MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
私の血圧が下がった理由 朝食をトマトにて正常値!ぐんぐん痩せた

私の血圧が下がった理由 朝食をトマトにて正常値!ぐんぐん痩せた

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)

80代でも頭も体もすこぶる元気!

 80代でもすこぶる体調がよく、頭を使うさまざまな手配から力仕事までを引き受け、忙しく働けている秘密は、毎朝食べているトマトです。
以前の『安心』で、トマトを常食していたら、やせたり高血圧が改善したりした人たちの記事を読み、私もトマトを食べてみようと思ったのです。

 実はその頃の私は、高血圧で降圧剤を服用していたのですが、あまり血圧が下がっていなかったのです。最大血圧は155㎜Hg(正常値は140㎜Hg以下)ありました。
それからは、朝食をトマト1個だけにしました。味つけは一切せず、水洗いしてガブリと丸かじりするだけなので、まったく手間がかかりません。

 トマトはどこでも手に入りますし、支度が簡単で続けやすいのもよい点です。
それまでの朝食は、ご飯とみそ汁、焼き魚が定番でした。ですが、朝食をトマト1個だけにしてみて、これまでが食べすぎだったことに気づきました。

 トマト1個で十分に満腹になり、むしろ1日を調子よく過ごせるようになったのです。
朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125㎜Hg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。
降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。

 さらに、自然にぐんぐんやせていきました。
私は甘いものに目がなく、おやつは食べたいときにちょくちょく食べていました。
にもかかわらず、ある日の入浴中に、おなかの肉が薄くなってきたように感じて体重を測ってみると、52㎏あった体重が50㎏になっていたのです(身長は143㎝)。

『安心』の記事で、トマトには脂肪燃焼効果があると書かれていましたが、実際に自分で体験してみて、本当にトマトはすごいなと感心しました。

薬でも下がらなかった血圧がトマトであっさり正常化

体が軽くなり山道の往復もらくにできる

 その後も波はあるものの、少しずつ体重が減っていきました。そして、1年ほどで42㎏になり、10㎏のダイエットに成功したのです。
むっちりしていた手首もほっそりして、以前はどこにあるかわからなかった骨の存在が、触ると感じ取れるようになりました。

 洋服のサイズも、LからMサイズがちょうどよくなりました。入らなくなっていた昔の服がまた着られるようになったのも、うれしいことこの上ありません。
私が暮らしているのは、山間ののどかな集落なのですが、体が軽くなったおかげで、山道を往復するのもとてもらくにできます。
友人たちから「えらいほっそりしたね」と声をかけられるたびに、朝食をトマトにすることを勧めています。

 トマトは高血圧や高脂血症が心配な、私と同世代の人にこそ勧めたい食べ物だと思います。トマトを食べている私が元気な姿を見せることこそが、なによりも大きな説得力になるのではないかと思っています。

豊富なカリウムが高血圧を改善(里見英子クリニック院長 里見英子)

 ナトリウム(塩分)のとりすぎは血圧を上昇させる原因の一つです。トマトは、ナトリウムの排出を促すカリウムを豊富に含んでいるので、塩気の強い焼き魚をトマトに切り替えたことで大きく減塩でき、高血圧の正常化に役立ったのでしょう。また、トマトに含まれるリコピンは、病気や老化を防ぎ、脂肪の蓄積を抑える作用があります。ぜひ今後もトマトを食べて健康で若々しく過ごしてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt