立大学医学部付属病院国立循環器病センター勤務を経て、神奈川県藤沢市に溝口クリニック(現・辻堂クリニック)を開設。
2003年、日本初の栄養療法専門クリニック『新宿溝口クリニック』を開設。
毎日の診療とともに、患者や医師向けの講演活動を行っている。

飽食の現代のはずがたんぱく質は不足!

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。
日本人の食生活は戦後、劇的に変化し、たんぱく質の摂取量が増加し続けてきました。

しかし近年は、一転して減少傾向にあり、なんと戦後間もない1950年代と同水準まで落ち込んでいるのです。
とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。

タンパク質不足が及ぼす健康への影響

たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。
たんぱく質は、骨や筋肉、皮膚、爪、毛髪など、体を構成する主要な材料で、食べ物の消化・吸収や細胞の再生・修復などに使われます。

また、病原菌などから体を守るために作られる免疫抗体などの成分でもあります。
そのため、たんぱく質が不足すると、筋肉量が減少したり、骨がもろくなったり、肌荒れや抜け毛が増えたり、免疫力が低下してカゼをひきやすくなるなど、さまざまなトラブルにつながるのです。

たんぱく質が足りないと、老化も進行しやすくなります。
人間の体内では常に、たんぱく質の合成と分解が行われていますが、合成される量が分解される量を上回っている時期が成長期です。

しかし逆に体内で合成される以上にたんぱく質が分解されていくと、老化が進みます。
したがって、老化を防ぎ、体を若々しく健康に保つには、毎日の食生活でたんぱく質をしっかり補給する必要があります。

タンパク質が不足がさらなる悪循環を招く

とはいえ、たんぱく質を効果的に補給することは、そう容易ではありません。
たんぱく質が不足している人は、食事からとったたんぱく質を体内で消化、吸収するために必要な消化酵素の分泌も悪くなりがちです。

なぜなら、消化酵素も、たんぱく質からできているためです。
消化酵素の分泌が不十分だと、たんぱく質の含まれた食品を食べても体内でたんぱく質が消化されず、胃もたれや下痢を起こすこともあります。
その結果、肉などのたんぱく質食品を食べる気がしなくなって敬遠してしまい、ますますたんぱく質が不足してしまう、という悪循環を招きかねません。

しかし、「豆乳マヨネーズ」を食生活に取り入れることで、このようなたんぱく質不足の悪循環を断ち切ることができます。
豆乳マヨネーズは豆乳自体に植物性たんぱく質が豊富な上、肉、魚、野菜と味の面で相性がいいので、たんぱく質を効率よくたっぷりとることができます。

植物性と動物性のたんぱく質を食べよう

たんぱく質を含む食品は、大きく分けると、
肉や魚介類、卵、乳製品など動物性の食品と、
豆や穀類、野菜など植物性の食品があります。

一般的に、植物性よりも動物性の食品のほうがたんぱく質の含有量が多く、
動物性たんぱく質のほうが体内での利用効率が高いとされています。

また、たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類あり、
このうち9種類は、体内で作り出せず、食品から摂取しなければいけない必須アミノ酸です。

動物性たんぱく質食品には全種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているのに対し、
植物性たんぱく質食品は、一部の必須アミノ酸の含有量が少なくなっています。

そのため、肉類や魚介類、卵や牛乳などの動物性たんぱく質食品を、
豆や穀類、豆乳マヨネーズなどの植物性たんぱく質食品と合わせてとるといいでしょう。

そうすれば、アミノ酸バランスが改善し、体内での利用効率がアップしますが、
肉を食べ慣れていない人は、一度にたくさんの肉を食べると胃もたれや下痢を起こすこともあります。

そんな人に私がお勧めしている料理が、しゃぶしゃぶです。

薄切り肉のしゃぶしゃぶであれば、
ステーキなどが苦手な人も無理せず食べることができ、肉と同時に野菜もとれます。

豆もやしと肉に、豆乳マヨネーズをかける「豚もやしのピリ辛マヨネーズがけ」は、簡単です。

豆乳マヨネーズをゆで卵と合わせたり、
刺し身や蒸し魚にそえたりするのも、動物性たんぱく質を効率よくとれるので、お勧めです。

中高年は意識してたんぱく質をとることが大切

一般に、たんぱく質の必要量は体重1kg当たり1日1~1・5gといわれます。

体重60kgの人であれば、1日60gのたんぱく質が必要となる計算で、
これは肉でいうと300g、卵であれば10個、納豆9パック、食パン10枚に相当します。

ただし、たんぱく質の必要量は人により異なり、
ダイエット中(摂取カロリーの少ない人)、運動不足、運動量の多い人や高齢者は、
より多くのたんぱく質が必要です。

特に、中高年になると若者に比べて消化吸収力が落ちるので、
意識してたんぱく質をとることが大切です。

豆乳マヨネーズと動物性・植物性たんぱく質食品を組み合わせて、
おいしく楽しみながら、たんぱく質の補給に努めていただきたいと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


豆乳 アンチエイジング

関連する投稿


【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


【血液サラサラ・血管強化】下肢静脈瘤を食事で改善する「静脈若返りレシピ」ドリンク編

【血液サラサラ・血管強化】下肢静脈瘤を食事で改善する「静脈若返りレシピ」ドリンク編

下肢静脈瘤の予防・改善、手術後の再発防止はもちろん、肥満の解消や、糖尿病や動脈硬化など生活習慣の予防・改善、肌や内臓など全身の老化予防にも有効なレシピです。食事は健康の要。普段の食生活を見直して、静脈を若々しく元気に保つ食事に変えていきましょう。ドリンク編をご紹介します。【監修】阿保義久(北青山Dクリニック院長)


高血圧予防にお勧め!塩分が気になるマヨラー必見「豆乳マヨネーズ」の作り方

高血圧予防にお勧め!塩分が気になるマヨラー必見「豆乳マヨネーズ」の作り方

何にでもマッチするマヨネーズは老若男女みんな大好き。しかし市販のマヨネーズはカロリーが高く添加物も気になるところ。そんな人には瓶の中に豆乳、オリーブ油、米酢、塩麹、砂糖を入れて振るだけでできる豆乳マヨネーズがお勧め!サラダ、揚げ物などにもマッチ!体にもいいので、ぜひお試しください。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理家)


【血管が若返る】塩分・カロリーカット!手作り調味料「豆乳マヨネーズ」のレシピ

【血管が若返る】塩分・カロリーカット!手作り調味料「豆乳マヨネーズ」のレシピ

実際に味わっていただければわかりますが、豆乳マヨネーズは、どんな食材とも相性のよい調味料です。料理のジャンルも、和洋中を問いません。家族やご自分の健康が気になるかたは、日々の食事に豆乳マヨネーズをご活用ください。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理家)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )