医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

「足の小指だけを動かすことができますか?」そんなふうに尋ねると、たいていの人は驚きます。「え?足の小指だけが動かせるんですか?」と。もちろん、動きます。私は小指だけを曲げることができます。やろうと思えば、足の小指でスマートフォンを操作して、メールだって送れます。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院代表)


解説者のプロフィール

木方功(きかた・いさお)
●ありがとう鍼灸整骨院
大阪府茨木市舟木町5-3 シャルマンコートMORI101
TEL 072-638-5777
https://www.kikata.jp/
ありがとう鍼灸整骨院代表。
日本フットケア整体協会理事。
足指の症状(外反母趾・巻き爪・浮き指など)の治療講師として全国30院以上の先生に施術を指導している。
足の指、なかでも小指の働きに着目し、独自の「小指健康法」を考案。
「足指ソムリエ」として、テレビや雑誌などのメディアで、足の小指の大切さを伝えている。

足の小指だけを動かすことができますか?

「足の小指だけを動かすことができますか?」そんなふうに尋ねると、たいていの人は驚きます。
「え?足の小指だけが動かせるんですか?」と。

もちろん、動きます。
私は小指だけを曲げることができます。
やろうと思えば、足の小指でスマートフォンを操作して、メールだって送れます。

私の治療院では、5年ほど前から、外反母趾や巻き爪といった足の指の症状に特化して、治療にあたっています。
以前は全身の症状をみていましたが、ひざ痛や腰痛、首の痛み、肩こり、頭痛などの症状に悩まされている人の多くが、足の指に問題を抱えていることがわかりました。

そこで足の指に注目し、腰や肩、ひざの治療のさいにも、足の指からアプローチするようになったのです。
巻き爪が改善したお客さまから、「巻き爪がよくなったら、腰痛もよくなりました」と言われたこともきっかけでした。

今では「足指ソムリエ」の肩書きで、当院独自の施術「足指復元整体」を行っており、関西一円はもちろん、遠くは沖縄や海外からお客さまが来られることもあります。
当院に来院されるかたの約3割は、すでに他院での施術を受けています。

痛みやゆがみの原因は「足の指」にあった


痛みのあるところを施術してもらったり、体のゆがみを矯正してもらったりしたにもかかわらず、症状が改善しなかったのはなぜでしょう。
体のゆがみだけを改善しても、ゆがみの原因を解決していなければ、生活しているうちに、またゆがんで痛みが出てくるのは当然です。

では、そのゆがみは、どこから来るのでしょう。
もうおわかりですね。
体の基礎・基盤である足がゆがむことで、ひざ、腰、肩、首など、上もゆがんでいくのです。

特に、足の指がしっかり使えていないと、体がゆがみやすくなります。
そして、足の指の中でも、最も重要なのが小指です。

当院では、足の指の機能を復元することで、ゆがみが起こらない体を作り、そこからゆがんでいる箇所を改善していきます。
と同時に、正しい歩き方や姿勢などを指導し、ご自宅でできるセルフケアをお教えしています。

足の指が開かない人、小指が動かせない人は、今回ご紹介するエクササイズを行ってください。
足の小指がしっかり使えるようになると、体が安定し、ひざや腰の痛みなどは、目に見えてよくなるはずです。

足の指が使えていないと体がゆがむ!

足の指できちんと地面をつかめている状態。
体の基礎が安定しているので、骨盤や肩、首などにゆがみが出にくい。

足の指がうまく機能していないと、足の裏が全身を支えきれず、それをカバーするために体にゆがみが生じる。

現代人の多くは「足の小指」が使えていない!

私たちが立ったり歩いたりするとき、足の親指と小指、かかとの3点でバランスを取り、全身を支えています。
着地するさいには、足指が地面をつかむように広がります。

しかし、現代人の多くは、足指で地面をつかむ動きができません。
靴の中の指は丸く縮こまったままで、本来の機能を果たすことなく歩いているのです。

先の細いハイヒールなどをはく女性の中には、足の小指が隣の指にぴったりくっついた状態で固まっている人も少なくありません。
これでは、ますます指は動かなくなってしまい、地面をしっかりつかむことはできません。

足の小指がきちんと使えないと、踏ん張りがきかず、重心が外側に傾いていきます。
このアンバランスな状態で歩いているうちにO脚になり、ひざ痛を引き起こすのです。

小指が動けば膝にかかる負担が減る

また、足の小指が使えていないと、足裏の正しいアーチが作られず、歩いたときの衝撃が大きくなり、ひざに悪影響を及ぼします。
そこで、小指のエクササイズとしてお勧めしているのが、「小指ひっぱり」と「ゴルフボールつかみ」です。

小指ひっぱりとは、動きが悪くなっている足の小指を手の指でひっぱり、ピンと弾くように離して刺激するものです。
片足につき1~2分、毎日行うといいでしょう。

ゴルフボールつかみは、素足でイスに座り、足の指でゴルフボールをつかむだけです。
親指側と小指側、それぞれでやってみましょう。

初めはボールをつかめなくても、持ち上げられなくても大丈夫です。
大切なのは、つかむ動作をして、しっかり指を動かすことです。

夜寝る前に片足ずつ、各5分、集中して行うといいでしょう。
ひざの変形がある場合は、変形を治すことは難しいですが、足の親指と小指、かかとの3点でバランスよく立てるようになると、ひざにかかる負担を減らし、歩きやすくすることは可能です。

ひざ痛以外にも、巻き爪、O脚、足のむくみ、冷え症、股関節痛、足のしびれ、腰痛、肩こり、頭痛などの症状に改善が見られたと、お客さまがたからご報告をいただいています。

小指のエクササイズが必要なのは、関節が気になる中高年のかただけではありません。
外反母趾や巻き爪、O脚などは、見た目の美しさにも影響します。
美容の面からも、予防のために今から始めてください。

また、近年「浮き指」の子どもが急増しています。
足の指がしっかり使えず、正しい姿勢や正しい歩き方が身に付いていないと、将来に影響しますので、ぜひ、お子さんやお孫さんと一緒に、ご家庭で小指のエクササイズに取り組んでください。

【やり方】足の小指を鍛えるエクササイズ

足の小指ひっぱりのやり方

足の小指を手でしっかりつかみ、やや痛みを感じる程度の力でひっぱり、ピンとはじくように離す。
これを1~2分程度くり返す。
※基本的に両足に行う。

ゴルフボールつかみのやり方

素足になってイスに座り、足の指でゴルフボールをつかむ。
足の親指側と小指側、それぞれで行う。
夜寝る前に片足ずつ、各5分、集中して行うとよい。

※目を閉じた状態で行うと、また感覚が変わる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


膝痛

関連する投稿


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


ひざ痛を「綿棒1本」で解消する方法 ぐるぐる円を描いてまずは筋肉をほぐす!

ひざ痛を「綿棒1本」で解消する方法 ぐるぐる円を描いてまずは筋肉をほぐす!

私が考案した「一指法整体」は、人さし指1本で筋肉のコリをほぐし、骨格のゆがみを取ることで、体の不調を解消する治療法です。人さし指を筋肉のこっているところに軽く押し当て、ぐるぐる円を描くように動かします。鍼に近い効果で、力を入れずにほぐすことができます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋代表)


【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


【トリガーポイント療法とは】体中のあらゆる慢性痛を“筋肉”から治す治療法

【トリガーポイント療法とは】体中のあらゆる慢性痛を“筋肉”から治す治療法

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)