MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)

解説者のプロフィール

斎藤究
さいとう整形外科リウマチ科理事長。
内科・救急・整形外科研修後、名古屋医療センターにてリウマチ診療に従事。2011年名古屋市名東区に「さいとう整形外科リウマチ科」を開院し、リウマチ・骨粗鬆症の最新治療に加え、筋膜性疼痛に対するトリガーポイント・筋膜リリースも行っている。

●さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
TEL 052-776-3110
https://saito-seikei.jp/

血糖値が高いと骨がもろくなる

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、そして喫煙。
これらが動脈硬化(※動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりして働きが悪くなること)をはじめ、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の引き金になることは、皆さんもご存じでしょう。

しかし、骨にも悪影響があることはあまり知られていません。
こうした生活習慣を続けていると骨がもろくなり、骨折リスクも高まります。

骨の強さは、約70%が「骨密度」、残りの30%が「骨質」で決まります。
骨粗しょう症(※骨密度が減少したり、骨質が劣化したりして、骨折しやすくなる疾患)で話題になることが多い骨密度は、皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、骨質については初耳のかたも多いのではないでしょうか。

骨は、骨細胞と骨細胞が、網の目状につながり合ってできています(架橋構造)。
骨質が悪いとは、架橋構造がもろく壊れやすくなった状態です。

では、何が骨質を悪くするのでしょうか。
その一因として言われているのが、血液中の糖分です。

ある実験で、骨から取り出した組織を砂糖水に漬けたところ、時間ともに、骨の組織がもろくなりました。
「糖化」と呼ばれる現象です。

骨には骨髄を通じて、たくさんの血液が流れています。
血糖値が高いかたは、常に骨が糖にさらされているわけです。

その状態が続けば、骨が糖化し、折れやすくなるのです。
高血糖のほかに、もちろん運動不足も骨を弱くします。

肌と同じく骨も新陳代謝を繰り返し、古い骨と新しい骨が常に入れ替わっています。
新しい骨を作る働きをしているのが「骨芽細胞」と呼ばれる細胞です。

運動などで骨を刺激すると、骨芽細胞が活性化して、新しい骨が生まれるサイクルが速まります。
しかし運動不足では骨の新陳代謝が活発にならず、弱った骨もそのまま、ということになります。

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。
当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。

筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。
そうなれば全身の代謝が悪くなり……。

悪い生活習慣や運動不足が、「負のスパイラル」を招くわけです。

「かかと落とし」は血糖値を下げる効果がある

悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」(かかと落としのやり方はこちらの記事を参照)です。
NHKのテレビ番組『ガッテン!』で紹介されたのを、ご覧になったかたも多いでしょう。

かかと落としで骨に刺激を与えると、骨芽細胞から骨ホルモン(オステオカルシン)が分泌されます。
この骨ホルモンには、すい臓に働きかけてインスリンというホルモンの分泌を促し、血糖値を下げる働きがあるのです。

ですから、高血糖のかたには、すぐにでも試していただきたい運動です。
血糖値が下がり、骨の状態もよくなるという、好循環を作るきっかけになります。

当院でも、患者さんにかかと落としを勧めています。
骨を刺激するには階段昇降もいいですが、かかと落としは負担がほぼなく、いつでもどこでもできる点が優れています。

かかと落としは骨粗鬆症予防にも効果あり

かかと落としの利点は、血糖値の降下作用だけではありません。
やってみるとわかるように、足からの振動は頭にまで伝わります。

つまり全身の骨を刺激し、強化できるのです。
なかでも優れているのが、太ももの大腿骨と脊椎(背骨)を刺激できる点。

大腿骨と脊椎は、骨密度を測るとき特に重視する部分です。
かかと落としは、両方を刺激できます。

最も重要な骨を的確に強化できますから、骨粗しょう症の予防改善や骨折リスクの低下に、大いに役立つでしょう。

ふくらはぎを刺激し全身の血流も促進!

さらに、ふくらはぎを刺激する働きも見逃せません。
ふくらはぎには血液を押し出すポンプ機能があり、ふくらはぎが硬くなれば全身の血流も悪くなります。

その点、かかと落としはふくらはぎを収縮させますから、全身の血流促進につながります。
血流がよくなれば、体中にくまなく栄養と酸素が届くようになります。

そうなれば、筋肉は柔らかさを取り戻し、疲れにくい体に変わっていくでしょう。
ふくらはぎの硬さが原因で起きる、腰痛やひざ痛の緩和も期待できます。

このようにかかと落としは、血糖値の降下や骨の代謝アップ、血流改善に効果があります。
悪循環から抜け出し、若々しい体になるための第一歩として、ぜひ試してください。

最後に、かかと落としを行った後は、ふくらはぎを揉むとより効果的。
筋肉の硬化を防ぎ、血流改善にもつながります。

入浴中ならもみやすく、血流もよくなりお勧めです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:11:34
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-27 19:16:22
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2018-11-27 12:00:00
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
更新: 2018-11-11 12:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt