MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

いろいろな果物で作られるドライフルーツですが、なかでも手軽に食べられるのが干しブドウでしょう。それを酢に漬けた「干しブドウ酢」は、ほどよい酸味が加わっておいしくなるうえ、さまざまな健康効果が期待できます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)

解説者のプロフィール

平柳要(ひらやなぎ・かなめ)
●食品医学研究所
http://h-and-w.jp/

食品医学研究所所長。
東京大学大学院医学研究科修了。
ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学客員研究員、日本大学医学部准教授などを経て、食品医学研究所を設立。
科学的根拠に基づいた健康食品の研究、開発に携わる。

干しブドウと酢、それぞれの効能

いろいろな果物で作られるドライフルーツですが、なかでも手軽に食べられるのが干しブドウでしょう。
それを酢に漬けた「干しブドウ酢」は、ほどよい酸味が加わっておいしくなるうえ、さまざまな健康効果が期待できます。

まずは、干しブドウと酢、それぞれの主な健康効果を挙げてみましょう。

「干しブドウ」は糖尿病や高血圧改善に効果

干しブドウは、強い抗酸化作用(有害な活性酸素を消去する作用)を持つアントシアニンやレスベラトロールといったポリフェノールを豊富に含んでいます。
ポリフェノールは、血糖値の急な上昇を抑えたり、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの「効き」をよくしたりする作用があります。

干しブドウの作用を調べた研究論文では、「干しブドウは、2型糖尿病(糖尿病の大部分を占めるタイプ)の人の血糖値を下げる。また、食後の血糖値を上げにくくする」と報告されており、糖尿病の改善や予防に効果があるということです。

干しブドウには濃厚な甘味があるので、「糖尿病にはよくないのでは?」と思う人もいるかもしれません。
しかし、干しブドウには、その名前に反して、ブドウ糖はあまり含まれず、代わりに果糖が含まれています。
果糖は、ブドウ糖のように直接的に血糖値を上げないので、糖尿病の人でも比較的安心してとれます。
1日に干しブドウを10〜20粒とる程度なら問題ないでしょう。

また、干しブドウが血圧の改善効果をもたらすという研究結果もあります。
これは、血圧を下げる成分であるカリウムが、干しブドウに豊富に含まれているからです。

このほか、干しブドウには、便秘解消に役立つ食物繊維や、貧血の対策に有効な鉄分なども多く含まれています。

インスリンの効きをよくする「酢」の効果

一方、酢にも多彩な健康効果があります。
その中には、干しブドウと同じく、食後の血糖値の上昇を抑える効果や、インスリンの「効き」をよくする作用が含まれます。

2015年のギリシャ国立研究センターの研究論文では、2型糖尿病の人の筋肉細胞に対するインスリンの作用が改善され、ブドウ糖の取り込み方が上昇したと報告されています。

そもそも血糖値が高くなるのは、筋肉などの細胞の中にブドウ糖がうまく取り込めないからですが、酢はその取り込みをよくしてくれるのです。

また、2010年にミツカングループによって、酢には「血流をよくする作用がある」という論文が発表されました。
酢をとると、血管の内皮細胞から出ているNO(一酸化窒素)が増えます。

NOは血管の拡張作用を持つので、血流が促される効果があり、血流がよくなれば、高血圧の改善が期待できます。
この点も干しブドウと酢で共通しており、実際「干しブドウ酢を常食して高血圧が改善された」という声が多いようです。

これは、干しブドウと酢の相乗効果によるものでしょう。

便秘解消や疲労回復に優れた効果をもたらす「干しブドウ酢」

干しブドウ酢で、便秘が解消できたという声も非常に多く聞かれますが、これは干しブドウに豊富に含まれる食物繊維が便通をよくし、さらにポリフェノールと、酢の作用もかかわっていると思われます。

干しブドウのポリフェノールは、腸の中で酸を発生させます。
また、酢の主成分である酢酸も酸性なので、腸内のpH(酸・アルカリ度)は酸性寄りになります。

腸の中が酸性寄りになると、ビフィズス菌などの善玉菌がすみやすい環境となるのです。
干しブドウと酢が合わされば、豊富な食物繊維を含むうえ、腸内環境も酸性となり、整腸作用が活発化して、便秘の解消に大きな効果を発揮するというわけです。

また、酢はクエン酸の作用によって、優れた疲労回復効果をもたらします。
一方、干しブドウにも、速やかにエネルギー源になる果糖が多く含まれるので、干しブドウ酢をとることにより、素早い疲労回復をもたらしてくれるでしょう。

中性脂肪値の高い人は1日10粒が目安

さまざまな健康効果を持つ干しブドウ酢ですが、注意点もあります。
干しブドウには果糖が多いので、とりすぎると中性脂肪値を上げる危険性があります。

酢には中性脂肪値を下げる働きがあって中和されますが、そうはいっても中性脂肪値の高い人は干しブドウ酢をとりすぎないように、1日10粒程度にとどめるとよいでしょう。

「干しブドウ酢」の作り方は次の記事をご参照ください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt