【名医の明快解説】男性と女性「頻尿・尿漏れの悩み」No.1は夜間頻尿

【名医の明快解説】男性と女性「頻尿・尿漏れの悩み」No.1は夜間頻尿

実は、あらゆる排尿障害の中で、最も悩んでいる人の数が多いのがこの夜間頻尿なのです。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長・LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長)


「尿量」増加と「容量」低下

 もしあなたが、おしっこがしたくて、夜に何度も起きてしまい、そのことに困っているのなら、「夜間頻尿」という排尿障害の一つだといえます。

 この「困っている」「悩んでいる」というところがポイントで、一度起きるとなかなか寝付けなかったり、睡眠不足で翌日の生活に差し支えたりする場合を指します。

 実は、あらゆる排尿障害の中で、最も悩んでいる人の数が多いのがこの夜間頻尿なのです。
 そもそも頻尿とは、「尿が近い、尿の回数が多い」症状のことです。頻尿は加齢とともに増加しますが、夜間頻尿も40代では約4割、70代になると約8割の人に症状が見られるというデータが出ているのです。

 夜間頻尿と聞くと、前立腺肥大症(膀胱下にあるクルミ大の器官である前立腺が加齢とともに肥大する男性特有の病気)との関係から、男性に多いというイメージを持たれがちです。

 しかし実際は、男女差はほとんどなく、夜間頻尿は中年以降になると、男性も女性も多くの人が悩まされる症状なのです。

 夜間頻尿の原因はさまざまですが、大きく、次の二つに分けることができます。

・睡眠中に尿量が多くなる「夜間多尿」
・少量しか尿をためられなくなる「膀胱異常収縮」

 後者の膀胱異常収縮は、膀胱が収縮したり、過敏になったりしておしっこをためておく「容量」が低下し、それが頻尿につながります。これらは、男性の前立腺肥大、女性に多い過活動膀胱(膀胱に尿がじゅうぶんたまる前に強い尿意切迫感が起こり尿をもらしてしまう病気)、脳や脊髄の病気などで引き起こされます。

 一方、前者の夜間多尿は、まぎれもなく「尿量」が多くなる症状です。しかも、本来、夜間に増えるはずのない尿量が、夜間に増え過ぎてしまう状態を指します。こういった患者さんが、かなり増えてきています。

寝る前に足のむくみを取ること

 この「夜間に増えるはずのない尿量が、夜間に増え過ぎる状態」はなぜ起こるのか。

 その正体は、むくみ(浮腫)です。なかでも、足のむくみは、夜間頻尿へ直結しやすいので注意が必要です。
 体のむくみとは、細胞間質液(細胞と細胞のすきまを満たす液体)と、血液に含まれる水分の浸透圧のバランスがくずれたことで、細胞間質液が増え過ぎてしまうことによって起こる症状です。
 むくみの原因は、腎臓や肺、心臓などに疾患がある場合もありますが、冷え、運動不足、出産、水分や塩分の取り過ぎでも起こります。ほかに、加齢とともに血管が硬くなる動脈硬化が進んだことで起こることもあります。

 では、足のむくみが、なぜ夜間頻尿に直結しやすいのでしょうか。
 通常、私たちが睡眠をとるときには、それまで立って活動していた体を、横にします。こうなることで、足より高い位置にあった心臓が、足の高さと同じ位置になります。
 その結果、足から心臓に戻る血液(静脈)の流れが一気によくなります。このとき足がむくんでいると、たまり過ぎていた細胞間質液が血管内にどんどん流れ込んでいきます。

 足のむくみにとっては、それが解消されることはいいことなのですが、この多量に流れ込んだ水分(細胞間質液)が尿となり、夜間多尿の原因となってしまいます。入眠して数時間後、膀胱におしっこがたまっていっぱいになり、尿意で目が覚めてしまうのです。

 長く夜間頻尿に悩まされてきたかたは、まずは足のむくみを疑ってみるべきです。
 思い当たることがあるようなら、次の二つを心がけてみましょう。
・就寝前に、足のむくみを取る ようにすること
・そもそも、日中に足がむくま ないようにすること

 このような工夫をすることで、夜間頻尿を改善に導くことができるでしょう。次項では、足のむくみと夜間頻尿の具体的な改善法をご紹介します。

関口由紀
 1989年、山形大学医学部卒業。泌尿器科専門医、漢方専門医、横浜市立大学大学院医学部 泌尿器病態学 非常勤教授。2005年、横浜元町に女性医療クリニック・ LUNAを開設。中高年女性のトラブルに多方面から対応している。女性泌尿器科、女性内科、婦人科、乳腺外科による内的な健康サポートとともに、美容皮膚科によるアンチエイジングを気軽に楽しめる医療空間の提供をめざしている。主な著書に『女性ホルモンの力でキレイをつくる本』(朝日新聞出版)、『女性外来の骨盤底筋トレーニング』(宝島社)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


夜間頻尿 むくみ

関連する投稿


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか? おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。しかし、氷嚢でおでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


【夜間頻尿】原因は「足のむくみ」たまった水分を排出させる生活習慣4

【夜間頻尿】原因は「足のむくみ」たまった水分を排出させる生活習慣4

夜、眠りについた後に、排尿のために1回以上起きなければならず、そのことで日常生活に支障をきたしている状態を「夜間頻尿」といいます。実は、あまり知られていませんが、夜間頻尿の原因として「足のむくみ」が関係していることもあるのです。【解説】高橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長・泌尿器科部長)


【頻尿】予防・改善する食材は「シナモンミルク」がお勧め 夜間頻尿の対策は?

【頻尿】予防・改善する食材は「シナモンミルク」がお勧め 夜間頻尿の対策は?

中高年になると、頻尿に悩まされる人が多くなります。頻尿は、前立腺肥大や膀胱炎、過活動膀胱など、泌尿器系の病気が関係していることもありますが、主な原因として挙げられるのが、体の冷えと腎機能の低下です。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


【認知症・便秘・むくみ】不調は神経の“詰まり”が原因だった

【認知症・便秘・むくみ】不調は神経の“詰まり”が原因だった

神経の老化が万病につながるということを、詳しく説明していきましょう。神経の老化現象が引き起こす症状は、大きく三つに分けられます。一つ目は、神経が老化して、電気信号が詰まって起こる症状です。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)