医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


解説者のプロフィール

斎藤究
さいとう整形外科リウマチ科理事長。
内科・救急・整形外科研修後、名古屋医療センターにてリウマチ診療に従事。2011年名古屋市名東区に「さいとう整形外科リウマチ科」を開院し、リウマチ・骨粗鬆症の最新治療に加え、筋膜性疼痛に対するトリガーポイント・筋膜リリースも行っている。

●さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
TEL 052-776-3110
https://saito-seikei.jp/

血糖値が高いと骨がもろくなる

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、そして喫煙。
これらが動脈硬化(※動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりして働きが悪くなること)をはじめ、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の引き金になることは、皆さんもご存じでしょう。

しかし、骨にも悪影響があることはあまり知られていません。
こうした生活習慣を続けていると骨がもろくなり、骨折リスクも高まります。

骨の強さは、約70%が「骨密度」、残りの30%が「骨質」で決まります。
骨粗しょう症(※骨密度が減少したり、骨質が劣化したりして、骨折しやすくなる疾患)で話題になることが多い骨密度は、皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、骨質については初耳のかたも多いのではないでしょうか。

骨は、骨細胞と骨細胞が、網の目状につながり合ってできています(架橋構造)。
骨質が悪いとは、架橋構造がもろく壊れやすくなった状態です。

では、何が骨質を悪くするのでしょうか。
その一因として言われているのが、血液中の糖分です。

ある実験で、骨から取り出した組織を砂糖水に漬けたところ、時間ともに、骨の組織がもろくなりました。
「糖化」と呼ばれる現象です。

骨には骨髄を通じて、たくさんの血液が流れています。
血糖値が高いかたは、常に骨が糖にさらされているわけです。

その状態が続けば、骨が糖化し、折れやすくなるのです。
高血糖のほかに、もちろん運動不足も骨を弱くします。

肌と同じく骨も新陳代謝を繰り返し、古い骨と新しい骨が常に入れ替わっています。
新しい骨を作る働きをしているのが「骨芽細胞」と呼ばれる細胞です。

運動などで骨を刺激すると、骨芽細胞が活性化して、新しい骨が生まれるサイクルが速まります。
しかし運動不足では骨の新陳代謝が活発にならず、弱った骨もそのまま、ということになります。

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。
当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。

筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。
そうなれば全身の代謝が悪くなり……。

悪い生活習慣や運動不足が、「負のスパイラル」を招くわけです。

「かかと落とし」は血糖値を下げる効果がある

悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」(かかと落としのやり方はこちらの記事を参照)です。
NHKのテレビ番組『ガッテン!』で紹介されたのを、ご覧になったかたも多いでしょう。

かかと落としで骨に刺激を与えると、骨芽細胞から骨ホルモン(オステオカルシン)が分泌されます。
この骨ホルモンには、すい臓に働きかけてインスリンというホルモンの分泌を促し、血糖値を下げる働きがあるのです。

ですから、高血糖のかたには、すぐにでも試していただきたい運動です。
血糖値が下がり、骨の状態もよくなるという、好循環を作るきっかけになります。

当院でも、患者さんにかかと落としを勧めています。
骨を刺激するには階段昇降もいいですが、かかと落としは負担がほぼなく、いつでもどこでもできる点が優れています。

かかと落としは骨粗鬆症予防にも効果あり

かかと落としの利点は、血糖値の降下作用だけではありません。
やってみるとわかるように、足からの振動は頭にまで伝わります。

つまり全身の骨を刺激し、強化できるのです。
なかでも優れているのが、太ももの大腿骨と脊椎(背骨)を刺激できる点。

大腿骨と脊椎は、骨密度を測るとき特に重視する部分です。
かかと落としは、両方を刺激できます。

最も重要な骨を的確に強化できますから、骨粗しょう症の予防改善や骨折リスクの低下に、大いに役立つでしょう。

かかと落としのやり方

ふくらはぎを刺激し全身の血流も促進!

さらに、ふくらはぎを刺激する働きも見逃せません。
ふくらはぎには血液を押し出すポンプ機能があり、ふくらはぎが硬くなれば全身の血流も悪くなります。

その点、かかと落としはふくらはぎを収縮させますから、全身の血流促進につながります。
血流がよくなれば、体中にくまなく栄養と酸素が届くようになります。

そうなれば、筋肉は柔らかさを取り戻し、疲れにくい体に変わっていくでしょう。
ふくらはぎの硬さが原因で起きる、腰痛やひざ痛の緩和も期待できます。

このようにかかと落としは、血糖値の降下や骨の代謝アップ、血流改善に効果があります。
悪循環から抜け出し、若々しい体になるための第一歩として、ぜひ試してください。

最後に、かかと落としを行った後は、ふくらはぎを揉むとより効果的。
筋肉の硬化を防ぎ、血流改善にもつながります。

入浴中ならもみやすく、血流もよくなりお勧めです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

糖尿病治療には食事療法と運動療法が有効であることは、いうまでもありません。食事療法に加えて、適した運動を行えば、薬よりもはるかに効果が高いことは実証されています。しかし運動療法を指導している医師は、ごくわずか。私が、糖尿病の患者さんに指導しているのが、「週3筋トレ」です。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

酸化・糖化による老化や心血管系の病気を防ぐために、糖尿病の患者さんが、適度な糖質制限を行うことは悪くないと思います。しかし、過剰な糖質制限を長く続けることは、全身や脳の老化を招く恐れがあります。【解説】都築毅(東北大学大学院農学研究科准教授)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)