医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

糖尿病を予防する最強コンビ【トマト味噌】レシピ

糖尿病を予防する最強コンビ【トマト味噌】レシピ

糖尿病の予防・改善にオススメな「トマトみそ」をご紹介します。トマトのうま味成分である「グルタミン酸」の働きでうま味が増し、自然な減塩ができることから、高血圧のかたにもピッタリ。抗酸化作用のあるリコピンやメラノイジンは熱に強く、加熱しても効果は落ちません。ぜひ継続して取り続けてください。【料理】古澤靖子


→【前の記事】「トマト味噌」基本の作り方

新タマネギとジャガイモのみそ汁

まずは、超定番のおみそ汁をトマトみそでつくってみよう!

●混ぜるだけのトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2
新タマネギ…1/4個
ジャガイモ…(中)1個
だし(カツオ、コンブ、煮干しなど好みで)…1¾カップ
乾燥ワカメ…小さじ1

【作り方】
❶タマネギは外皮と根を取り、ひと口大に切る。ジャガイモはよく洗って皮をむき、ひと口大に切る。
❷鍋にだしを入れて火にかけ、タマネギ、ジャガイモを加えて煮る。ジャガイモが軟らかくなったら、乾燥ワカメを加えひと煮する。
❸トマトみそを溶き入れ、汁椀に盛る。

エビのトマトみそ炒め

いつものエビチリが大変身!みその風味でコクとうま味がアップ

●混ぜるだけのトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2 
みりん…大さじ1
酢…小さじ1
ニンニク…1片
長ネギ…5cm
エビ(殻付き)…中8尾(200g)
ゴマ油…大さじ1/2
豆板醤…小さじ1

【作り方】
❶トマトみそにみりん、酢を合わせて、よく混ぜる。
❷ニンニク、長ネギは粗みじん切り。エビは尻尾を残して殻をむき、背に浅く切り込みを入れて背わたを取り除く。
❸フライパンにゴマ油、ニンニクを入れ火にかける。ニンニクのいい香りがしたら、豆板醤を加え、炒める。
❹豆板醤の香りが立ったら、エビを加え表面を軽く炒める。さらに①を加えて炒め合わせる。
❺ソースがエビに絡まったら長ネギを加え、ひと混ぜして器に盛る。

サバのトマトみそ煮

甘味、辛味、うま味が調和したワンランク上の味わいに

●基本のトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2
ショウガ(薄切り)…6枚
砂糖…大さじ2
酒…50ml
水…300ml
サバ(切り身。あれば骨つき)…2切れ(180〜200g)
スナップエンドウ…4本

【作り方】
❶鍋に、トマトみそ、ショウガ、砂糖、酒、水を入れ火にかける。
❷沸騰したら、さっと水で洗ったサバを入れ、落としぶたをして10分ほど中火で煮る。
❸ときどき煮汁をサバにかけながら、煮汁にとろみがつくまでさらに10分ほど煮る。
❹器に盛り、煮汁をかける。塩ゆでにしたスナップエンドウを添える。

ナスと豚肉のトマトみそ炒め

ご飯が進むこってり味のスタミナおかず

●基本のトマトみそ使用

【材料】(2人分)
トマトみそ…大さじ2
みりん…大さじ2
ナス…3本
ニンニク…1片
豚バラ肉…100g
ゴマ油…大さじ1

【作り方】
❶トマトみそにみりんを加え、溶いておく。
❷ナスは皮を縞目にむいて乱切りにし、薄い塩水(分量外)に5分ほどつける。ニンニクは粗みじん切りにする。豚バラ肉はひと口大に切る。
❸フライパンにゴマ油、ニンニクを入れ火にかける。ニンニクのいい香りがしたら、豚肉、ナスを加えて炒める。
❹ナスに油が十分に回ったら、ふたをしてときどき混ぜながら5〜6分蒸し焼きにする。
❺ナスが軟らかくなったら、①を加え、炒め合わせる。

料理・レシピ

料理研究家
古澤靖子(ふるさわ・やすこ)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

久しぶりにくびれができたボディラインを見たときは正直、感動しました。以来、「ここ最近、食べすぎてるな」とか、「体重増えたかな」と思うと、キュウリのすりおろしを食べて、体重コントロールに役立てています。普段の食生活にプラスするだけなので本当に簡単です。【体験談】まちゃまちゃ(タレント)


体が硬くてもできる!ポッコリ下腹解消ポーズの簡単なやり方

体が硬くてもできる!ポッコリ下腹解消ポーズの簡単なやり方

正座あおむけやその他のポーズを毎日行うと、肋骨の位置が上がり、それに伴って内臓も元の位置へ戻りやすくなります。すると、ポッコリ下腹やわき腹の肉のだぶつきが解消し、胃腸の調子も整い、肩や首のこりが解消します。【解説】チンパン(ブリージングストレッチ指導講師・ブリージング整体師)


私は「干しブドウ酢」を始めて2ヵ月で血圧が下がり始めた!正常値で安定中

私は「干しブドウ酢」を始めて2ヵ月で血圧が下がり始めた!正常値で安定中

酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


最新の投稿


重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

甘酒を寒天で固めてみたら大正解でした。甘酒だけよりも、圧倒的にお通じがよくなり、便の量や状態もいいのです。翌日から変化を実感し、1週間も経つと、腸が悪かったことを忘れるほど、快調になりました。トイレは数分でスッキリ。おならが頻繁に出ることも、頻尿もなくなりました。【体験談】上山直子(仮名・ウェブデザイナー・29歳)


【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

デコボコのついた舌を、漢方では「歯痕舌」といいます。この舌のむくみは、胃腸の水はけが悪く、水びたしになっている状態が舌に現れたもので、食べすぎや飲みすぎで胃腸が疲れている状態です。舌苔は、舌の粘膜を保護するという役目もありますから、ほどほどには必要です。【解説】平地治美(和光治療院・漢方薬局薬剤師・鍼灸師)


眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

あおむけになってひざを立て、自分のおなかを指で押してみてください。おなかが固くて、痛みを感じる場所がないでしょうか。痛みを感じるかたは、おなかの筋肉の緊張が不眠の主因かもしれません。そのような場合に、お勧めしたいセルフケア法があります。それが「わき腹ほぐし」です。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

久しぶりにくびれができたボディラインを見たときは正直、感動しました。以来、「ここ最近、食べすぎてるな」とか、「体重増えたかな」と思うと、キュウリのすりおろしを食べて、体重コントロールに役立てています。普段の食生活にプラスするだけなので本当に簡単です。【体験談】まちゃまちゃ(タレント)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)