MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因!誤嚥防止に役立つストレッチのやり方

【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因!誤嚥防止に役立つストレッチのやり方

食べ物や飲み物をスムーズに飲み込めない、うまく飲み込めずにむせてしまうといった嚥下障害や誤嚥は、口やのどの機能の衰えからくる問題と捉えられがちです。しかし、むせる原因はさまざまです。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)

解説者のプロフィール

戸原玄
歯科、高齢者歯科、摂食機能障害、リハビリテーションが専門で、高齢者を中心とする摂食嚥下障害の治療・リハビリテーションに取り組み、往診による自宅診療や地域連携を積極的に行っている。インターネットや講演活動などを通して、摂食嚥下障害に関する情報発信も行う。

のどの状態が良好でも姿勢が悪ければむせる

食べ物や飲み物をスムーズに飲み込めない、うまく飲み込めずにむせてしまうといった嚥下障害や誤嚥は、口やのどの機能の衰えからくる問題と捉えられがちです。

しかし、むせる原因はさまざまです。
口やのどの状態はさほど悪くないのに、飲食するときの姿勢が悪いことが原因で、むせてしまう人もいます。

試しに、背中を丸めてあごを突き出した姿勢で、つばを飲み込んでみてください。
のどの筋肉が突っ張ってしまい、うまくつばを飲み込めないはずです。

私は、飲食時の姿勢に着目して、高齢者や介護を必要とする方々の摂食嚥下障害を改善するリハビリの研究に取り組んできました。

加齢や運動不足などの影響で硬く縮んでしまった体の筋肉を伸ばすストレッチ運動などを行うことにより、姿勢が改善し、嚥下しやすくなったり、誤嚥が減ったりした患者さんもたくさんいらっしゃいます。

そこで今回は、嚥下機能の向上や誤嚥の防止に役立つ姿勢改善ストレッチをご紹介します。

深い呼吸ができると飲み込みもよくなる

①胸を開くストレッチ
背中が丸まってあごが前方に突き出た姿勢は、高齢者に多く見られます。
こうした姿勢は、胸が狭くなるので呼吸が浅くなり、のどが狭まるので、飲み込みにくくなります。

飲み込みをよくするには、背すじをスッと伸ばし、胸を開き、あごを軽く引いた姿勢が理想的です。
「胸を開くストレッチ」は、肋骨の間にある肋間筋を伸ばして、胸郭を開き、深い呼吸ができるようにする効果があります。

呼吸と嚥下には関係があり、呼吸が深いほうが飲み込みもよくなるのです。
このストレッチを行うときは、組んだ両手を上に上げるときに鼻から息を吸い、腕を下げるときに口から息を吐きます。

②肩甲骨のストレッチ
背中が丸まっている人は、肩が前に出て内側に巻き込んだ、「巻き肩」の状態になっています。
巻き肩の人は、背中の肩甲骨が外に開いています。

「肩甲骨のストレッチ」は、外に開いた肩甲骨を内側に寄せる筋力を強化して、巻き肩を解消し、姿勢を整える効果があります。
胸を開くストレッチと肩甲骨のストレッチは、それぞれ5回を1セットとして、朝昼晩に1セットずつ、1日合計3セット行うとよいでしょう。

毎日続けるうちに筋肉が鍛えられ、自然と姿勢が改善されていきます。
食前に行うと、食事中の姿勢がよくなり、誤嚥の予防に役立ちます。

③太もも裏のストレッチ
姿勢が悪くて飲み込みがうまくできない高齢者の多くは、イスに深く腰かけることができず、骨盤が後ろに倒れて背中が丸まった姿勢になっています。
原因は、太ももの裏側にあるハムストリングスという筋肉が硬くなり、しっかり伸びない状態になっていることです。

ハムストリングスは、ひざの裏から骨盤にかけて走っている筋肉です。
この筋肉が硬いと、イスに座ったときに骨盤をまっすぐ立てることができず、骨盤が後方に倒れる形になり、背中が丸まってしまうのです。

太もも裏のストレッチは、ハムストリングスを伸ばして、深く腰かけられるようにする効果があります。
食事のとき、イスに座る前に行うとよいでしょう。
片足を座面の上にのせ、足首を直角に立てて、太ももの上に両手を置き、15~30秒ほど太ももの裏を伸ばします。

飲み込み力を高める姿勢改善ストレッチのやり方

1.胸を開くストレッチ

❶両腕を前方で組む。

❷息を吸いながら、組んだ腕を頭上に上げる。
両わき腹が伸びていることを感じる。

❸息を吐きながら、ゆっくり元の位置に戻す。

2.肩甲骨のストレッチ

その1
❶両手のひらをそれぞれの肩に置く。

❷手を肩につけたまま、ひじをできるだけ高く上げ、ゆっくり後ろに回す。
このとき、肩甲骨を寄せるイメージで行う。

❸元の位置に戻ったら、反対方向へも回す。

その2

❶両腕を軽く開く。

❷息を吐きながら、左右のひじを合わせる意識で、肩甲骨を寄せる。

3.太ももの裏のストレッチ

❶片足をイスの座面の上にのせ、足首は直角に立てる。
ふらつく場合は、何かにつかまって行う。

❷このままの姿勢で、15~30秒キープ。
太ももの裏側が伸びているのを感じる。
余裕があれば、両手を太ももの上にのせ、前かがみの姿勢を取る。
反対の足も同様に行う。

4.口を開ける筋トレ

❶思い切り口を開けて、10秒キープする。

※1と2のストレッチは、5回を1セットとして朝昼晩に各1セットずつ行う。
※3のストレッチは、朝昼晩の1日3回行う。
※4のストレッチは、5回を1セットとし、1日2セット行う。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
高齢者が肺炎で亡くなるというのは、皆さんにとっても、非常に身近で切実な出来事といえるでしょう。だからこそ、私たちは肺炎を防ぐ配慮を怠ってはならないのです。肺炎のうちで高齢者に多く見られるのが誤嚥性肺炎です。頻繁に誤嚥が起こっているのは、夜間の睡眠中です。【解説】奥田克爾(東京歯科大学名誉教授・千葉県立保健医療大学講師)
更新: 2018-10-01 23:47:04
COPDを予防したい人、または、すでに発症している人は、どうしたらいいでしょうか。まずは、なによりも禁煙することです。禁煙は何歳から始めても遅すぎることはありません。それでも、できれば、45歳までに禁煙することをお勧めします。【解説】奥中哲弥(山王病院副院長・呼吸器センター長)
更新: 2018-09-14 08:00:00
子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2018-08-22 10:31:30
食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-10 23:37:00
「音痴の人は誤嚥性肺炎になりやすい」まさかと思うかもしれませんが、本当の話です。音痴の人は、「恥ずかしい」と、歌うのを避けることが多いのではないでしょうか。これが大問題で、声帯は筋肉のため使わないとやせ細り、衰える一方です。【解説】高牧康(BCA教育研究所主宰ヴォイスティーチャー)
更新: 2018-09-09 00:47:36
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt