医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

体調管理に役立つ「手相」の見方 体のSOSはこの線を見るとよい!

体調管理に役立つ「手相」の見方 体のSOSはこの線を見るとよい!

手相には、その人が生まれもった体質や、現在の体の状態が現れます。手相に変化が合ったり、拇指球、小指球の血色が悪くなったりしたら、その部分をもみほぐしたり、生活習慣を改めたりして、健康維持に役立ててください。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長・医師)


解説者のプロフィール

三浦直樹(みうら・なおき)
●みうらクリニック
大阪市北区東天満1-7-17東天満ビル9F
TEL 06-6135-5200
https://www.miura-cl.jp/

みうらクリニック院長。
1968年、大阪府生まれ。兵庫医科大学卒業。関西医科大学勤務を経て、2009年、みうらクリニックを開院。鍼灸や整体などの手技療法、マクロビオティックや漢方・薬膳などの食事療法、カウンセリングや催眠療法などの心理療法の研究を行い、必要に応じて西洋医学と組み合わせながら、自然治癒力を引き出す統合医療を行っている。

手相は東洋医学では確立された診察法

私のクリニックでは、患者さんを診察する際、必ず手相も見ています。
東洋医学では、問診・聞診・触診・望診という「四診」によって診断を行います。

そのうちの望診とは、体つきや顔つき、歩き方、舌の状態、手相などを見て症状を判断する診察法です。
つまり、手相から患者さんの状態を診ることは、東洋医学の専門書にも記されている、しっかりと確立された診察法なのです。

私は約10年前にこの手法を知り、開業当初から診察に取り入れてきました。
手相には、その人が生まれもった体質や、現在の体の状態が現れます。

その情報を元に、私は患者さんに食事や生活の注意点をアドバイスしています。
さらには、手相を見るとその人の性格の傾向もわかるので、それによって病状の伝え方や提案する治療法を選ぶこともあります。

ズバッと直接的に伝えてもだいじょうぶな人、少し柔らかい表現をしたほうがいい人、また、多くある治療法の中でどれが最もその人に向いているかなど、手相からわかることはたくさんあります。
そして、診察で手相を見ると、患者さんとの会話も盛り上がります。

特に、子ども連れで来られた患者さんにお子さんの体質や性格の傾向などを伝えると、とても喜ばれます。
手相による診察は、患者さんとのコミュニケーションにも役立っているのです。

手相を知れば将来の病気を予防できる

手相の見方は幅広くありますが、代表的なものは「手相の三大線」といわれる「生命線」「知能線」「感情線」を見る方法です。
まず生命線は、消化・吸収および呼吸の機能を表します。

知能線は、脳・神経系の状態を表します。
感情線は、血液やリンパの循環、そして老廃物の排泄状態を表します。

三大線からわかるのは、主に先天的な体質です。
簡単に言うと、くっきりとした長い線であるほど、その線に対応する体の機能が生まれつき高いということです。

そして、三大線は体の状態によって、後天的に変化することもあります。
例えば、線の上に「島」と呼ばれる丸い輪ができたり、後天的に線の上にホクロができたりしたときは注意信号と言われています。

しかし、東洋医学の診察に用いる手相は、占いではなく、あくまでも体の状態を知るための目安です。
よくないとされている手相になっても、必ず病気になるというわけではありません。

生まれつきの体質で自分の弱い部分がわかったり、後天的に手相に変化があったりしたときは、対応する体の部分をケアするような生活習慣を心がけるなど、将来なるかもしれない病気の予防や体調管理に役立てることが肝心なのです。

具体的には、生命線が薄かったり、途切れるなどの変化があったりした場合は、消化・吸収の機能が低下している可能性があるので、暴飲暴食は止め、よく噛んで食べる。

知能線が弱々しければ、血圧に気をつけながら、ストレスをためない生活を心がけ、首や肩がこらないようにケアする。
感情線に変化が出ていたら、適度な運動をして循環をよくする、といった具合です。

手相の三大線と、線が弱々しいときの対策

拇指球や小指球をもむのは効果的

また、線ではありませんが、拇指球(親指の付け根のふくらみ)、小指球(小指の付け根のふくらみ)にも、体の状態が現れやすいです。
ここは、特に色を見ます。

他の箇所に比べて、青みが強い場合は冷えや滞りがあり、赤みが強ければ熱がこもっていたり、紫がかっていれば老廃物がたまり、血液が汚れている状態です。
拇指球は腸や子宮、小指球は腎臓や心臓、自律神経などに関係が深いと言われています。

拇指球や小指球の色が悪い人には、私はその部分をもむことを勧めています。
もみほぐすうちに血液の滞りが消えて、手全体の血色がよくなり、手相に変化が出ることもあります。

手相マッサージのやり方

重度の生理痛でクリニックにやってきた患者さんは、拇指球が紫がかっていて、凝り固まっていました。
私は彼女に、おなかを温めることと同時に、拇指球をしっかりもみほぐすことを勧めました。

すると、拇指球は血色のいい色になり、手相全体も明るくなって、生理痛も軽快しました。
患者さんに手相をもとに、生活改善や治療を指導していくと、症状が回復するのと同時に、手相も変わっていきます。

脳梗塞の治療をしていた患者さんは、知能線上にほくろがありました。
しかし、ほぼ完全回復という状態になると、知能線上のほくろもいつの間にかなくなっていました。

重症の便秘や子宮ガンでやってきた患者さんも、最初は青みや紫の強い拇指球だったのですが、症状が改善していくごとに拇指球の色も正常になっていきました。
東洋医学では「先天的なエネルギーは腎に宿り、後天的なエネルギーは胃に宿る」と言います。

それほどに食習慣が大事ということですが、私はときどき断食を行います。
断食を行うと体の毒が抜けていく感覚があるのですが、このとき手相を見ると、薬指の付け根にある金運線が濃くなることがあります。

毒が抜けて、体力・気力が充実するからかもしれません。
逆に暴飲暴食をすると、金運線は薄くなっていきます。

こんなふうに、手相にはおもしろいように現在の自分が映し出されます。
皆さんも、意識して自分の手相を見てみてください。

自分の体調の変化を知るために、定期的に手相の写真を撮って、保存しておくのもよいでしょう。
そして、手相に変化が合ったり、拇指球、小指球の血色が悪くなったりしたら、その部分をもみほぐしたり、生活習慣を改めたりして、健康維持に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足底筋膜炎などの足裏の痛み 治し方は  "足裏とアキレス腱" を温めること

足底筋膜炎などの足裏の痛み 治し方は "足裏とアキレス腱" を温めること

中高年になると、足裏・足底部・踵などに痛みが生じる足底筋膜炎(足底腱膜炎)の症状に悩む人が増えます。加齢でアキレス腱が硬くなったことが原因の一つです。ひざ痛、腰痛、股関節痛の原因となるケースもあります。若々しさはアキレス腱に現れます。対策は、アキレス腱を温めることです。【解説】伊藤史子(あやこいとうクリニック院長)


【熱中症の初期症状は?】頭痛・だるい・眠気・疲れた 夏バテではなく熱中症かも

【熱中症の初期症状は?】頭痛・だるい・眠気・疲れた 夏バテではなく熱中症かも

気温が高い夏場は、汗をかいたり、体が熱くなったりするのは誰にでもある生理反応です。しかし、夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠い、眠気、頭痛、疲れ、頭がボーっとする)のときは、熱中症の可能性があります。熱中症の応急処置の方法と、重症化を防ぐ方法を紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない便秘も改善

【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない便秘も改善

足裏の色の変化やシワなどにはあなたの体と心のあり方が表れます。異常が現れている反射区を刺激することによって、その反射区に対応する臓器を健康な状態へ整えることができます。反射区を押しながら、今日どんな感情を抱いていたか、自分にはどんな思考の癖があるか振り返ってみてください。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【痛み止め薬】鎮痛剤 "リリカ" の副作用に注意

【痛み止め薬】鎮痛剤 "リリカ" の副作用に注意

痛みに対して処方される薬で、特に注意してほしいのが、プレガバリン(商品名=リリカ)です。この薬は、神経障害性疼痛や線維筋痛症(全身や体の広範囲に激痛が起こる症状)の治療薬として、なかなか取れない痛みに対し、整形外科でよく使います。【解説者】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【足裏の痛み】かかとや土踏まずが痛む足底筋膜炎 体外衝撃波治療で改善

【足裏の痛み】かかとや土踏まずが痛む足底筋膜炎 体外衝撃波治療で改善

歩くと足の裏が痛い。踵の痛みもある。そんな症状の原因は「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」かもしれません。足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とも言われます。長時間の立ち仕事やスポーツが原因で起こり近年はランニングブームの影響で患者数が増えています。【解説】高橋謙二(船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター副部長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)