MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
太りやすい原因を解決!疲れにくくなって痩せる【筋膜リリースダイエット】

太りやすい原因を解決!疲れにくくなって痩せる【筋膜リリースダイエット】

仕事や家事でいつも前かがみになっていたり、テーブルでほおづえを突きながらテレビを見たり、ショルダーバッグをいつも同じほうの肩にかけたりしていませんか。こうした何気ない癖が長期間にわたって何度も繰り返されることで、筋膜はよじれてしまうのです。【解説】竹井仁(首都大学東京大学院教授・理学療法士・医学博士)

解説者のプロフィール

竹井仁
1987年、理学療法士となる。1997年、筑波大学大学院修士課程修了(リハビリテーション)。2002年、東邦大学大学院医学研究科医学博士(解剖学)学位授与。現在、首都大学東京大学院人間健康科学研究科理学療法科学域ならびに健康福祉学部理学療法学科教授。著書『筋膜博士が教える決定版自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』(自由国民社)は30万部を超えるベストセラー。

太りやすくなった原因は筋膜のよじれだった

40代以降になると、多くの人が次のような不調を訴え始めます。


□食べる量は変わらないのに、だんだん太ってきた。
□下腹がポッコリ出ている。
□肩がこるし、腰は痛む。
□体が重くて、すぐに疲れる。


こうした体の変化は、年齢によるものと思われがちですが、実は「筋膜」のよじれが原因です。
ですから、「老化現象だからしかたがない」「自分では解決できない」とあきらめる必要はありません。

筋膜のよじれを解きほぐす「筋膜リリース」を行うことで、見違えるほど体が変わります。
姿勢が美しくなって、体が軽く、しなやかに動くようになるのです。

その結果として、体重も自然に減っていきます。
私は、テレビ番組などで、こりや痛みを解消する筋膜リリースの効果を紹介してきましたが、ここでは、やせるメカニズムについて詳しく説明しましょう。

日常の何気ない癖で筋膜がよじれてしまう

筋膜は、文字どおり「筋肉を包んでいる膜」で、筋肉を構成する筋線維の中まで入り込んでいます。
そして、くまなく全身に張り巡らされていることから、「第2の骨格」とも呼ばれています。

筋膜には次の5種類があります。

①皮下脂肪の中にある浅筋膜
②筋肉の上をボティスーツのように覆っている深筋膜
③筋肉の表面を薄く包み込む筋外膜
④筋外膜が筋肉の中に入り込んで、筋線維の束を包む筋周膜
⑤筋周膜が筋線維の束に入り込んで1本1本の筋線維を包む筋内膜

私たち人間の体には約650個の筋肉(骨格筋)があり、すべての筋肉がバランスよく日常生活で使われていれば、筋膜も滑らかに動く状態が保たれます。
しかし、ほとんどの人が偏った筋肉の使い方をしています。

仕事や家事でいつも前かがみになっていたり、テーブルでほおづえを突きながらテレビを見たり、ショルダーバッグをいつも同じほうの肩にかけたりしていませんか。
こうした何気ない癖が長期間にわたって何度も繰り返されることで、筋膜はよじれてしまうのです。

筋膜は、縦・横・斜めといろいろな方向でつながっているため、1カ所でよじれると、悪影響は関節を飛び越えて、ほかの部分の筋肉にまで及びます。
そして、腕が上がらなくなったり、腰が曲がらなくなったりして、体が動く範囲が狭くなり、痛みも生じるのです。

同時に、柔軟性が低下することにより、一部の筋肉しか働かなくなり、そこに負荷が偏って大きくかかるようになれば、疲れやすくなります。
すると、体を動かすのがおっくうになって、消費するエネルギーが減り、太ってくるわけです。

加えて、体をあまり動かさなければ、骨盤周辺の筋肉が衰えて、骨盤が傾きます。
それに伴って、背中が丸まって、下腹がポッコリと突き出した姿勢になり、おなかやお尻には脂肪がついてきます。

筋膜ってなに?どこにある?

筋膜リリースがすべて解決する

このような「太る」「疲れる」「動けない」という不調をすべて解決するのが、筋膜リリースです。
布にできたシワをアイロンで伸ばすように、筋膜をさまざまな方向に伸ばして滑らかにします。

筋膜が滑らかになって、筋肉が本来の動きを取り戻すと、「歩く」「立ち上がる」といった日常動作で働く筋肉が増加します。
たくさんの筋肉がしっかりと柔軟に働くことで、負担が分散されるだけでなく、エネルギーが活発に使われるようになります。

つまり、体が疲れにくくなって、エネルギー代謝が上がるのです。
人間とは、できなかったことができるようになると、もっとやりたくなる生き物です。

こりや痛みが消えて体を楽に動かせるようになれば、運動したり外出したりして体をもっと動かしたくなるわけです。
すると、どんどんエネルギー代謝が上がって、脂肪が減少していきます。

以上のことから、筋膜リリースを行うだけで、体が軽く、しなやかに動くようになり、続ければ誰もが確実にやせられると、私は断言できます。
筋膜リリースのやり方を、別記事で紹介しますので、ぜひその効果を実感してください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt