MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【熱中症の初期症状は?】頭痛・だるい・眠気などの夏バテに似た症状に注意

【熱中症の初期症状は?】頭痛・だるい・眠気などの夏バテに似た症状に注意

気温が高い夏場は、汗をかいたり、体が熱くなったりするのは誰にでもある生理反応です。しかし、夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠い、眠気、頭痛、疲れ、頭がボーっとする)のときは、熱中症の可能性があります。熱中症の応急処置の方法と、重症化を防ぐ方法を紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)

熱中症かどうかの見極めは自分でできますか?

大澤:
気温が高い夏場等、汗をかいたり、体が熱くなるのは誰にでもある生理反応です。
夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠気、頭がボーっとする)ときは注意が必要です。

涼しい環境に移動し、水分補給をしても症状が改善しないような場合は、放っておくと重症化する可能性があります。

また、赤ちゃんや子供の場合、自分の症状を伝えることができません。
普段と違う泣き方をする、尿の量が少ない、水分が取れないようなことがないかよく見てあげる必要があります。

高齢者の熱中症も年々増加傾向にあります。
気温の変化、喉が渇いたなど感覚機能の低下から自覚なしに症状が悪化することがありますので、周囲が気を配ることも大切なのです。

近くに熱中症と思われる人がいたら、どうすればいいでしょうか

意識がはっきりしている場合は、屋外にいるときであれば、木陰や涼しい場所へ、屋内であればエアコンの効いた部屋に移動させてください。

そして、衣類を緩めたり体温を下げるようにし、塩分の入った水分を補給し安静にしてください。めまいや立ちくらみの症状が落ち着いたら医療機関を受診してください。

意識がない場合は、命にかかわる重度の熱中症の恐れがあります。

すみやかに涼しい場所へ移動させ、救急車を呼んでください。
また救急車が到着するまで体を冷やすなどの処置を行ってください。

ズキズキする頭痛や吐き気などがある場合は点滴などの処置が必要になりますのですみやかに医療機関で治療を受けましょう。

また、意識がある場合でも38度以上の熱、水分が取れない、言動に異常が見られるなどがある場合は、処置が遅れると重症化する恐れがありますので救急車を呼び、医療機関で治療を受けて下さい。

応急処置での水分補給はどのように行えばいいですか

意識がはっきりとあり、自分で水分補給ができる場合、塩分(ナトリウム)を含む経口補水液やスポーツドリンクなどを少しずつ摂取していきましょう。

できれば、冷たいもののほうがよいでしょう。内部から体温を下げることができるので回復に効果が期待できます。
日本ではオーエスワンⓇ(OS-1)という経口補水液も普及していますので、そちらを選択しても良いでしょう。また市販のスポーツドリンクや味噌汁などの塩分を含んだ食事も有効です。

経口補水液やスポーツドリンクがその場にない場合は、水1リットルに対し1~2g程度の食塩を混ぜた食塩水で代用することができます。
また、そのままだと飲みづらいので、砂糖やハチミツを混ぜると飲みやすくなります。

なお、意識がない人に無理やり水を飲ませるのは、肺に水が入ってしまうことがあるため危険です。

応急処置で体を冷やすときはどのようにしたらいいですか?

大澤:
熱中症が疑われる場合、体を冷やすことがとても重要です。
衣類は首元や、ベルトを緩めるなど通気性をよくし、足元を高くして横になることで、脳への血流を促すことができ、重症化を予防できます。

効果的に体温を下げるために、ぬらしたタオルやハンカチでくるんだ保冷剤などを、太い血管が通っている首の前側・わきの下・足の付け根などを重点的に冷やすとよいでしょう。

解説者のプロフィール

大澤直人
2011年高知大学医学部卒業。
高知大学医学部附属病院老年病・循環器内科医師。
PADIスキューバダイビングインストラクター。
高知スクーバ・ダイビング安全対策協議会理事。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt