医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

つま先重心のウォーキング療法「足指歩き」で低血圧も高血圧も改善!

つま先重心のウォーキング療法「足指歩き」で低血圧も高血圧も改善!

私たちの背骨はもともと、ゆるやかなS字状の曲線を描いています。この本来の曲線を保って立ち、歩くとき、上半身はほんのわずかに前傾し、重心は足のつま先側にかかります。このことからもわかるように、足の指を使って立つ・歩くのが、正しい人間本来の姿なのです。【解説】篠原裕喜(篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰)


解説者のプロフィール

篠原裕喜
篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰

●篠原整骨院「ウオーキング療法」
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
TEL 06-6971-4406
https://shinohara-seikotsu.com/

かかと重心の姿勢が痛みや不調の原因だった

 みなさんは、歩くときに「足の指」を意識していますか? おそらく、ほとんどのかたは何も考えずに、漫然と歩いているのではないでしょうか。
しかし、その普段の歩き方が、実は、さまざまな痛みや不調を引き起こす原因になるのです。

 私は、数多くの患者さんへの施術を通して、痛みの大半は、普段の歩き方や立ち方が原因で起こっていることに気づきました。
そこで、患者さんに歩き方や立ち方を指導しては、その結果を施術にフィードバックし、足の指を使って歩くウオーキング療法「足指歩き」を完成させました。

 この足指歩きをしてもらうと、腰痛やひざ痛などで「痛くて歩けない」と訴えていた人が、その場ですぐに痛みが和らぎ、5分、10分と続けて歩けます。そして、この歩き方を習慣化するうちに、つえが不要になって、慢性化していた痛みも起こらなくなります。

 よくなるのは、痛みだけではありません。頭痛、肩こり、冷え症、内臓の不調、生理痛、尿もれ、下半身太りなども改善します。
さらに、巻き爪、外反母趾、ウオノメ、たこ、かかとのひび割れといった足のトラブルも治ります。

 なぜなら、こうした問題の根本の原因は「間違った歩き方」にあるからです。
「よい姿勢で歩いてください」と言われたとき、みなさんはどうしますか。「背すじをまっすぐ伸ばして歩く」よう、意識するのではないでしょうか。

 実はそこが間違いのもとです。まっすぐに立とうと意識すると、多くの人は必要以上に胸を張ってしまい、上半身が後ろに反り返った姿勢になりやすいからです。
その姿勢のとき、重心はかかと側にかかります。「かかと側に重心がかかりすぎている姿勢」が、体のあちこちに余計な負担をかけて、慢性的な痛みや不調を引き起こす元凶になるのです。

 私たちの背骨はもともと、ゆるやかなS字状の曲線を描いています。この本来の曲線を保って立ち、歩くとき、上半身はほんのわずかに前傾し、重心は足のつま先側にかかります。
このことからもわかるように、足の指を使って立つ・歩くのが、正しい人間本来の姿なのです。

 また、足の親指の腹には、脳下垂体や松果体(松果腺)など、脳に対応する反射区(全身の臓器や器官に対応する部位)があります。

 松果体は、脳に存在する小さな内分泌器で、西洋医学では、メラトニンというホルモンの生産と分泌を行い、睡眠と覚醒のリズムをコントロールする体内時計の役割をしているといわれます。
 詳しいしくみは解明されていませんが、脳下垂体と松果体は互いに影響し合い、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の働きをよくしたり、血圧をコントロールしたりしているとも考えられています。

 ですから、足指歩きで足の親指が刺激されることで、脳が活性化すれば、自律神経の乱れが整い、あらゆる不調の改善につながるのです。

「呼吸が浅い」「体温が低い」「低血圧」といった、女性に多くみられる症状も、足指歩きを習慣化するうちに改善していきます。
呼吸が浅い人は呼吸が深くなり、酸素を多く取り込めるようになります。その結果、血流が改善し、体温が上がります。
さらに、低血圧の人は血圧が正常域まで上がり、反対に血圧が高い人は下がって安定します。

常に足の指に意識を向けて歩く

 では、足指歩きを実際にやってみましょう。
まずは、正しい立ち方です。直立して、かかとを少し上げてから着地しましょう。このとき、背中やお尻が後ろに逃げないように気をつけます。

 重心はかかとではなく、つま先です。足の指先に少し力を入れて、体をほんの少しだけ前方に傾けます。
背すじを伸ばしてまっすぐ立とうとすると、必要以上に胸を張ってしまうので、上半身が後ろに反らないよう注意しましょう。少しだけ前に傾いている状態です。

 この姿勢から、足の指に力を入れて、地面を蹴り出すように意識して歩きます。着地はかかとからではなく、足の指→指のつけ根→かかとの順になるように意識します。

 うまくできると、足音が小さくなります。ドタドタ足音がするのは、かかとに重心がかかっている証拠。忍者になったつもりで、足音をなるべく立てず、サッサッと歩きましょう。
また、家の中ではスリッパをはかないようにしましょう。悪い歩き方が助長されます。

 長い間の癖がなかなか抜けないかもしれませんが、「指先に重心をかける」「足の指に力を入れて地面を蹴る」の2点を意識して歩いてください。普段よりスムーズに歩けるのではないでしょうか。

 足指歩きをすると、太ももの内側の筋肉(内転筋)が疲れることがありますが、正しく歩けている証拠です。
内転筋が鍛えられると、バランスのよい姿勢が取れるようになり、関節の痛みが改善します。また、骨盤や股関節のゆがみが整うことで、下半身太りや尿もれの改善にもつながります。

 さまざまな症状に効果を発揮する足指歩きを、ぜひ今日から始めてください。

足指歩きのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

職場で使用しているスリッパを使って10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。【体験談】小原栄子(会社員・59歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)