MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

腕ふりはどんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは原因のわからない目の不調です。最近「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)

解説者のプロフィール

本部千博(ほんべ・かずひろ)
●ほんべ眼科
愛知県名古屋市中村区名駅3丁目24-14LCビル5F
TEL 052-561-3286
https://www.honbe-ganka.com/

ほんべ眼科院長。
岐阜大学医学部卒業。
内科医として勤務の後、岐阜大学医学部眼科学教室に入局。
2005年「ほんべ眼科」を開業。
「近視は治せる病気である」をモットーに視力向上法に力を入れる。
近著に『はかるだけ!視力回復法』(三笠書房)がある。

気の流れを整えると自律神経が整う!

腕をブラブラふる「腕ふり」は、気功では「スワイショウ」といい、準備運動で必ず行う、基本の体操です。
まずこれを行って、全身を整えるのです。

以前、私が気功を勉強していたころ、気功の大家の楊名時先生の本に、こんな話が載っていました。
ほぼ失明状態の人が、楊先生のところに「どうしたらいいのか」と相談に来たとき、先生は「1日3時間、腕ふりをしなさい」と答えました。

その人は、まじめにそれを続けました。
そして3年後には、目が見えるようになっていたそうです。

この逸話が、すべてを物語っています。
目に限らず、人がさまざまな病気になるのは、そこに気(エネルギー)が行かないからです。

全身の気のバランスが悪いと、過不足のあるところに、病気や症状が出るのです。
私は目の治療に鍼灸も用いていますが、目が痛いときに、目に関連する経絡(気の通り道)上にある足のツボを刺激すると、目の痛みが取れます。

この効果は、気の流れでしか説明できません。
経絡上にあるツボを刺激することで、気の流れが整い、症状が改善したということです。

気の流れがよくなれば、血流もよくなります。
血管の働きは自律神経がつかさどっており、自律神経が血管を拡張・収縮させて、血流を支配しています。

その自律神経を支配しているのは、「気」だと私は考えています。
ですから、気の流れを整えることで、自律神経のバランスが整うと、血流も細胞の働きもよくなって、たいていの目の症状は改善します。

腕ふりで「気」の流れを調整する

たとえば近視の場合、同じ度数の人に、同じ調節力のレンズを使っても、人によって見え方が違います。
1.5まで見える人がいれば、0.8しか見えない人もいます。

気の流れを調整すると、そういう視力の上がらない人でも、よく見えるようになります。
自律神経のバランスが取れて調節力がよくなり、ピントが合わせやすくなるからです。

老眼も同じことがいえます。
ピント合わせの能力が少しでも残っていれば、気の流れをよくすることで見やすくなる人は、結構います。

その気の流れを、自分で手軽に調整できるのが、冒頭でご紹介した「腕ふり」です。
この体操のよいところは、とても簡単なことです。

いくら体によいことでも、人によってはできないことがありますが、腕をふるだけなら、誰にでもできます。
当院の患者さんの中にも、私の本を読んで、腕ふりをしている人が大勢います。

私の医院はオフィス街にあるので、長時間パソコンを使っている患者さんが多く、疲れ目や眼精疲労の訴えが多いのですが、「本のとおりに腕ふりをやったら、調子がいいです」という声をよく聞きます。

原因のわからない目の不調によく効く

腕ふりは、どんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは、原因のわからない目の不調です。
最近、「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。

どこにも異常はないのに、物が見えにくかったり、目の疲れがひどかったり、痛みがあったりします。
これは、まさに気の乱れによる神経過敏症ですから、気の流れを整える腕ふりがお勧めなのです。

正常眼圧緑内障の予防改善にもよい

さらに、日本人に多い正常眼圧緑内障の予防・改善にも役立ちます。
この病気の人は、血流が悪く、視神経に十分な栄養と酸素が届いていません。

そのため、眼圧が正常でも、その圧力に視神経が耐えられず、緑内障になってしまうのです。
しかし、腕ふりで気の流れをよくし、血流を改善すれば、正常眼圧緑内障も防ぐことができます。

半瞑想状態で、寝る前に最低10分は行うとよい

腕ふりを行うときは、全身から力を抜き、リラックスして腕をふります。
力を入れてふるのではなく、重力にまかせてふってください。

腕を前後にふるものと、左右にふるものがありますが、どちらも同じように、気の流れをよくする効果があるので、やりやすいほうを行いましょう。
さらに望ましいのは、半瞑想状態で行うことです。

何も考えず、無の心境でやり続けると、失明した人でも、目が見えるようになることもあるのです。
人間の体には、「よくなる仕組み」が備わっています。

無の心境で続ければ、そのよくなる仕組みが働くようになるのでしょう。
腕ふりは、神経を鎮める作用があるので、夜寝る前に行うと効果的です。

目への効果を期待するなら、まずは10分くらいから始めて、少しずつ時間を延ばしていきます。
できれば、30分くらい続けてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt