医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

シミ・シワを予防!生姜入りホットトマトジュースの効果【美容皮膚科医が愛飲】

シミ・シワを予防!生姜入りホットトマトジュースの効果【美容皮膚科医が愛飲】

シミやシワを防ぎ、いつまでも美しく若々しい肌を保つためには、肌の内側で体内に発生した活性酸素を除去する力を維持しておくことが、とても大切になります。そのために私が朝食に飲んでいるのが、ショウガのすりおろしとチアシードオイルを加えた、ホットトマトジュースです。【解説】佐藤やすみ(恵比寿やすみクリニック院長)


解説者のプロフィール

佐藤やすみ
恵比寿やすみクリニック院長。
順天堂大学病院で研修後、都内スキンケアクリニック院長を経て、2011年、恵比寿やすみクリニック開業。美容皮膚科、レーザー治療、各種注入療法などの経験は2万例を超える。女性誌の美容ページなどでオリジナルの美肌術を紹介することも多数。

●恵比寿やすみクリニック
東京都渋谷区恵比寿1-9-7 ITOX4F
TEL 03‐5789‐2888
https://www.yasumi.me/

「ホットトマトジュース」は美肌と体形維持に有効な特製ドリンク

 シミやシワを防ぎ、いつまでも美しく若々しい肌を保つためには、肌の外側から紫外線対策をしっかりするとともに、肌の内側で体内に発生した活性酸素を除去する力を維持しておくことが、とても大切になります。

 そのために、私が5年ほど前から朝食に飲んでいるのが、ショウガのすりおろしとチアシードオイルを加えた、ホットトマトジュースです。

 作り方は実に簡単です。コップ1杯(150~200mlくらい)の無塩のトマトジュースに、親指大のショウガをすりおろして混ぜ、電子レンジで60℃ぐらいまで温めて、最後にチアシードオイルを小さじ半分ほど垂らせば出来上がりです。

 このホットトマトジュースは、強力な抗酸化作用、血流と代謝を促す作用、むくみ解消作用があり、美肌と体形の管理にとても効果的なのです。

 紫外線を浴びると、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルが起こります。
これは「光老化」と呼ばれ、紫外線によって発生した活性酸素が、肌細胞にダメージを与えることが原因です。

 活性酸素の攻撃を受けると、それ以上の肌細胞のダメージを防ぐために、表皮の底にある基底層にあるメラノサイトから、黒色メラニンが大量に放出されます。肌を黒くしてバリアを作り、肌の奥にまで紫外線が届かないようにしているのです。

 通常、黒色メラニンは肌細胞のターンオーバー(入れ替わり)とともにはがれ落ちます。
しかし、皮膚の脂質が活性酸素によって過酸化脂質となり、メラニンを含む細胞と結びつくと、シミはより濃く、根深くなります。

 さらに、活性酸素は肌の土台である真皮層で、肌の弾力やハリを保っているコラーゲンやエラスチンにも悪影響を及ぼします。肌の奥で網の目のように張り巡らされ、柔軟な弾力で肌を支えているコラーゲンを硬くもろくして、シワやたるみの原因となるのです。

 こうしたさまざまな肌老化の原因となる活性酸素は紫外線のほか、ストレスや喫煙、空気汚染などいろいろな要因が重なって発生するため、すべてを防ぐことは不可能です。
そのため、できてしまった活性酸素を体の内側で消去して、活性酸素のもたらす害を最小限に抑えることが重要です。

 トマトには、抗酸化作用の高いβカロテン(プロビタミンA)やリコピンなどのカロテノイド、ビタミンCやEなどのビタミンが含まれています。
特にジュースでとることで、リコピンを効率よく摂取することができます。一般的なトマトに比べて、トマトジュースの原料となる完熟赤色系トマトは、リコピンの含有量が3倍も多いのです。

トマトには、食物繊維もたっぷりと含まれているので、腸内環境が整い、便秘の解消にも役立ちます。

ダイエットに役立つオメガ3系オイル

 また、カロリーは低いのに、満腹感がしっかり得られるので、忙しい朝の朝食代わりに最適です。朝食をトマトジュースにして、パンやご飯などの糖質をとらないようにすると、血糖値が急激に上がりにくくなり、糖化が起こりにくくなります。

 糖化とは、糖質とたんぱく質が結びつく現象で、「細胞のコゲ」などと表現されます。糖化は、活性酸素による「細胞のサビ」と同様に、肌細胞を劣化・老化させるため、糖化を防ぐこともアンチエイジングに非常に有効なのです。

 ショウガを加えているのは、血行をよくして体を温め、体の新陳代謝を高めてくれるからです。新陳代謝がよくなれば、食べ物からとったエネルギーをスムーズに消費でき、ダイエット効果につながります。
実際、飲むとショウガの温め効果で、体がポカポカしてくるので、代謝が上がったことをすぐ実感できます。

 もう一つ加えている「チアシードオイル」は、シソ科の植物「チア」の種から抽出した油です。
 体内では合成できず、必ず摂取する必要がある、αリノレン酸などの「オメガ3系脂肪酸」です。チアシードオイルのほか、エゴマ油、アマニ油、魚油(DHA、EPA)などに多く含まれています。

 オメガ3系脂肪酸は、油ではありますが、血液をサラサラにして血流をよくしたり、中性脂肪やコレステロールを減らしたり、体温を上げてエネルギー代謝をよくする働きを持ち、ダイエットに役立つことから、積極的に摂取したい油なのです。

 また、トマトジュースにショウガを加えただけだと、ピリピリした感じがしますが、チアシードオイルを加えることで、マイルドな味になり、リコピンの吸収率も高まります。

ホットトマトジュースの基本の作り方

トマトジュースにショウガのすりおろしを加えてレンジでチン!チアシードオイルを加えて出来上がり!

夜飲んでおくと翌朝にはむくみがスッキリする

 トマトに含まれるカリウムには、体内の過剰な塩分を排出する働きもあります。むくみ解消の効果があるので、むくみが気になる夜にトマトジュースを飲んでおくと、翌朝すっきりとしているはずです。
むくみ解消効果を高めるために、無塩タイプのトマトジュースがお勧めです。

 ホットトマトジュースは、1日に1回飲むのがいいでしょう。例えば、紫外線を受けやすいと予想される日は、予防として朝に飲んでおき、紫外線を受けてしまった日は肌の修復を促すために夜に飲むといった飲み方がお勧めです。
ぜひトマトジュースをおいしく飲んで、美と健康の増進に役立ててください。

 ただし、トマトジュースを飲みすぎると、人によっては肌が黄色くなってくる場合があります。これは、色素成分のカロテノイドのとりすぎが原因で、皮膚に色素が沈着し、肌が黄色くなる柑皮症という症状です。

 トマトのリコピンもカロテノイドの一種なので、柑皮症を起こすことがあるのです。
肌色が変わる以外は無害ですし、カロテノイドの摂取を控えれば自然に元に戻りますが、肌色が気になる人は、飲む量や頻度を調整してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


シミ シワ 活性酸素

関連する投稿


【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)


シミくすみ解消【足の指回しの美容メリット】冷えを撃退して痩せ体質に一変!

シミくすみ解消【足の指回しの美容メリット】冷えを撃退して痩せ体質に一変!

足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)


【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【ノーファンデ美肌の作り方】美人姉妹が勧めるハチミツ美容術

【ノーファンデ美肌の作り方】美人姉妹が勧めるハチミツ美容術

中学生のころからニキビに悩み、疲れがたまると吹き出物が出ていました。白ニキビを針でつぶしていたので毛穴が広がり、顔も赤ら顔になって人に素肌を見せられなかったのです。ハチミツでケアして1週間くらいしたころ母から「きれいになったわね」と生まれて初めて肌を褒められたんです!【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


滑舌は「割りばしトレーニング」で良くなる!声が若返る方法

滑舌は「割りばしトレーニング」で良くなる!声が若返る方法

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)