【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿の解消について。ここでは、具体的な方法をご紹介しましょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長・LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長)


加圧ストッキングや食後のゴロ寝

夕食後、 少し横になるとよい

 夜間頻尿の解消には、
・日中の足のむくみの予防
・就寝前の足のむくみの解消
 が大切だ、と前項で解説しました。
 ここでは、具体的な方法をご紹介しましょう。

【日中から夕方に行う対策】

●加圧ストッキングをはく
 ひざ下からふくらはぎの部位を適度に締めつけると、静脈の血液の流れがよくなり、足のむくみが改善されます。そのためには、日中に、加圧作用や弾性作用のあるストッキングやハイソックスをはくといいでしょう。

●水分と塩分を取り過ぎない
 水分と塩分の取り過ぎは、むくみと多尿の原因になります。汗をかきやすい夏場に飲む水の量は2ℓまで、冬場はその半分の1ℓまでを目安にしてください(食べ物で取る水分は別)。
 塩分を取り過ぎると体の中のナトリウムが過剰になって、そのバランスを取るために余計に水を取りたくなります。塩辛いものを多量に取ると、当然のども渇くでしょう。水分の取り過ぎを控えるためにも、塩分を控えることを徹底してください。

●昼食や夕食の後にゴロ寝
 昔は「食後、横になると太る」といわれましたが、昼食や夕食後の30分~1時間程度のゴロ寝は、足のむくみの解消に有効です。足元に座布団やクッションを置き、少し足を高くして寝るようにすると、むくみを取る効果がさらに上がります。

●漢方薬を活用する
 むくみや夜間頻尿の解消になる漢方薬の活用も有効です。むくみと夜間頻尿全般には、八味地黄丸、足が冷えてむくんでいる人は牛車腎気丸、ほてり気味でむくんでいる人は六味丸がお勧めです。お近くの漢方薬局でお尋ねください。

ふくらはぎマッサージや就寝2〜3時間前のお風呂

寝酒を飲まないこと

朝よりも 夕方ウオーキング

【夕方から就寝前に行う対策】
●夕方にウオーキング
 歩くことでふくらはぎを中心に足が刺激されると、心臓に戻る血液の流れがよくなり、就寝前までにむくみが解消されやすくなります。
 夜間頻尿の対策でウオーキングを始める場合は、朝よりも、1日で足のむくみを最も自覚しやすい夕方が適しています。適度に疲れ、眠りを誘う運動効果も期待できます。

●寝る前のふくらはぎもみ
 ふくらはぎは、心臓に血液を戻す、ポンプの役目をする場所です。
 ここをもんだりさすったりして柔らかくすると、血流が促され、むくみが軽減されます。ふくらはぎをマッサージする時間帯は、夕方以降から夜にかけてが最適です。
 滞った血液を心臓に戻すつもりで、足首からひざ裏に向かって、気持ちよいと感じる強さでもんでください。
 就寝前にふくらはぎをほぐし、先に尿として出してしまうことで、夜間多尿が防げるでしょう。

●寝る2〜3時間前の入浴
 入浴も飲酒も、血流をよくしますが、就寝直前の入浴や飲酒は、入眠に必要な自律神経の副交感神経の働きを阻害します。
 また、湯上がり直後は、循環がよくなり、下半身にたまった水分が尿として出やすくなり、夜間の多尿につながります。
 夜間頻尿で悩んでいる人は、入浴も飲酒も、就寝の2~3時間前までに済ますといいでしょう。

●夜間頻尿を防ぐ睡眠術
 夜間頻尿の予防法として、睡眠の質を高める工夫も大切です。
 目に強い光が入ると脳が覚醒しやすくなります。就寝前にパソコンやスマホなどの操作をしない、覚醒作用のあるカフェインやアルコールの入りの飲み物を飲まないように気をつけましょう。
 冬に向かい、気温が低下するこれからの季節は、特に足がむくみやすくなります。続けられそうな改善法から始めてみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


血管年齢が若返る!高血圧や動脈硬化が大改善するふくらはぎマッサージ

血管年齢が若返る!高血圧や動脈硬化が大改善するふくらはぎマッサージ

血液は体内で絶えず循環し、私たちが生きていくうえで重要な働きをしています。心臓から送り出された血液は、動脈によって栄養分と酸素が体の隅々に運ばれます。体の隅々に栄養分と酸素が行き渡ると、静脈によって老廃物などが回収され、血液は心臓に戻ります。【解説】高沢謙二(東京医科大学循環器内科教授)


【免疫力がアップ】「ふくらはぎマッサージ」は高血圧や不眠症の改善に効果的

【免疫力がアップ】「ふくらはぎマッサージ」は高血圧や不眠症の改善に効果的

私たちが健康な毎日を送るのに欠かせないのが、スムーズな血液の流れです。血液は、摂取した栄養と酸素を動脈によって全身の細胞へと運び、老廃物や有害物質を静脈によって細胞から回収する働きをしています。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

健康な人のふくらはぎは、つきたてのおもちのように、温かくてやわらかく、弾力があります。一方、体に何らかの不調がある人は、それがさまざまな形で、ふくらはぎの状態に現れることがしばしばあります。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法 タオ テクニカルアドバイザー)


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング