MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
飲む点滴「甘酒」の栄養・効能そのまま!ひんやり甘い「甘酒氷」とは

飲む点滴「甘酒」の栄養・効能そのまま!ひんやり甘い「甘酒氷」とは

日本で古くから飲まれてきた甘酒が、現在、健康に役立つ食品として脚光を浴びています。便秘の改善や疲労回復、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきたのです。甘酒は甘味を楽しみながらおいしく栄養補給して体力向上・健康維持に役立つ優れた食品なのです。【解説】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)

さまざまな生活習慣病の予防・改善に役立つ

日本で古くから飲まれてきた甘酒が、現在、健康に役立つ食品として脚光を浴びています。
便秘の改善や疲労回復、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきたのです。

ヨーグルトや納豆といった発酵食品が体によいのは知られていることですが、甘酒も米麹を用いた発酵食品の一つです。
麹とは、「コウジカビ」を穀物に植え付けて繁殖させたものの総称です。

このコウジカビを米に生やしたものが米麹で、日本酒や甘酒、本みりん、純米酢、麹みそなどの製造に使われます。
ちなみに、豆にコウジカビを生やしたものは豆麹、麦に生やしたものは麦麹となり、それぞれ豆みそ、麦みそ作りなどに使われます。

甘酒には、二種類あります。
酒かす甘酒と、麹甘酒です。

酒かす甘酒は、酒かすを水で溶いて、砂糖などの甘味料を加えて作ります。
酒かす甘酒にはアルコールが若干含まれますから、子どもやお酒に弱いかたの飲用には注意が必要です。

一方、麹甘酒は米麹を発酵させて作ります。
麹甘酒の甘味は、麹菌の酵素が米のでんぷんをブドウ糖やオリゴ糖に分解してできた、自然で穏やかなものです。

また、アルコール分は含まれません。
麹甘酒の甘味は砂糖代わりになるほど濃厚ですが、同じ重量で見ると、糖質とカロリーが砂糖に比べて格段に低いのも特徴です。

麹甘酒に含まれるオリゴ糖は、腸での吸収が穏やかという特徴があります。
また、血圧の上昇を抑えるペプチドという成分が含まれており、急激な血糖値の上昇を抑え、高血圧の予防・改善に役立つといわれています。

甘酒(麹甘酒のこと。本特集ではこれ以降「甘酒」と略)は甘味を楽しみながらおいしく栄養補給して体力向上・健康維持に役立つ優れた食品なのです。

ガンの進行が抑えられている人もいる!

また、甘酒には、次のような健康維持に欠かせない栄養素や効果があります。

●ビタミンB群
ビタミンB群は代謝(体内での化学変化)や消化に必要で、不足すると肥満や免疫力低下などを招きます。
美肌づくりにも欠かせない栄養素です。

●アミノ酸
筋肉や細胞の材料となり、新陳代謝(体内での新旧の入れ替わり)を活発にします。
保湿作用もあるので、肌ツヤがよくなり、弾力のある美肌をつくってくれます。

甘酒はこれらのビタミンB群やアミノ酸が豊富で、とても消化吸収がよいので、体に負担をかけずにすばやく栄養補給ができます。
また、オリゴ糖が含まれている甘酒は、腸内細菌のエサとなり、腸内環境を善玉菌優位にします。

その結果、消化吸収・排せつ力が高まり、便秘も解消してきます。
病気や病原菌に対抗する体の働きである免疫は、腸にその半分以上が集中しています(腸管免疫系)。

腸内環境がよくなることで、腸管免疫系も活性化します。
そのためでしょうか、私の麹教室の生徒さんたちからは、甘酒をはじめとした発酵食品を取っていたら、アトピーやぜんそく、花粉症などのアレルギー症状が緩和されたという人の話をよく耳にします。

なかには、ガンの進行が抑えられているという人もいるのです。

凍らせることで保存性が高まる

甘酒は発酵食品なだけに、冷蔵庫の中でも発酵が進んで味が変化し、長く保存ができません。
そこで私がお勧めしているのが、甘酒を凍らせた「甘酒氷」です。

凍らせることで保存性を高め、いつでも甘酒を手軽に取ることができます。
もちろん、栄養成分も変わりません。

凍らせることによってシャーベットのような食感となり、おいしさが倍増します。
私はプラスチックの保存ケースに入れて凍らせておき、スプーンですくって食べたり、料理に使ったりします。

また、製氷皿でキューブ状の甘酒氷をたくさん作って、ジッパー付きの袋で保存しておくと、より手軽に利用できるでしょう。

甘酒氷を、角砂糖感覚で煮物を作るときに入れるのもいいですし、野菜や果物と一緒にミキサーにかければ簡単にスムージーができます。

離乳食が食べられる年齢でしたら乳幼児でも食べられますが、キューブタイプはのどに詰まらせる心配もあります。
あまり冷たいのもよくないので、溶かしてから食べさせましょう。

おいしいからといってたくさん食べてしまう人もいるようですが、糖質を含むだけに、食べ過ぎると太ります。

甘酒氷の目安の摂取量は1日2〜3個。
それ以上食べたいときは、ケーキやごはん、砂糖と置き換えるのが効果的です。

解説者のプロフィール

小紺有花(ここん・ゆか)
発酵食大学教授。
麹料理研究家。麹のおいしさや麹文化の素晴らしさを伝えるため、金沢を拠点に、麹料理の教室やワークショップなどを多数開催。近著に『しょうゆ麹&甘酒も。簡単で本当においしいレシピ93 塩麹のおつまみとおかず』(河出書房新社)。

●発酵食大学
https://hakkoushoku.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt