【熱中症になったら】初期症状は だるい 眠気 頭痛 疲れた 夏バテではなく熱中症かも

【熱中症になったら】初期症状は だるい 眠気 頭痛 疲れた 夏バテではなく熱中症かも

気温が高い夏場は、汗をかいたり、体が熱くなったりするのは誰にでもある生理反応です。しかし、夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠い、眠気、頭痛、疲れ、頭がボーっとする)のときは、熱中症の可能性があります。熱中症の応急処置の方法と、重症化を防ぐ方法を紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


熱中症かどうかの見極めは自分でできますか?

大澤:
気温が高い夏場等、汗をかいたり、体が熱くなるのは誰にでもある生理反応です。
夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠気、頭がボーっとする)ときは注意が必要です。

涼しい環境に移動し、水分補給をしても症状が改善しないような場合は、放っておくと重症化する可能性があります。

また、赤ちゃんや子供の場合、自分の症状を伝えることができません。
普段と違う泣き方をする、尿の量が少ない、水分が取れないようなことがないかよく見てあげる必要があります。

高齢者の熱中症も年々増加傾向にあります。
気温の変化、喉が渇いたなど感覚機能の低下から自覚なしに症状が悪化することがありますので、周囲が気を配ることも大切なのです。

近くに熱中症と思われる人がいたら、どうすればいいでしょうか

意識がはっきりしている場合は、屋外にいるときであれば、木陰や涼しい場所へ、屋内であればエアコンの効いた部屋に移動させてください。

そして、衣類を緩めたり体温を下げるようにし、塩分の入った水分を補給し安静にしてください。めまいや立ちくらみの症状が落ち着いたら医療機関を受診してください。

意識がない場合は、命にかかわる重度の熱中症の恐れがあります。

すみやかに涼しい場所へ移動させ、救急車を呼んでください。
また救急車が到着するまで体を冷やすなどの処置を行ってください。

ズキズキする頭痛や吐き気などがある場合は点滴などの処置が必要になりますのですみやかに医療機関で治療を受けましょう。

また、意識がある場合でも38度以上の熱、水分が取れない、言動に異常が見られるなどがある場合は、処置が遅れると重症化する恐れがありますので救急車を呼び、医療機関で治療を受けて下さい。

応急処置での水分補給はどのように行えばいいですか

意識がはっきりとあり、自分で水分補給ができる場合、塩分(ナトリウム)を含む経口補水液やスポーツドリンクなどを少しずつ摂取していきましょう。

できれば、冷たいもののほうがよいでしょう。内部から体温を下げることができるので回復に効果が期待できます。
日本ではオーエスワンⓇ(OS-1)という経口補水液も普及していますので、そちらを選択しても良いでしょう。また市販のスポーツドリンクや味噌汁などの塩分を含んだ食事も有効です。

経口補水液やスポーツドリンクがその場にない場合は、水1リットルに対し1~2g程度の食塩を混ぜた食塩水で代用することができます。
また、そのままだと飲みづらいので、砂糖やハチミツを混ぜると飲みやすくなります。

なお、意識がない人に無理やり水を飲ませるのは、肺に水が入ってしまうことがあるため危険です。

応急処置で体を冷やすときはどのようにしたらいいですか?

大澤:
熱中症が疑われる場合、体を冷やすことがとても重要です。
衣類は首元や、ベルトを緩めるなど通気性をよくし、足元を高くして横になることで、脳への血流を促すことができ、重症化を予防できます。

効果的に体温を下げるために、ぬらしたタオルやハンカチでくるんだ保冷剤などを、太い血管が通っている首の前側・わきの下・足の付け根などを重点的に冷やすとよいでしょう。

大澤直人
2011年高知大学医学部卒業。
高知大学医学部附属病院老年病・循環器内科医師。
PADIスキューバダイビングインストラクター。
高知スクーバ・ダイビング安全対策協議会理事。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


熱中症 だるさ 頭痛

関連する投稿


【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

連日の猛暑が続き、熱中症のニュースが報じられています。夜、寝ているときもクーラーの使用が推奨されていますが、実はそこには危険な落とし穴があります。エアコン内部の「カビ」がもたらす弊害です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。【解説】松岡佳余子(アジアン・ハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

生のショウガに多く含まれているジンゲロールは、末梢の血管を拡張させて血行をよくし、体を温める効能があります。頭痛や吐き気を抑え、殺菌作用や胆汁の分泌を促進する作用があり、免疫力のアップ、抗ガン効果も確認されています。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)