【即効ツボ】股関節の痛みや違和感を「小指刺激」で治す方法

【即効ツボ】股関節の痛みや違和感を「小指刺激」で治す方法

小指刺激は、股関節の痛みや違和感を抱える人向けに考案したセルフケアです。小指刺激は、指切りげんまんをするときのように、両手の小指を深くからめて、小指の付け根を強く刺激するものです。この療法が股関節痛に効果的な理由を説明しましょう。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


両手の小指をからめて 刺激するだけ

 私は、鍼灸治療に加えて、手や指にあるツボを鍼などで刺激する「手指鍼」による施術を、20年以上前から治療に取り入れています。
 これまで研究してきた、国内外のさまざまな療法の中でも、手指鍼は即効性が高いのが特徴です。手や指を刺激するだけで全身の不調に対処でき、自分で簡単に触ることができるので、セルフケアとしても最適です。

 今回ご紹介する「小指刺激」は、手指鍼の考え方をベースに、股関節の痛みや動かしづらさなどの問題を抱える人向けに考案したセルフケアです。
 小指刺激は、指切りげんまんをするときのように両手の小指を深くからめて、小指の付け根を強く刺激するものです。この療法が股関節痛に効果的な理由を、簡単にご説明しましょう。

 手は、いわば「全身の縮図」です。手と指には、14本の経路(気と呼ばれる一種の生命エネルギーの通り道)が走っており、その流れに沿って、全身の臓器に対応するツボが345個も存在しています。また、手と指の各部分は、それぞれ全身の特定の部位に対応しています。

 体に不調がある場合、悪い部分に対応する手指の箇所やツボを刺激すると痛みを感じます。その刺激が脳に伝わって、病気や不調を改善する方向に働きます。私たち治療家は、こうした理論に基づいて、診断や治療を行うわけです。

小指の付け根が 股関節に対応している

 手の小指は、股関節からつま先までに対応します。先端が足のつま先に、付け根が股関節にあたります。小指刺激で、からめた小指同士が強くこすられる部分が、ちょうど股関節の治療ポイントにあたるわけです。

 手にある股関節の治療ポイントを刺激するだけならば、小指の付け根をもんだり押したりするだけでも、十分効果はあります。今回の小指刺激で、小指同士をからませてグリグリと強く刺激するのは、プラスアルファの効果を狙っているためです。

 小指は、指の中で最も筋力が弱く、血流も悪くなりがちな指ですが、全身の健康を考えると、とても重要な指です。
 小指は、体でいうと足全体に相当する上、心臓の働きに関係する経絡も走っています。小指をからめて強い力で動かす動作は、小指の筋力・血流アップと同時に、全身の血行促進、心肺機能や下半身の筋力強化などの効果も期待できるのです。

 小指をからめて強い力で動かすことで、股関節まわりの筋肉のバランスを整え、股関節周辺の血流を促す効果も期待できます。その結果、股関節の状態が整い、痛みが軽減したり、スムーズに動かせるようになったりすると考えられます。

両手の小指を 同じように刺激する

 最後に、行うさいのポイントについて説明しましょう。
 股関節に不調のある人は、小指の付け根を刺激すると強い痛みを感じ、小指を深く組むこともできない場合があります。その場合は無理せず、がまんできる程度の力で、少しずつ継続すると、改善に向かいます。

 小指刺激は、1日に何回でも、いつでも行って構いませんが、指が疲れない程度にしておきましょう。
 両手の小指を同じように刺激することも大切です。左右どちらかの股関節だけが痛む人も、悪いほうの足をかばううちに、両方の股関節を傷めることが多いので、左右バランスよく鍛えることが重要なのです。

 できれば、行う前に自分の股関節の痛みや動きの状態をチェックして、終了後の状態と比較してみることをお勧めします。
 正しく刺激すると、その日のうちに効果が出ますが、力の入れ具合や、指を動かす方向などによっても変わってくるので、コツがつかめるまで、1週間くらい続けてみましょう。
 小指刺激は、いつでもどこでも簡単にできるので、股関節に不安のある人は、ぜひ習慣にしてください。

松岡佳余子
 1948年和歌山県生まれ。アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師。電気鍼による治療、良導絡の開発者中谷義雄博士(医師)宅の住み込み弟子として、鍼灸修行をスタート。中国各地の中医薬大学、中医学院にて研修を行う。鍼灸をさらに発展させた手指鍼で、高い効果を上げる。さらに、それを応用した「手のひらバンド」を使うダイエットや、「足の裏バンド」を使った熟睡術など、独自の新療法の研究と後進の指導に専念している。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


股関節痛 ツボ

関連する投稿


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

「五つの基本運動」と、「股関節の痛みを和らげる運動」「股関節の可動域を広げる運動」をそれぞれ一つずつ、合計七つの運動を紹介します。変形性股関節症に悩んでいるかたは、必ずこの基本運動を行ってください。基本運動を毎日行うだけで、顕著な改善効果を得られたかたもめずらしくありません。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)