医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)


解説者のプロフィール

柳澤英子
料理研究家。編集者。2011年、52歳のときに食を楽しむ独自の食事法を始め、1年後には26kg減の47kgに。その後、リバウンドもなく、炭水化物の制限をゆるめても太りにくい体質と健康をキープ。忙しい人でも苦にならずに作れる簡単レシピが好評。累計258万部超の大ヒットになった『やせるおかず 作りおき』など「やせおか」シリーズの最新刊は『冷凍からのレンチン!やせるおかず 作りおき』(小学館)。『酢トマトレシピ』(オレンジページ)も好評。J-オイルミルズ社「AJINOMOTOオリーブオイル エキストラバージン」CMに出演中。

●柳澤英子オフィシャルウェブサイト
http://eiko-yanagisawa.com/

失敗を繰り返した筋金入りのダイエッター

 私は子どもの頃からぽっちゃり体形で、エステにダイエット針、断食、ダイエットマシンなど、流行したダイエットは一通り試してきたと言ってもいいくらい、筋金入りのダイエッターでした。
料理研究家という仕事柄、食べるのも仕事のうちではありましたが、ダイエットでちょっとやせてはリバウンドするのをくり返し、体重は徐々に積み上がっていく一方だったのです。

 そして、体重が最高値を記録したのが、2011年、私が52歳のときでした。
当時の体重は73㎏(身長157㎝)で、体脂肪率は48%(50代女性の体脂肪率の標準は22~35%、41%以上は肥満とされる)、BMI(体格指数。18・5~25未満が普通。25以上が肥満)も29と、完全な肥満域に突入。

 体形だけではなく、体内の健康状態も悪化して、健康診断では総コレステロール値、肝機能値、尿酸値など、血圧以外のほとんどの項目で「要再検査」となったのです。
実感としても、疲れが取れずに常にだるさがつきまとい、歩くのもつらいので、ちょっとした距離もタクシーで移動していたほどでした。

 危機感を覚えた私は、本気でダイエットを決意しました。
でも、これまでの数かぎりない失敗の経験から、食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。

 そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。

同じ食事をしていた夫も12kgやせた

 もう一つ、意識したのは、無理なく続けられる工夫をすること。そこで大活躍したのが、お酢やレモン汁などの漬け汁に野菜や肉、魚などを漬けこむ「マリネ」という調理法です。
酢に漬けることで保存性が高まるので、時間に余裕のある週末に作りおきしておけば、仕事で忙しい日も、冷蔵庫から出してさっと食卓に並べるだけで食べられます。

 また、生野菜も酢に漬けるとカサが減ってたっぷり食べられるので、食物繊維がとりやすくなります。おまけに、煮たりゆでたりするよりも酵素を生かしたまま食べることができます。
お酢自体も、ドロドロ血液をサラサラにして血流をよくしたり、脂肪が燃えやすい体にしたり、腸内環境を整えたりする働きがあるそうです。

 太っていた頃はあまりすっぱいものが好きではなかった私ですが、酢漬け料理を食べているうちに、どんどんおいしく感じられるようになっていきました。

 さまざまな野菜や肉、魚を酢漬けにしていた中で、特に気に入ってよく作っていたのが、「酢トマト」です。
トマトには血糖値の上昇を抑えて脂肪をため込みにくくする働きがあるので、「やせる食べ方」にぴったり。
 また、酢トマトだけでもおいしく食べられるうえ、ちょっと加えるだけで肉や魚をおいしくする調味料としても大活躍してくれます。

 トマトは「グルタミン酸」といううま味成分が豊富なので、だしのように使えて塩分が控えられます。
しょっぱい味つけは、どうしてもご飯が進みやすくなるため、薄味にできる酢トマトで味つけすることで、糖質を食べすぎずに済むのもメリットです。

 こうした食事に変えた結果、体重は3ヵ月で12㎏、1年で26㎏と、おもしろいぐらいするするとやせて行きました。体脂肪率は半減し、服のサイズも15号から7号になったのです。
血液検査の数値も、軒並み正常化し、疲れにくくなって20㎞のウォーキングイベントにも参加するほど元気になりました。

 夫も同じおかずを食べていたのですが、肉や魚、野菜がたっぷり出てくるし、基本的に出されたものをおいしく食べるタイプのため、当初はダイエットを始めたことに気づかなかったほどだそうです。
ダイエットを意識していなかったのに、夫も1年で12㎏やせ、高かった血圧が下がったことに驚いていました。体が軽くなったことから、マラソンにも取り組んでいます。

「酢トマト」基本の作り方はこちら

やせる食べ方のルール

肌、髪も若返り白髪染めも不要になった

 美容効果、若返り効果が高いのも、酢トマトのうれしいところ。
以前は、粉が吹きそうなひどい乾燥肌に悩み、一式10万円もする高価なスキンケア化粧品に頼っていました。それが、体質から変わったようで、今ではドラッグストアの化粧品で十分なほど、しっとり潤ったツヤのある素肌になりました。

 髪質も明らかによくなっています。以前はパサパサして白髪も多かったのに、今はコシとツヤが増しました。白髪も髪をかき分けて探せば1、2本見つかる程度に減ったため、白髪を染める必要もなくなりました。

 酢トマトは、できれば毎日1~2回、いろいろなメニューにちょい足しして食べるのがお勧めです。
肉、魚の素材や和洋中の味つけを問わず、どんな料理にも合い、酢トマトをちょっと加えるだけで「やせる食べ方」のルールに合ったおかずになります。

 酢トマトは、うま味と酸味、塩分があるので、ポン酢代わりに考えると、レシピのアイディアが広がります。シンプルに冷や奴にかけたり、納豆に混ぜたりしてもおいしいですよ。
 別ページの酢トマト活用レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

酢トマト活用レシピ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

下半身太りや腰痛を引き起こす原因は「親指歩き」にあります。「4本指歩き」に変えれば正しい姿勢を保ちやすくなります。すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。「足の小指回し」で鈍くなった小指の神経をよみがえらせ、しっかりした4本指歩きができるようにしましょう。【解説】南雅子(整体エステ「ガイア」主宰)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)