医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


右ひざを立てると飲みこみやすい?

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。
そんな思い出はありませんか。

「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。
しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。

これは試せばすぐわかります。
次の手順で体感してみるといいでしょう。

①つば、もしくは少量の水を飲む
②右ひざを立て、同じようにつばか少量の水を飲むいかがでしょうか。

右ひざを立てたときのほうが、だんぜん飲み込みやすいと感じませんでしたか。

反対に左ひざを立てると、今度は飲み込みづらくなります。
要は右ひざを立てると、ものが飲み込みやすくなるのです。

なぜそうなるかというと、右ひざを立てると胃の位置が上がるからです。

老化で内臓は下垂する

すべての臓器にいえることですが、
胃袋も加齢とともに下垂します。

ところが、下垂した胃袋の位置を上げると、
機能が高まるのです。

逆に、左ひざを立てると胃の位置は下がります。
その結果、胃の働きが悪くなり、
飲み込みづらくなるわけです。

余談ですが、片ひざを立て座る姿勢が、
韓国では正座とされていて、正式な場でもその姿勢で食事をとるそうです。

テレビなどで韓国人が食事をする風景を見ると、
ほとんどの場合、立てているのは右ひざでした。

立てひざの代わりに右足首を回せばよい

そうはいっても、右ひざを立てて食事をするのは、
日本ではマナー違反です。

そこでお勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。

それを簡単に行える体操が、今回ご紹介する「右足首の内回し」です。

右足首の内回しは、その名のとおり、
右足の足首を内側にグルグルと回す体操です。

行った直後から胃の位置が上がるので、
飲み込みにくさを訴える患者さんには、施術でも使っています。

胃の位置が上がると食欲もわいてくる

施術の前後には水を飲んで変化を確認してもらいますが、
「飲み込みやすくなった」と、誰もが驚きます。

また、胃の位置が上がると、おなかのふくらみの位置も上がり、
肋骨のいちばん下の骨はゆるやかに広がります。

これは寝た状態で確かめるとよくわかります。

胃が下がっている人ほど変化は大きいので、
体操の前後で、みずおちの辺りを触ってみるといいでしょう。

胃の位置が上がると、食欲もわいてきます。

食欲不振を訴える患者さんからは
「食べられるようになった」という報告もたくさんいただいています。

なぜ右足首を内側に回すと胃にいいのか

では、なぜ右足首を内側に回すと胃にいいのでしょうか。

この体操では、足首を回すことで、
胃経という経絡(東洋医学でいう生命エネルギーである気の通り道)を刺激しています。

その結果、胃の働きがよくなるのです。

また、私が施術に用いている
野口整体の一派(整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論)では、
体の右側を刺激すると、内臓の働きがよくなると考えられています。

特に右足は、施術でよく使う部位です。

ちなみに、外側に回した場合も効かないわけではありません。
ただ右足首は、もともと内側に傾きやすい構造で、
内方向に回したほうがよく効くのです。

右足首回しのコツ

このように効果が高い右足首の内回しですが、
いくつかコツがあります。

まず、寝た状態で行うときの足の角度ですが、
胃から右足までが一直線になるイメージで足を開きます。

これで刺激がダイレクトに胃に伝わります。

次に、足の裏側が伸びた状態で足首を回すことです。

手を使う場合は、かかとをしっかり支え、
アキレス腱が伸びた状態を維持しましょう。

最後に、大きな円を描くようにつま先を回すことです

回すうちに、円が小さくなりがちなので気をつけてください。

高齢者の場合、足首が硬いことが多いので、
そのこわばりをほぐすつもりで行うとよいでしょう。
足首を軟らかくすることは転倒予防にもつながるでしょう。

体力がつき、免疫もアップする

一般的に、誤嚥しがちな人は
食欲、体力とも落ちていることがほとんどです。

そんな人も、食事の20分前に右足首の内回しを行っておけば、
食欲が増します。

すると、食事量が増え、
体力がつき、免疫力(病気に抵抗する力)も上がります。

誤嚥しても肺炎になりにくい体づくりのために、ぜひ役立てください。

飲みこみをよくする「右足首回し」のやり方

解説者のプロフィール

浜田貫太郎(はまだ・かんたろう)
●浜田整体
東京都目黒区緑ヶ丘2-17-24バンヴェール栗山201号
TEL 03-5729-1373
http://seitai.iiyudana.net

浜田整体院長。
石川県生まれ。
整体の創始者・野口晴哉氏が唱えた独自の方法論「整体操法」を伝える整体協会(社)へ入門。
同協会に8年在籍後、独立。
施術のほか講座を開催して整体の普及に努める。著書に『整体操法入門』(たにぐち書店)。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


食後に痰がでる【嚥下障害】の原因と対策 進行した場合の治療法

食後に痰がでる【嚥下障害】の原因と対策 進行した場合の治療法

食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)


【誤嚥性肺炎】音痴はなりやすい!1日5分で声帯を鍛える方法

【誤嚥性肺炎】音痴はなりやすい!1日5分で声帯を鍛える方法

「音痴の人は誤嚥性肺炎になりやすい」まさかと思うかもしれませんが、本当の話です。音痴の人は、「恥ずかしい」と、歌うのを避けることが多いのではないでしょうか。これが大問題で、声帯は筋肉のため使わないとやせ細り、衰える一方です。【解説】高牧康(BCA教育研究所主宰ヴォイスティーチャー)


寝ている間の汚れた唾液に注意!誤嚥性肺炎を予防する「口腔ケア」

寝ている間の汚れた唾液に注意!誤嚥性肺炎を予防する「口腔ケア」

肺炎は「老人の友」と言われるくらい、老人に多い病気です。70代以降は、特に誤嚥性肺炎が増えます。誤嚥性肺炎は、予防が大事ですが、そのカギを握るのが口です。まず、毎日の歯磨きをしっかりしてください。歯磨き後は、ブクブクうがいやガラガラうがいをしてください。【解説】米山武義(米山歯科クリニック院長)


【舌打ちができない】舌の筋力低下の可能性!対策は「さきイカトレーニング」

【舌打ちができない】舌の筋力低下の可能性!対策は「さきイカトレーニング」

舌の筋力の強さと動きの滑らかさは、咀嚼と嚥下をスムーズに行うために不可欠な要素ですが、高齢になると、体の筋肉が衰えるのと同様、舌の力や動きも衰えていきます。【解説】菊谷武(日本歯科大学口腔リハビリテーション・多摩クリニック院長)


最新の投稿


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

梅干しを家庭で漬けなくなった大きな理由は、なにより手間暇がかかること、そして減塩志向の高まりによるものと思われます。そこで紹介したいのが私の考案した「無塩梅干し」です。塩に漬ける工程がないので塩分量はゼロ。しかもたった1日で作れる、魔法のような梅干しなのです。【解説】小島みち子(料理研究家)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)