【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿の解消について。ここでは、具体的な方法をご紹介しましょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長・LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長)


加圧ストッキングや食後のゴロ寝

夕食後、少し横になるとよい

 夜間頻尿の解消には、
・日中の足のむくみの予防
・就寝前の足のむくみの解消
 が大切だ、と前項で解説しました。
 ここでは、具体的な方法をご紹介しましょう。

【日中から夕方に行う対策】

●加圧ストッキングをはく
 ひざ下からふくらはぎの部位を適度に締めつけると、静脈の血液の流れがよくなり、足のむくみが改善されます。そのためには、日中に、加圧作用や弾性作用のあるストッキングやハイソックスをはくといいでしょう。

●水分と塩分を取り過ぎない
 水分と塩分の取り過ぎは、むくみと多尿の原因になります。汗をかきやすい夏場に飲む水の量は2Lまで、冬場はその半分の1Lまでを目安にしてください(食べ物で取る水分は別)。
 塩分を取り過ぎると体の中のナトリウムが過剰になって、そのバランスを取るために余計に水を取りたくなります。塩辛いものを多量に取ると、当然のども渇くでしょう。水分の取り過ぎを控えるためにも、塩分を控えることを徹底してください。

●昼食や夕食の後にゴロ寝
 昔は「食後、横になると太る」といわれましたが、昼食や夕食後の30分~1時間程度のゴロ寝は、足のむくみの解消に有効です。足元に座布団やクッションを置き、少し足を高くして寝るようにすると、むくみを取る効果がさらに上がります。

●漢方薬を活用する
 むくみや夜間頻尿の解消になる漢方薬の活用も有効です。むくみと夜間頻尿全般には、八味地黄丸、足が冷えてむくんでいる人は牛車腎気丸、ほてり気味でむくんでいる人は六味丸がお勧めです。お近くの漢方薬局でお尋ねください。

ふくらはぎマッサージや就寝2〜3時間前のお風呂

寝酒を飲まないこと

朝よりも夕方ウォーキング

【夕方から就寝前に行う対策】
●夕方にウォーキング
 歩くことでふくらはぎを中心に足が刺激されると、心臓に戻る血液の流れがよくなり、就寝前までにむくみが解消されやすくなります。
 夜間頻尿の対策でウォーキングを始める場合は、朝よりも、1日で足のむくみを最も自覚しやすい夕方が適しています。適度に疲れ、眠りを誘う運動効果も期待できます。

●寝る前のふくらはぎもみ
 ふくらはぎは、心臓に血液を戻す、ポンプの役目をする場所です。
 ここをもんだりさすったりして柔らかくすると、血流が促され、むくみが軽減されます。ふくらはぎをマッサージする時間帯は、夕方以降から夜にかけてが最適です。
 滞った血液を心臓に戻すつもりで、足首からひざ裏に向かって、気持ちよいと感じる強さでもんでください。
 就寝前にふくらはぎをほぐし、先に尿として出してしまうことで、夜間多尿が防げるでしょう。

●寝る2〜3時間前の入浴
 入浴も飲酒も、血流をよくしますが、就寝直前の入浴や飲酒は、入眠に必要な自律神経の副交感神経の働きを阻害します。
 また、湯上がり直後は、循環がよくなり、下半身にたまった水分が尿として出やすくなり、夜間の多尿につながります。
 夜間頻尿で悩んでいる人は、入浴も飲酒も、就寝の2~3時間前までに済ますといいでしょう。

●夜間頻尿を防ぐ睡眠術
 夜間頻尿の予防法として、睡眠の質を高める工夫も大切です。
 目に強い光が入ると脳が覚醒しやすくなります。就寝前にパソコンやスマホなどの操作をしない、覚醒作用のあるカフェインやアルコールの入りの飲み物を飲まないように気をつけましょう。
 冬に向かい、気温が低下するこれからの季節は、特に足がむくみやすくなります。続けられそうな改善法から始めてみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)