MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ストレス対策】トマトの効果はリコピンだけじゃない!GABA(ギャバ)も豊富

【ストレス対策】トマトの効果はリコピンだけじゃない!GABA(ギャバ)も豊富

GABAは脳の神経伝達物質の一つで、高いリラックス効果をもたらす作用で注目を集めている機能性成分です。ストレスや不安を軽減させる作用があり、うつ病や不眠症の改善、脳機能の向上効果など、多くの研究が進んでいます。手軽にGABAが補給できる食べ物、それがトマトです。【解説】白石美緒(イーストワン皮膚科・形成外科院長)

解説者のプロフィール

白石美緒
イーストワン皮膚科・形成外科院長。
1994年青山学院大学理工学部卒業。1999年東海大学医学部卒業。順天堂大学医学部附属順天堂医院で整形外科、麻酔科ペインクリニック科での診療を経て、東京皮膚科・形成外科へ。2017年よりイーストワン皮膚科・形成外科院長となる。アンチエイジング術を得意とする。46歳という年齢が信じられない若々しさとポールダンスが趣味という意外性から、「マツコ会議」(日本テレビ)で「セクシー女医」と紹介され、話題を呼んだ。

●イーストワン皮膚科・形成外科
東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー3F
TEL 03-5479-3388
https://e-onetower.jp/

トマトの成分「GABA」がストレスや不安を軽減させる

 GABA(γアミノ酪酸)は、脳の神経伝達物質の一つで、高いリラックス効果をもたらす作用で、注目を集めている機能性成分です。

 ドーパミンやノルアドレナリンといった、興奮状態で多く分泌される神経伝達物質を抑え、副交感神経を優位にさせる働きがあります。ストレスや不安を軽減させる作用があり、うつや不眠、脳機能の向上効果など、多くの研究が進んでいます。

 また、高血圧の改善にも有効なことがわかっています。GABAは、血管を収縮させ血圧を上げるノルアドレナリンの働きを抑えて血流をよくし、腎機能を高めてナトリウムの排泄を促してくれるのです。

 GABAは元々、体内でも作られている物質ですが、そうした健康効果から、GABAを付加・強化した発芽玄米やチョコレートなどの商品も多数出ています。

 けれども、もっと身近に、手軽にGABAが補給できる食べ物があるのをご存じでしょうか。それがトマトです。

 トマトやナス、ジャガイモなどナス科の野菜はGABAを多く含みますが、なかでもトマトは、100g当たりのGABAの含有量が50~60mgと、トップクラスの食品なのです。中サイズのトマト1個で、1日30~50mgといわれるGABAの摂取推奨量を十分にまかなえます。

 もう一つ、トマトの健康効果の説明で、よく知られているのが、トマトの特徴である鮮やかな赤色を作っているカロテノイド「リコピン」の持つ抗酸化作用でしょう。
老化の原因となる活性酸素によって、細胞がサビてしまうのを防ぐ働きがあります。

 トマトに含まれるGABAやリコピンは、熱にも安定性があるため、いろいろな料理に取り入れて、継続して食べていくのがお勧めです。

スパイシーなトマトスープがお気に入り

 普段、ほとんど生野菜を食べることがない私が、唯一生でも食べる野菜が、トマトです。
実家では、父が気に入ったトマトジュース(オオカミの桃)や、甘味の強い群馬県のフルーツトマトを定期的に取り寄せているので、毎日のように食べていました。

 イギリス留学中によく食べていて、好きだったのが、焼きトマト。ベーコンエッグやベイクドビーンズ(豆)などとともに、イギリスでの朝食の定番メニューです。
サッと焼いて、オイルとともに食べることで、脂溶性(油に溶ける性質)のカロテノイドの吸収がよくなるのも利点です。

 最近の我が家の食卓でよく出てくるのが、スパイシーなエジプト風トマトスープです。
鶏肉にトマト、ニンジン、タマネギ、オクラ、ジャガイモ、パプリカを加えて煮込み、スパイスで味つけした、夫の得意料理なのです。ガラムマサラ、クミン、カルダモンなどのスパイスが効いた、ミネストローネ風のスープで、とてもおいしいだけでなく、肉と野菜がバランスよく食べられるヘルシーなメニューです。

 皆さんも、いろいろなメニューにトマトを取り入れて、健康と若さの維持に役立ててください。

ガラムマサラ、クミン、カルダモンなどのスパイスが効いたエジプト風トマトスープは、白石先生のご主人の得意料理。鶏肉、ニンジン、タマネギ、オクラ、ジャガイモ、パプリカなどの野菜もたっぷり食べられる

白石先生が作った豚スペアリブのトマト煮込み。肉や魚などのたんぱく質を適度に食べるのも若々しい体を作るには、とても大切。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めのデザートを紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-29 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの汁物を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-28 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの副菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-27 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt