MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
チャンピサージ「脳マッサージ」の効果 筋膜を緩め全身の痛みを和らげる

チャンピサージ「脳マッサージ」の効果 筋膜を緩め全身の痛みを和らげる

脳の静脈に鬱滞が起きると、脳脊髄液とリンパ管など全身の循環に大きな影響が及び、さまざまな病気や不調の原因となるのです。脳マッサージで帽状腱膜を動かせば、全身の筋膜が緩むので、全身の痛みの緩和も可能です。【解説】上馬場和夫(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科教授・医学博士)

解説者のプロフィール

上馬場和夫
帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科教授・医学博士。
1982年、広島大学医学部卒業。日本統合医療学会認定統合医療指導医。日本補完代替医療学会学識医。L.C.I.C.I. JAPAN 顧問。アーユルヴェーダとヨーガを中心に中国医学、現代医学なども融合させた治療や研究を行っている。著書多数。

全身の「循環」を促す理にかなった手技

脳マッサージ」と紹介されている「チャンピサージ」のルーツは、古代インドからの伝統医学であるアーユルヴェーダにあります。
アーユルヴェーダを含む東洋医学と、現代西洋医学の治療には、1つの大きな共通点があります。

それは「循環の促進」です。
生体における循環とは、「血管系」「リンパ管系」「脳脊髄液系」の3つの流れです。

これらの循環をよくするためには、静脈へのアプローチが最も効果的です。
静脈血がうまく流れて心臓に帰れば、心臓から、じゅうぶんな血液が動脈へ流れます。

また、リンパ液や脳脊髄液も最終的には静脈に流れ込みます。
静脈はいわば、全身の循環のハブ。

正常な循環を保つには、静脈の流れが重要というわけです。
特に脳は、心臓から送り出された血液のうち約15%が流れ込みます。

脳の静脈に鬱滞が起きると、脳脊髄液とリンパ管など全身の循環に大きな影響が及び、さまざまな病気や不調の原因となるのです。
脳の静脈の鬱滞を防ぎ、全身の正常な循環を促す方法の1つが「脳マッサージ」です。

頭蓋骨内の静脈は、頭蓋骨を貫く「導出静脈」を介して、頭皮の静脈とつながります。
導出静脈は、特に頭頂部や後頭部に多く存在します。

脳マッサージは、頭部全体の導出動脈を刺激できるので、脳の静脈の鬱滞防止に効果的と考えられます。

頭皮をほぐすと全身のこり、痛みが消える

ところで私たちの筋肉は、筋膜という薄い組織に包まれています。
筋膜は頭から脚まで全身タイツのように張りめぐらされ、連鎖しあいます。

頭部の筋肉も「帽状腱膜」という筋膜に包まれています(下図参照)。

しかし帽状腱膜は、加齢やストレスによって弾力を失ったり(萎縮)、腱膜の腺維どうしが硬くくっついたりしがちです(癒着)。

こうなると、帽状腱膜がつながっている全身の筋膜も硬くなり、肩こりや腰痛や関節痛など、こりや痛みが発症します。
脳マッサージで帽状腱膜を動かせば、全身の筋膜が緩むので、全身の痛みの緩和も可能です。

なお、マッサージの前に行う深呼吸には、脳の血流を促し、老廃物を一掃する効果もありますので、ていねいに行ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この記事のエディター
関連するキーワード
関連記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル