MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【舌打ちができない】舌の筋力低下の可能性!対策は「さきイカトレーニング」

【舌打ちができない】舌の筋力低下の可能性!対策は「さきイカトレーニング」

舌の筋力の強さと動きの滑らかさは、咀嚼と嚥下をスムーズに行うために不可欠な要素ですが、高齢になると、体の筋肉が衰えるのと同様、舌の力や動きも衰えていきます。【解説】菊谷武(日本歯科大学口腔リハビリテーション・多摩クリニック院長)

舌の筋力が衰えるとむせて誤嚥する

食べ物を嚙む「咀嚼」、そしてそれを飲み込むという「嚥下」の機能に欠かせないのが、舌の働きです。
多くの人は「歯があれば嚙むことができる」と思っていますが、そうではありません。

たとえ歯があっても、舌がなければ嚙むことはできないのです。
一度嚙むと、食べ物が歯の周りにはみ出します。

はみ出した食べ物に唾液を混ぜてひと塊にまとめて、歯の上に食べ物を再び載せるのが、舌の役目です。
舌が正常に動くおかげで、私たちは食べることができるのです。

嚙んだ食べ物を飲み込むときにも、舌が働いています。
外から見えている舌は全体の3分の2くらいで、舌のつけ根の部分は食道の上まで続いています。
食べ物を飲み込むときは、舌根(舌のつけ根の部分)で食べ物を押し込むようにして食道へ送り込みます。

このように、舌の筋力の強さと動きの滑らかさは、咀嚼と嚥下をスムーズに行うために不可欠な要素ですが、高齢になると、体の筋肉が衰えるのと同様、舌の力や動きも衰えていきます。
すると、咀嚼がうまくできないために食事時間がかかる、食べこぼしが増える、そして飲み込むための適切なサイズに食べ物を口腔内で整えられないため、食事中にむせたり誤嚥したりする恐れが出てきます。

舌を衰えたまま放置すると、咀嚼力がさらに衰え、硬い食べ物や普通食が食べられなくなったり、嚥下機能が低下したりして、誤嚥性肺炎を招くのです。
また、飲み込みが大変になると食事を楽しめず、負担に感じ、食欲が低下して十分な栄養をとれなくなります。
すると衰えや、健康の悪化につながります。

そんな最悪なスパイラルを抜け出すためには、衰えた舌の力を鍛えることが大切で、私が患者さんたちに勧めている方法が、「さきイカトレーニング」です。
これは、さきイカを1本、口にくわえて、舌でそれを左右に移動させながら嚙むという訓練方法です。

右の奥歯でさきイカを1回嚙んだら、舌を使って左の奥歯の上にさきイカを移動させ、左の奥歯で1回嚙む、という具合にくり返します。
咀嚼は、歯や舌だけでなく、くちびる、頬、あごの筋肉なども一緒に働く複雑な動きです。

なぜトレーニングに「さきイカ」を使うのか

さきイカトレーニングは、これらの舌、頬、くちびるを巧みに、さらに連動的に動かすことができるように、トレーニングするものです。
さきイカ以外の食べ物でこの訓練を行うと、食べ物がのどに落ち込み、のどを詰まらせたり、誤嚥したりする恐れがあります。

ですから、訓練は食事とは別に行う必要があります。
さきイカトレーニングを指導した患者さんの中には、食事中にむせることが減った人や、咀嚼力が回復して、刻み食やソフト食などの介護食から普通食に戻ることができた人もいます。

さきいかトレーニングのやり方

舌打ちができない人は衰えている可能性大

舌の筋肉も骨格筋(体を動かすための筋肉)の一部ですから、年齢とともに衰えるのは、ある程度はしかたがないことです。
しかし、骨格筋は運動などで鍛えて強化できる筋肉であり、舌も例外ではありません。

日常生活における会話や食事、そしてトレーニングを通じて舌をしっかり鍛えれば、衰えた舌の力や動きを回復させることができるのです。
加齢とともに筋肉量が減少し、全身の筋力や身体機能が低下することをサルコペニア(加齢性筋肉減弱症)といいます。

高齢者を対象にした大規模な疫学調査の結果、サルコペニアの人は舌の筋力も弱いことがわかりました。
舌の力は全身の筋力と深く関係します。

舌の力が弱くなると食べ物を嚙み砕く咀嚼力も落ちるので、肉など嚙みごたえのある食品を食べられなくなります。
その結果、たんぱく質が不足して筋肉の衰えが進み、要介護状態や寝たきりへとつながります。
舌の力を維持することは、介護予防の意味でも重要なのです。

舌の力を自分で調べるには、舌打ちをしましょう。
これがうまくできなかったり、小さな音しか出ない人は、舌の力が衰えている可能性があります。

また、以前に比べて食事中にむせたり食べこぼしたりすることが増えた人は、舌の動きや咀嚼力が低下していると考えられます。
さきイカトレーニングで舌の力と咀嚼力を鍛え、何歳になっても自分の口でおいしく食事ができるようにしましょう。

解説者のプロフィール

菊谷武
1988年日本歯科大学卒業。歯学博士。日本歯科大学教授、日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック院長。「食べること」「しゃべること」などの口のリハビリテーションを目的とした同クリニックで、外来診療や訪問診療を行う。

●日本歯科大学口腔リハビリテーション・多摩クリニック
http://dent-hosp.ndu.ac.jp/nduhosp/tama-clinic/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-24 10:39:26
高齢者が肺炎で亡くなるというのは、皆さんにとっても、非常に身近で切実な出来事といえるでしょう。だからこそ、私たちは肺炎を防ぐ配慮を怠ってはならないのです。肺炎のうちで高齢者に多く見られるのが誤嚥性肺炎です。頻繁に誤嚥が起こっているのは、夜間の睡眠中です。【解説】奥田克爾(東京歯科大学名誉教授・千葉県立保健医療大学講師)
更新: 2018-10-01 23:47:04
COPDを予防したい人、または、すでに発症している人は、どうしたらいいでしょうか。まずは、なによりも禁煙することです。禁煙は何歳から始めても遅すぎることはありません。それでも、できれば、45歳までに禁煙することをお勧めします。【解説】奥中哲弥(山王病院副院長・呼吸器センター長)
更新: 2018-09-14 08:00:00
子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2018-08-22 10:31:30
食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-10 23:37:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt