医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

背中のぜい肉を取った方法は「焼きトマトダイエット」私は3ヵ月で21kg痩せ!

背中のぜい肉を取った方法は「焼きトマトダイエット」私は3ヵ月で21kg痩せ!

焼きトマトは、厚さ1cmくらいの輪切りにしたトマトを、オーブントースターで10分ほど焼くだけです。焼くことで、トマトのうま味と甘味が強くなるだけでなく、トマトの栄養成分である「リコピン」の吸収率もよくなるのだそうです。【体験談】田川由起子(仮名・主婦・36歳)


ドカ食いが止められずストレス太り

 学生時代には60kg台後半~70kg程度(身長は160㎝)だった体重が一気に跳ね上がったのは、24歳のときでした。
わずか1年の間に、70kgから105kgへと35kgも太ってしまったのです。

 原因は、ストレスでした。当時の私は、職場の人間関係に悩み、そのストレスからいくら食べても食欲が治まらない状態で、ドカ食いが止められませんでした。
毎晩のように、深夜に甘いものやカップラーメンを食べていたのですから、太るのも当然でした。

 会社を辞めたことでストレスから解放され、半年ほどで89kgまで体重は落ちましたが、それ以上やせなくなってしまいました。
けれども26歳のとき私は「今度こそ、絶対にやせよう!」と決意したのです。仕事を辞めて家にいる時間が増えたこともあり、短期集中でダイエットするには絶好のタイミングだと思えたからです。

 そこで、私が注目したのがトマトと納豆でした。トマトは、以前に知人から「焼きトマトがダイエットに効果的だよ」と聞いていて、納豆は美容や健康によいダイエット食品というイメージがあったからです。

 焼きトマトは、厚さ1cmくらいの輪切りにしたトマトを、オーブントースターで10分ほど焼くだけです。焼くことで、トマトのうま味と甘味が強くなるだけでなく、トマトの栄養成分である「リコピン」の吸収率もよくなるのだそうです。

 ダイエット中は、朝食にバナナやモモなどの果物、昼食に焼きトマトとキュウリ、納豆を食べ、夕食は抜いて水を飲むだけにしました。
さらに、スポーツクラブに通ってマシンエクササイズをこなしました。今思えば、かなりハードなダイエットでしたが、とにかく短期間でやせたい一心で頑張りました。

焼きトマトの作り方

トースターで10分焼くとトマトのうま味と甘味が強くなる

揚げ物、甘い物への欲求が起こりにくい

 食事量を極端に減らしたので、おなかが空かなかったわけではありません。ですが、焼きトマトと納豆の組み合わせは、カロリーや食べる量のわりには空腹感が起こりにくく、比較的、腹もちがよいと感じました。

 また、それまでの私と違い、肉や揚げ物、甘いものを食べたいという気持ちがあまり起こってこなかったのも不思議です。トマトと納豆を常食していたことで、嗜好が変わったのかもしれません。

 ダイエットを始めてから、最初の1ヵ月は週に2~3㎏、その後は週に1~1.5㎏のペースでやせていき、3ヵ月ほどで合計21kg減の68kgまで体重を落とすことができたのです。
ダイエット中も、お通じは良好で、肌が荒れたりカサカサになったりすることもありませんでした。短期間で集中してやせるこのダイエットは、私には合っていたのだと思います。

 その結果、背中のぜい肉が落ち、お尻も小さくなって、別人と見間違えられるほど後ろ姿がすっきりしました。
きつかったジーンズも余裕ではけるようになり、とてもうれしかったです。

無理なく健康的にダイエットができる(里見英子クリニック院長 里見英子)

 老化を防ぐ抗酸化物質「リコピン」が豊富なトマトと、優れたたんぱく質源である納豆は、とてもよい組み合わせです。
私もときどき、体重管理にトマトと納豆を活用しています。朝食をトマトと納豆と飲み物だけ、昼食に約700kcalの病院食、夕食は、食前にトマトと納豆を食べておいてその後は普通に食事を取るのです。こうすると、無理なく健康的にダイエットができます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

下半身太りや腰痛を引き起こす原因は「親指歩き」にあります。「4本指歩き」に変えれば正しい姿勢を保ちやすくなります。すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。「足の小指回し」で鈍くなった小指の神経をよみがえらせ、しっかりした4本指歩きができるようにしましょう。【解説】南雅子(整体エステ「ガイア」主宰)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)