医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

“足指の間”に体の調律点を発見!痛いところを押すだけで症状を改善

“足指の間”に体の調律点を発見!痛いところを押すだけで症状を改善

足の指と指の間である「足の指のまた」に体の調律点があり、刺激すると諸症状が改善するとされています。足の指は5本あるので、指のまたは4ヵ所。その4ヵ所で、それぞれ対応する症状が異なります。痛みを感じる、などの部分が問題点です。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)


解説者のプロフィール

松森有紀
整体サロン・リーラ院長。
整体師。運動療法士。バスケットボールのインターハイ選手として活躍する一方、さまざまなケガや病気をきっかけに野口整体に出合い、生涯の仕事にすることを決意。女性に多い、産後の腰痛や、肩こり、頭痛、更年期などを、骨盤のゆがみを中心に施術を行う。現在は名古屋で施術とともにセミナーや講座を定期的に開催し人気を博している。

●整体サロン・リーラ
https://ameblo.jp/naturabo/

足の指と指の間を手の指で押すだけ

 私は、薬に頼らない体、いつまでも元気な毎日を過ごせる体づくりをモットーとして、日々、患者さんを施術しています。

 私が治療のベースにしている野口整体(整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論)では、足の指と指の間である「足の指のまた」に体の調律点があり、刺激すると諸症状が改善するとされています。
足の指のまたは自分でも刺激できるので、セルフケアとして役立ちます。今回はそのやり方をご紹介しましょう。

 まずは、手の親指の先を足の甲側、手の中指の先を足の裏側に当て、2本の指で挟むようにして、足の指の骨と骨の間を押します。もう片方の手の親指と中指をすでに押している指に添えて押すと、より力が入り有効です(やり方は下記参照)。

 足の指と指の間のまたの部分から甲に向かって押していき、硬くなっている、骨と骨の間が狭くなっている、痛みを感じる、などの部分が問題点です。その部分を、骨と骨の隙間を広げるように押していきます。

指のまたそれぞれに対応する症状がある

第1指(親指)と第2指の間は「頭」に関する調律点

 足の指は5本あるので、指のまたは4ヵ所。その4ヵ所で、それぞれ対応する症状が異なります。

 第1指(親指)と第2指の間は「頭」に関する調律点です。
仕事や勉強で頭を使って疲れたときなどは、このポイントを押すと頭が休まります。また、ストレスでイライラしているときなど、頭の神経が過敏になっているときも、このポイントを押すとよいでしょう。

第2指と第3指の間は「肝臓」の調律点

 第2指と第3指の間は「肝臓」の調律点です。肝臓は右側にあるので、右足の指のまたを押しましょう。
ここが硬くなったり狭くなっていたりすると、肝臓の働きが弱まり、血液の質が悪くなっています。血液の質が悪くなると現れる代表的な症状は、じんましん、アトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそくなどのアレルギー症状です。これらは、血中の汚れを体から排泄するために起こっている症状なのです。

 私も一度、顔や全身にじんましんが出て、1日仕事を休まざるをえなくなったことがあります。そのとき、徐々に温度を上げて、発汗を促す入浴法を行うとともに、足の第2指と第3指の間を押したところ、じんましんが治り、翌日から仕事を再開することができました。

 血液の質が悪くなるということは、糖尿病、高コレステロール血症などをはじめとする生活習慣病にもつながります。患者さんの中には、施術を続けるうちに、血糖値やコレステロール値が下がった人もいました。
ただし、野口整体では薬は血液を汚すといわれており、薬を服用している人は、第2指と第3指の間を押しても効果が得にくい傾向にあるようです。

第3指と第4指の間は「冷え」の調律点

 第3指と第4指の間は「冷え」の調律点です。
この間が硬くなったり狭くなったりしている人は、自覚の有無にかかわらず、体が冷えています。冷えは、腰痛、ひざ痛、生理痛などの痛みや、カゼ、むくみなどを引き起こします。

 冷えがある人は、足の指のまたを押した後、足湯をするとより効果的です。43℃くらいのお湯に、くるぶしまでつけて10分ほど足を温めてください。

第4指と第5指(小指)の間は「目」の調律点

 第4指と第5指(小指)の間は「目」の調律点です。
疲れ目、ドライアイ、視力低下、緑内障(視野が欠けたり狭くなったりする病気)などに効果的なポイントです。症状のある側の足の指を押します。

 ここを押すと、施術後に「目が見えやすくなった」という人や、自分でも継続的に押していたら、「視力が回復してメガネがいらなくなった」という人がいました。
また、緑内障の人は、右目と左目のまぶたを手で軽く押さえると、眼圧の高い側のまぶたが硬く感じたりします。そこで、硬いほうの足の指(右目なら右足)の第4指と第5指のまたを押してから、もう一度目を押さえると、眼圧が下がり、左右差がなくなることがあります。

 前述のとおり、肝臓は右足の指、目は症状のある側の足の指のまたを押しますが、それ以外は、押してみて骨と骨の間が狭くなっていたり、痛みのある側の足を押します。時間があれば両足をやってもかまいません。

 1日のうち、いつ、何回やっても大丈夫です。痛くなくても押しているうちにジワーッと痛みが出てくることがあるので、1ヵ所につき1分以上は押しましょう。
慢性的な症状だけではなく、突発的な症状にも有効です。皆さんも、お困りの症状に対応する指のまたをぜひ押してみてください。

指の股押しのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)


治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)


【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

腕ふりはどんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは原因のわからない目の不調です。最近「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


【酢キャベツ体験談】高かった私の血圧と夫の血糖値が基準値で安定!

【酢キャベツ体験談】高かった私の血圧と夫の血糖値が基準値で安定!

私は、現在74歳。年齢も年齢なので、日々、健康管理には気をつけています。特に気になっているのは、血圧でしょうか。きっかけは、3年前に受けた健康診断です。最大血圧が150㎜Hg近くあり、基準値を上回っていました。【体験談】中西三枝子(74歳・主婦)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)