【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


斎藤究
内科・救急・整形外科研修後、名古屋医療センターにてリウマチ診療に従事。2011年名古屋市名東区に「さいとう整形外科リウマチ科」を開院し、リウマチ・骨粗鬆症の最新治療に加え、筋膜性疼痛に対するトリガーポイント・筋膜リリースも行っている。

血糖値が高いと骨がもろくなる

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、そして喫煙。
これらが動脈硬化(※動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりして働きが悪くなること)をはじめ、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の引き金になることは、皆さんもご存じでしょう。

しかし、骨にも悪影響があることはあまり知られていません。
こうした生活習慣を続けていると骨がもろくなり、骨折リスクも高まります。

骨の強さは、約70%が「骨密度」、残りの30%が「骨質」で決まります。
骨粗しょう症(※骨密度が減少したり、骨質が劣化したりして、骨折しやすくなる疾患)で話題になることが多い骨密度は、皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、骨質については初耳のかたも多いのではないでしょうか。

骨は、骨細胞と骨細胞が、網の目状につながり合ってできています(架橋構造)。
骨質が悪いとは、架橋構造がもろく壊れやすくなった状態です。

では、何が骨質を悪くするのでしょうか。
その一因として言われているのが、血液中の糖分です。

ある実験で、骨から取り出した組織を砂糖水に漬けたところ、時間ともに、骨の組織がもろくなりました。
「糖化」と呼ばれる現象です。

骨には骨髄を通じて、たくさんの血液が流れています。
血糖値が高いかたは、常に骨が糖にさらされているわけです。

その状態が続けば、骨が糖化し、折れやすくなるのです。
高血糖のほかに、もちろん運動不足も骨を弱くします。

肌と同じく骨も新陳代謝を繰り返し、古い骨と新しい骨が常に入れ替わっています。
新しい骨を作る働きをしているのが「骨芽細胞」と呼ばれる細胞です。

運動などで骨を刺激すると、骨芽細胞が活性化して、新しい骨が生まれるサイクルが速まります。
しかし運動不足では骨の新陳代謝が活発にならず、弱った骨もそのまま、ということになります。

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。
当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。

筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。
そうなれば全身の代謝が悪くなり……。

悪い生活習慣や運動不足が、「負のスパイラル」を招くわけです。

骨が生まれ変わるかかと落とし!

悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」(やり方は別記事)です。
NHKのテレビ番組『ガッテン!』で紹介されたのを、ご覧になったかたも多いでしょう。

かかと落としで骨に刺激を与えると、骨芽細胞から骨ホルモン(オステオカルシン)が分泌されます。
この骨ホルモンには、すい臓に働きかけてインスリンというホルモンの分泌を促し、血糖値を下げる働きがあるのです。

ですから、高血糖のかたには、すぐにでも試していただきたい運動です。
血糖値が下がり、骨の状態もよくなるという、好循環を作るきっかけになります。

当院でも、患者さんにかかと落としを勧めています。
骨を刺激するには階段昇降もいいですが、かかと落としは負担がほぼなく、いつでもどこでもできる点が優れています。

かかと落としの利点は、血糖値の降下作用だけではありません。
やってみるとわかるように、足からの振動は頭にまで伝わります。

つまり全身の骨を刺激し、強化できるのです。
なかでも優れているのが、太ももの大腿骨と脊椎(背骨)を刺激できる点。

大腿骨と脊椎は、骨密度を測るとき特に重視する部分です。
かかと落としは、両方を刺激できます。

最も重要な骨を的確に強化できますから、骨粗しょう症の予防改善や骨折リスクの低下に、大いに役立つでしょう。

ふくらはぎを刺激し全身の血流も促進!

さらに、ふくらはぎを刺激する働きも見逃せません。
ふくらはぎには血液を押し出すポンプ機能があり、ふくらはぎが硬くなれば全身の血流も悪くなります。

その点、かかと落としはふくらはぎを収縮させますから、全身の血流促進につながります。
血流がよくなれば、体中にくまなく栄養と酸素が届くようになります。

そうなれば、筋肉は柔らかさを取り戻し、疲れにくい体に変わっていくでしょう。
ふくらはぎの硬さが原因で起きる、腰痛やひざ痛の緩和も期待できます。

このようにかかと落としは、血糖値の降下や骨の代謝アップ、血流改善に効果があります。
悪循環から抜け出し、若々しい体になるための第一歩として、ぜひ試してください。

最後に、かかと落としを行った後は、ふくらはぎを揉むとより効果的。
筋肉の硬化を防ぎ、血流改善にもつながります。

入浴中ならもみやすく、血流もよくなりお勧めです。

→かかと落としのやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)