医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

糖尿病を予防する最強コンビ【トマト味噌】レシピ

糖尿病を予防する最強コンビ【トマト味噌】レシピ

糖尿病の予防・改善にオススメな「トマトみそ」をご紹介します。トマトのうま味成分である「グルタミン酸」の働きでうま味が増し、自然な減塩ができることから、高血圧のかたにもピッタリ。抗酸化作用のあるリコピンやメラノイジンは熱に強く、加熱しても効果は落ちません。ぜひ継続して取り続けてください。【料理】古澤靖子


→【前の記事】「トマト味噌」基本の作り方

新タマネギとジャガイモのみそ汁

まずは、超定番のおみそ汁をトマトみそでつくってみよう!

●混ぜるだけのトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2
新タマネギ…1/4個
ジャガイモ…(中)1個
だし(カツオ、コンブ、煮干しなど好みで)…1¾カップ
乾燥ワカメ…小さじ1

【作り方】
❶タマネギは外皮と根を取り、ひと口大に切る。ジャガイモはよく洗って皮をむき、ひと口大に切る。
❷鍋にだしを入れて火にかけ、タマネギ、ジャガイモを加えて煮る。ジャガイモが軟らかくなったら、乾燥ワカメを加えひと煮する。
❸トマトみそを溶き入れ、汁椀に盛る。

エビのトマトみそ炒め

いつものエビチリが大変身!みその風味でコクとうま味がアップ

●混ぜるだけのトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2 
みりん…大さじ1
酢…小さじ1
ニンニク…1片
長ネギ…5cm
エビ(殻付き)…中8尾(200g)
ゴマ油…大さじ1/2
豆板醤…小さじ1

【作り方】
❶トマトみそにみりん、酢を合わせて、よく混ぜる。
❷ニンニク、長ネギは粗みじん切り。エビは尻尾を残して殻をむき、背に浅く切り込みを入れて背わたを取り除く。
❸フライパンにゴマ油、ニンニクを入れ火にかける。ニンニクのいい香りがしたら、豆板醤を加え、炒める。
❹豆板醤の香りが立ったら、エビを加え表面を軽く炒める。さらに①を加えて炒め合わせる。
❺ソースがエビに絡まったら長ネギを加え、ひと混ぜして器に盛る。

サバのトマトみそ煮

甘味、辛味、うま味が調和したワンランク上の味わいに

●基本のトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2
ショウガ(薄切り)…6枚
砂糖…大さじ2
酒…50ml
水…300ml
サバ(切り身。あれば骨つき)…2切れ(180〜200g)
スナップエンドウ…4本

【作り方】
❶鍋に、トマトみそ、ショウガ、砂糖、酒、水を入れ火にかける。
❷沸騰したら、さっと水で洗ったサバを入れ、落としぶたをして10分ほど中火で煮る。
❸ときどき煮汁をサバにかけながら、煮汁にとろみがつくまでさらに10分ほど煮る。
❹器に盛り、煮汁をかける。塩ゆでにしたスナップエンドウを添える。

ナスと豚肉のトマトみそ炒め

ご飯が進むこってり味のスタミナおかず

●基本のトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2
みりん…大さじ2
ナス…3本
ニンニク…1片
豚バラ肉…100g
ゴマ油…大さじ1

【作り方】
❶トマトみそにみりんを加え、溶いておく。
❷ナスは皮を縞目にむいて乱切りにし、薄い塩水(分量外)に5分ほどつける。ニンニクは粗みじん切りにする。豚バラ肉はひと口大に切る。
❸フライパンにゴマ油、ニンニクを入れ火にかける。ニンニクのいい香りがしたら、豚肉、ナスを加えて炒める。
❹ナスに油が十分に回ったら、ふたをしてときどき混ぜながら5〜6分蒸し焼きにする。
❺ナスが軟らかくなったら、①を加え、炒め合わせる。

料理・レシピ

料理研究家
古澤靖子(ふるさわ・やすこ)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


最新の投稿


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

梅干しを家庭で漬けなくなった大きな理由は、なにより手間暇がかかること、そして減塩志向の高まりによるものと思われます。そこで紹介したいのが私の考案した「無塩梅干し」です。塩に漬ける工程がないので塩分量はゼロ。しかもたった1日で作れる、魔法のような梅干しなのです。【解説】小島みち子(料理研究家)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)