医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

椎間板ヘルニアの痛みとしびれが「足指歩き」で改善!血圧も下がった

椎間板ヘルニアの痛みとしびれが「足指歩き」で改善!血圧も下がった

篠原先生からは、まずは立つときの姿勢の指導を受けました。足の指に力を入れ、重心を前に置くと、少し体が前傾します。普段からこの姿勢を意識するといいそうです。驚いたのが、この姿勢をとると、腰の痛みが一瞬で和らぐことです。思わず「たったこれだけで痛くない!」と叫んでしまったほどでした。【体験談】高橋泉美(仮名・店員・48歳)


「たったこれだけで本当に痛くない!」

 2015年の6月のことです。急に左足首から太ももまでに激痛が走り、しだいに足裏からお尻の辺りまで、ピリピリしたしびれが広がり始めました。
 整形外科で検査したところ、椎間板ヘルニア(背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が飛び出した状態)と診断されました。

 左足の痛みとしびれは耐えがたいものでした。当時、居酒屋で仕事をしていましたが、立ち上がることすらできず、仕事は長期で休むことになりました。
 医師からは手術を勧められましたが、手術は避けたかったので、神経ブロック注射を2回腰に打ちました。症状は多少は軽減したものの、痛み止めを飲んでいても、鈍い痛みとしびれは続きます。針治療にも3ヵ月通いましたが、期待するほどの効果はありませんでした。

 そこで「もう自力で探すしかない」と、インターネットで調べて篠原整骨院のことを知り、すぐに行くことにしました。その年の8月末のことです。

 篠原裕喜先生からは、まずは立つときの姿勢の指導を受けました。足の指に力を入れ、重心を前に置くと、少し体が前傾します。普段からこの姿勢を意識するといいそうです。

 驚いたのが、この姿勢をとると、腰の痛みが一瞬で和らぐことです。思わず「たったこれだけで痛くない!」と叫んでしまったほどでした。
 続けて、足指歩きのやり方を教わりました。先生の言うとおりに歩いてみると、痛みがほとんどありません。その瞬間、「この苦しみから救ってくれる唯一の光は、足指歩きしかない」と思いました。

 とはいえ、典型的なネコ背の私にとって、かかとに重心がくる今までの歩き方を変えるのは、大変なことです。そこでまずは、足の指に意識を向けることから始めました。自宅に「足」と書いた紙をあちこちにはり、歯を磨くときも、足の指に重心がくる姿勢をキープします。

 こうして1ヵ月たった頃には、足の指に力が入り始め、軽い痛みはあるものの、しびれは治まり、仕事に復帰できるまでに回復しました。
 ただ、気を抜くと、かかと側に重心がきてしまいます。そこで仕事中も、足の親指と人さし指の間に外反母趾用のジェルクッションを挟んだり、かかとにボタンをはったりするなどして、足の指に重心がいくようにしました。

 こうした結果、半年ほどで、意識しなくても普段から足指歩きができるようになりました。それと同時に、左足の痛みもしびれもなくなり、痛み止めが不要になったのです。

足指歩きのやり方

降圧剤を飲まなくても血圧が安定している

 さらに、足指歩きで高血圧も改善しました。
7年ほど前に「高血圧」と診断されてから、ずっと降圧剤を飲み続けてきましたが、薬を飲んでいても、最大血圧が130〜140㎜Hg、最小血圧が80㎜Hgと、やや高めの状態でした。

 それが、足指歩きを始めて1年で、降圧剤を飲まなくても、最大血圧が120㎜Hg、最小血圧が70㎜Hgくらいで安定するようになったのです(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)。

 また、夏でも靴下をはかないと寝られないほどの冷え症で、体温も平熱が35・7℃と低く、そのせいか、インフルエンザやカゼにかかりやすくて、たびたび内科に通っていました。
 それが、足指歩きを始めて1年で、平熱も36・5℃まで上がり、冬場でも歩くだけで汗をかくほどになり、病気も一切しなくなりました。

 このように、すごい効果があったので、夫や2人の娘たちにも足指歩きを勧めて、実践してもらっています。おかげで家族全員、健康に過ごせています。

体温が上がり冷え症も解消!

足指歩きをするとネコ背も伸びる(篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰・篠原裕喜)

 ネコ背の人はもれなく、かかとに体重がかかりすぎています。
足指歩きをすることによって、足への体重のかかり方のバランスが整ってくると、自然と姿勢もよくなり、それに伴って、痛みも改善してきます。
 また、足指歩きは、血圧の安定にも役立ち、血圧が低すぎる人は上がり、高すぎる人は下がります。血圧でお悩みのかたは、ぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


【ポリ袋と鍋一つで真空調理】高血圧対策の減塩レシピを大公開

【ポリ袋と鍋一つで真空調理】高血圧対策の減塩レシピを大公開

「ポリ袋レシピ」は、材料をポリ袋に入れて湯せんするだけの、家庭版「真空調理法」。味が染み込みやすく、調味料がほんの少しで済むため、減塩しても料理のおいしさを損なうことがありません。健康的なメニューを、鍋1つで複数作れて、後片づけもラクラク!【解説/料理指導/製作】川平秀一(フードデザイン研究所所長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)