【熱中症の初期症状は?】頭痛・だるい・眠気などの夏バテに似た症状に注意

【熱中症の初期症状は?】頭痛・だるい・眠気などの夏バテに似た症状に注意

気温が高い夏場は、汗をかいたり、体が熱くなったりするのは誰にでもある生理反応です。しかし、夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠い、眠気、頭痛、疲れ、頭がボーっとする)のときは、熱中症の可能性があります。熱中症の応急処置の方法と、重症化を防ぐ方法を紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


熱中症かどうかの見極めは自分でできますか?

熱中症の症状と受診の目安

大澤:
気温が高い夏場等、汗をかいたり、体が熱くなるのは誰にでもある生理反応です。
夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠気、頭がボーっとする)ときは注意が必要です。

涼しい環境に移動し、水分補給をしても症状が改善しないような場合は、放っておくと重症化する可能性があります。

また、赤ちゃんや子供の場合、自分の症状を伝えることができません。
普段と違う泣き方をする、尿の量が少ない、水分が取れないようなことがないかよく見てあげる必要があります。

高齢者の熱中症も年々増加傾向にあります。
気温の変化、喉が渇いたなど感覚機能の低下から自覚なしに症状が悪化することがありますので、周囲が気を配ることも大切なのです。

近くに熱中症と思われる人がいたら、どうすればいいでしょうか

意識がはっきりしている場合は、屋外にいるときであれば、木陰や涼しい場所へ、屋内であればエアコンの効いた部屋に移動させてください。

そして、衣類を緩めたり体温を下げるようにし、塩分の入った水分を補給し安静にしてください。めまいや立ちくらみの症状が落ち着いたら医療機関を受診してください。

意識がない場合は、命にかかわる重度の熱中症の恐れがあります。

すみやかに涼しい場所へ移動させ、救急車を呼んでください。
また救急車が到着するまで体を冷やすなどの処置を行ってください。

ズキズキする頭痛や吐き気などがある場合は点滴などの処置が必要になりますのですみやかに医療機関で治療を受けましょう。

また、意識がある場合でも38度以上の熱、水分が取れない、言動に異常が見られるなどがある場合は、処置が遅れると重症化する恐れがありますので救急車を呼び、医療機関で治療を受けて下さい。

応急処置での水分補給はどのように行えばいいですか

意識がはっきりとあり、自分で水分補給ができる場合、塩分(ナトリウム)を含む経口補水液やスポーツドリンクなどを少しずつ摂取していきましょう。

できれば、冷たいもののほうがよいでしょう。内部から体温を下げることができるので回復に効果が期待できます。
日本ではオーエスワンⓇ(OS-1)という経口補水液も普及していますので、そちらを選択しても良いでしょう。また市販のスポーツドリンクや味噌汁などの塩分を含んだ食事も有効です。

経口補水液やスポーツドリンクがその場にない場合は、水1リットルに対し1~2g程度の食塩を混ぜた食塩水で代用することができます。
また、そのままだと飲みづらいので、砂糖やハチミツを混ぜると飲みやすくなります。

なお、意識がない人に無理やり水を飲ませるのは、肺に水が入ってしまうことがあるため危険です。

応急処置で体を冷やすときはどのようにしたらいいですか?

大澤:
熱中症が疑われる場合、体を冷やすことがとても重要です。
衣類は首元や、ベルトを緩めるなど通気性をよくし、足元を高くして横になることで、脳への血流を促すことができ、重症化を予防できます。

効果的に体温を下げるために、ぬらしたタオルやハンカチでくるんだ保冷剤などを、太い血管が通っている首の前側・わきの下・足の付け根などを重点的に冷やすとよいでしょう。

解説者のプロフィール

大澤直人
2011年高知大学医学部卒業。
高知大学医学部附属病院老年病・循環器内科医師。
PADIスキューバダイビングインストラクター。
高知スクーバ・ダイビング安全対策協議会理事。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


熱中症 だるさ 頭痛

関連する投稿


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)