MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【顔ヨガの効果】マキノ出版社員がやってみた!男だらけの講習会ルポ

【顔ヨガの効果】マキノ出版社員がやってみた!男だらけの講習会ルポ

多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)

目に力、キリッとした口元でデキる男に

多くの男性は、自分の顔に無頓着です。
50代にもなると、自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。

ところが、昨今では、男性も、顔の重要性が注目されているのです。

「企業の研修などでは、男性を対象に顔ヨガの講習会を行うことも多いですよ。目力がつくうえに、口元もキリッと引き締まるので、『デキる男』の表情になって、営業成績も上がると評判です」とは、顔ヨガ講師の間々田佳子先生。

そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員を対象に、顔ヨガの講習会を開催しました。
顔ヨガは、初めて実践する前に、まず、顔写真を撮るとよいそうです。

というわけで、まずは写真を撮影。
その後、いよいよ講習会の始まりです。

「顔の表情をつくっているのは、表情筋という筋肉です。この筋肉は、骨の上に乗っているだけの『皮筋』のため、使わないと、垂れたりシワになったりしやすいのです。特に日本人は、普段、表情筋の20%しか使っていません。しかし、筋肉ですから、何歳になっても鍛えることができます」
間々田先生の説明に聞き入る参加者たち。

続いて、「では、顔の筋肉を使わないでいるとどうなるか」を知るため、鏡を使って、5年後の自分とご対面。
やり方は、鏡を床と水平にして、上からのぞき込むだけ。

その瞬間、「うわ!」「こわっ」とあちこちから声が……。
次は、鏡を頭上で水平にし、見上げます。
すると、シワが消えてつるんとした顔面に。

「これが、だいたい10年前の顔です。顔ヨガでは、この顔に戻すことを目指します。そのために必要なのは、1回10〜20秒の顔ヨガを1日数回行うことです」(間々田先生)

お金もかけず、短時間やるだけで、顔が10歳も若返るとは驚きです。
参加者のやる気が高まったのが感じられました。

「笑顔がステキ」と言われた!

講習会では、誌面でも紹介した6つのポーズをレッスン。
途中、「顔がポカポカしてきた」という声が聞かれたり、「顔が動かないっ!」という声で爆笑が起きたり……。

緊張もほぐれて楽しい雰囲気のなか、顔ヨガを楽しみ、最後は「顔が疲れた〜」という声もしきり。
いかに顔の筋肉を使っていないかが、よくわかったようです。

さて、6人の参加者には、以後2週間、顔ヨガを実践してもらいました。
すると全員、顔が引き締まって小さくなり、以前はぼやけていた輪郭がシャープになったのです。

顔色も、見違えるほど明るく、健康的になりました。

感想を聞いてみたところ、「顔のむくみが取れて、スッキリしました。実は、滑舌が悪くて、電話が苦手だったのですが、舌もスムーズに回るようになりました。驚いたのは、初めて入ったカフェの店員から『笑顔がステキですね』と言われたこと。容姿に自信がなかったので、顔ヨガさまさまです!」(Kさん・39歳)

「おでこの力で目を開けていたことに、初めて気付きました。おでこのシワやほうれい線が薄くなりました」(Iさん・55歳)

「目の下のたるみが気になっていたのですが、少しハリが出てきたようです。本当に、顔の筋トレですね」(Hさん・59歳)などなど、喜びの声がたくさん寄せられました。

「日本の男性は、自分が思っている以上に無表情です。『ありがとう』と言うとき、口角の上がった笑顔を向けるだけで、感謝の気持ちが視覚からも相手に伝わるため、印象がガラリと変わります」と間々田先生。

また、特に楽しいことがなくても、顔ヨガで笑顔をつくることで、気持ちが上向きになるという効果も得られます。

「顔ヨガは、頭の血流までよくなります。すると、顔も頭もよくなるので、人生がいっそう楽しくなります。奥さまとの会話も弾み、夫婦仲も改善しますよ。ぜひ続けてください!」と、間々田先生は最後まで熱く語ってくれました。

男性社員が実践!たった2週間でこんなに顔が変わった!

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)
更新: 2018-11-30 07:00:00
正座あおむけやその他のポーズを毎日行うと、肋骨の位置が上がり、それに伴って内臓も元の位置へ戻りやすくなります。すると、ポッコリ下腹やわき腹の肉のだぶつきが解消し、胃腸の調子も整い、肩や首のこりが解消します。【解説】チンパン(ブリージングストレッチ指導講師・ブリージング整体師)
更新: 2018-11-16 11:47:47
下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)
更新: 2018-11-13 18:00:00
骨盤のゆがみを最も簡単に解消できるのが「下腹ぺたんこポーズ」です。骨盤と肩甲骨を締めた姿勢で腹式呼吸をしながら圧をかけることで、たった1ポーズで、骨盤と肩甲骨のゆがみと開きを改善する「姿勢矯正」、インナーマッスルを鍛えて体の軸を取る「体幹トレーニング」ができます。【解説】波多野賢也(美容整体サロン・アクアヴェーラ代表)
更新: 2018-11-05 18:00:00
バストが全体的に垂れ下がってしまったり、デコルテあたりからそげて骨が浮き出てしまったり、バストトップが外を向いて離れてしまったりといった悩みをよく聞きます。体形やバストが崩れる最たる原因は「筋肉のこり」を放置しているからです。【解説】朝井麗華(株式会社キレイカンパニー代表・経絡整体師)
更新: 2018-09-15 20:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt