医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


リコピンが遺伝子の変化を予防する

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。
さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。

そこで、トマトの力に改めて驚かされました。
それらを踏まえて言えるのは、「トマトを常食すればアンチエイジングに役立つ」ということです。

「アンチエイジング」と聞いて、多くの人が期待するのがシワやたるみの改善など若返り効果ではないでしょうか。
年齢とともにシワやたるみが出てくるのは、肌にハリを保つたんぱく質の「コラーゲン」が減ってくるのが原因です。

私たちの体の中では、抗酸化物質が働いてコラーゲンを守っています。
しかし、長く紫外線に当たることや日頃の不摂生、ストレスなどが積み重なると、コラーゲンが分解され、さらには遺伝子までも変化してしまいます。

その結果、コラーゲンが減り、新しく作る量も減ってしまうため、シワやたるみができてしまうのです。
こうしたシワやたるみを抑える成分が、トマトに豊富に含まれる「リコピン」です。

リコピンは、ニンジンなどに多く含まれるβ-カロテンの仲間で、抗酸化作用があり、コラーゲンの分解と遺伝子の変化を防ぐ力があります。
ですから、トマトを食べることにより、シワやたるみを抑えて、若々しい肌を保つのに役立つのです。

肌に関していえば、一般に、トマトのリコピンはシミにも有効といわれています。
また、トマトのアンチエイジング効果は肌だけでなく、血管に対しても発揮されます。

動脈硬化の一つに血管壁に「アテローム」という白血球やコレステロールの塊のできる、「アテローム性動脈硬化」というものがあります。
アテロームは、血管内にくっつきやすい粘着物質が増えていきその結果、コレステロールや白血球の塊が作られます。

粘着物質が増える要因として免疫異常が挙げられますが、トマトは免疫異常を抑える働きを持つことが知られています。
この働きもリコピンの作用だと考えられており、実際にリコピンを摂取することで、血管内の粘着物質が減ったという報告もあります。

リコピン以外にも、トマトには、ホルモンバランスの調整を通じて免疫異常を防ぐ「ナリンゲニンカルコン」や、動脈硬化に伴う血栓(血液の塊)を防ぐ「アデノシン」、「グアノシン」、「ケルセチン」といった有効成分が含まれています。
これらの働きで、トマトは動脈硬化の抑制に効果を発揮します。

トマトに含まれるアンチエイジング成分

油と一緒にとると吸収がよくなる

肌や血管のアンチエイジングには、トマトの常食が有効です。
ただし、トマトの代表的な有効成分であるリコピンを効率よくとるには、少し工夫が必要となります。

リコピンはトマトの細胞にガッチリと組み込まれているので、分離させると吸収がよくなります。
その調理法は、細かく刻んだり、ぐちゃぐちゃに混ぜること。
そして、「ほどよく加熱」することです。

トマトのリコピンは、もともとは「トランス型」という構造ですが、ほどよい加熱によって「シス型」という体に吸収されやすい構造に変化するのです。
シス型にするには、90℃程度(弱~中火)で15分ほど加熱するのがベストです(100℃以上の高温で長く加熱しすぎると、リコピンそのものが減るので注意)。

さらに、オリーブオイルなどの油と一緒にとることで、リコピンの吸収が一層よくなります。
この方法で調理したトマトスープ(下記画像参照)は、リコピンを摂取するのに最適なメニューです。

なお、ここで述べた他の成分も、多少加熱しても失われることはありません。
冷めるとリコピンはトランス型に戻りますが、再加熱すればまたシス型になるので問題はありません。

冷めたスープは温めて(50℃以上90℃未満が目安)飲みましょう。

肌や血管が若返る!ぐちゃぐちゃトマトスープの作り方

【材料】(2人分)
トマト……2個(大きめ)
タマネギ……1個
オリーブ油……大さじ2
水……200ml
塩・コショウ……少々

【作り方】
❶トマトは皮ごと細かくカットする。

❷タマネギはみじん切りにする。

❸鍋にオリーブ油を熱し、タマネギがキツネ色になるまで炒める。
臭いが気にならなければみじん切りにしたニンニク(適量)を加えるのもよい。

❹トマトを加えて、中火でつぶすようにかき混ぜる。

❺水200mlを加えて弱~中火でかき混ぜながら15分加熱。
最後に塩・コショウで味を調える。

出来上がり!

リコピンの吸収力を高めるポイント
●トマトは皮ごと使う。
●ぐちゃぐちゃにかきまぜる。
●煮立たせず、弱火~中火(約90℃)で15分程度加熱する。

解説者のプロフィール

石井賢二
東北大学大学院在学中に千葉県木更津市のかずさDNA研究所にてトマトの成分分析と遺伝子の研究に従事。現在は製鉄関係のエンジニアとして世界中を飛び回り、週末にトマトの論文を読み進める。世界中のトマトの研究結果をまとめた『元トマト研究者・農家だった僕がぜひ教えたいトマトの10の効果』(パレード出版)を執筆。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)


言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

わかったのは、私が「言い訳だらけの人生」を送ってきたということでした。うまくいかないことがあると、「親のせいだ」「お金がないせいだ」と、常に何かのせいにし、被害妄想の意識にとらわれて生きたのです。【体験談】伊藤千恵(セラピスト・50歳)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)