【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

「指そらし」で脳の血流が激増して物忘れがなくなり会話がすれ違う認知症も大改善!仕事の効率アップ!どこか調子が悪いと、そこだけに目を向けがちですが、人間は部分で生きているのではない。体全体がつながっていて、互いに影響し合いながらバランスを取っています。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


樋田和彦
医学博士。日本ホリスティック医学協会顧問。IMUNET(統合医療利用者ネットワーク)代表。日本高麗手指鍼療法学会名誉会長。西洋医学や東洋医学にしばられることなく、「こころとからだ」を全人的に診る統合医療を取り入れ、心と身体と環境の面から総合的にアプローチする医療を追求する。著書に、『癒しのしくみ』(地湧社)など。

手の指を刺激することは脳を刺激するのと同じ

どこか調子が悪いと、そこだけに目を向けがちですが、人間は部分で生きているのではない。
体全体がつながっていて、互いに影響し合いながらバランスを取っています。

ですから、真の健康のためには、症状の出ているところだけに対処するのではなく、全身を診てバランスを整えることがたいせつです。
そして、体全体の中枢ともいえるのが、脳です。

脳の機能が低下すると、もちろん肉体に影響が及びます。
また、脳で意識したことも体に影響を与えます。

私は今から40年近く前、韓国の柳泰佑博士が提唱した「高麗手指鍼法」に出合いました。
高麗手指鍼法は、韓国で1970年代から広く普及している鍼灸術で、全身の状態はすべて手に反映されると考えます。

手のひら側が体の前面、手の甲側が体の背面を表し、手にあるツボを刺激するだけで全身が治療できるというものです。
最初、「手は全身を表す」と聞いて不思議に思った私は、実際に検証してみました。

すると、歯が痛いときに歯に相当する手のツボを押したり、耳の調子が悪いときに耳に相当する手のツボを押したりすると、他のところよりも痛く感じるのです。
そして、その部分をもんだり、鍼を打ったりして刺激すると、患部の症状が改善することが確認できました。

保険診療を行う耳鼻咽喉科のほかに、統合医療による心身医学療法を実践する私の医院では、以来40年近く、高麗手指鍼法を治療の1つとして取り入れています。
高麗手指鍼法の考えでいくと、手は全身を表すわけですから、手全体を刺激すれば、全身のバランスを整えることにつながります。

また、高麗手指鍼法ではもっと広く手首=首、そこから上を頭ととらえる考え方もあります。
その場合、手のひらが顔、手の指が脳です。

ですから、手の指への刺激は、脳への刺激にもなるわけです。
現代医学的に見ても、手の指は脳の神経ネットワークとつながっているため、手の指への刺激は脳の老化防止に役立ちます。

手の指を動かすと脳の血流がよくなり、脳の機能が改善することもわかっています。
刺激の方法としては、「指そらし」(別記事参照)がお勧めです。

実際、指そらしを習慣的に続けていたら、頭がスッキリして、物忘れが少なくなったという高齢者は少なからずいます。
指を動かすことは、本来、とても複雑な作業で、脳の神経ネットワークがしっかり働いていないとできないものなのです。

日常的な体の使い方と逆をすると健康になる

私は高麗手指鍼法のほかに、40年以上前、日本におけるヨガの草分け的指導者である沖正弘師のもとで、ヨガを学びました。
ヨガでは、日常的な体の使い方とは逆のことをして、全体のバランスを取るという考え方が基本にあります。

前屈みの姿勢が多い人は体を反らせる、頭ばかり使っている人は体を使う、体ばかり使っている人は頭を使う、といった具合です。
物をつかむときに指を前に曲げるように、普段の指の動きは圧倒的に曲げることのほうが多いはずです。

指をそらすことなど、ほとんどしないでしょう。
このような、普段しない動きをあえてやることは、ヨガの考え方からいっても非常に理にかなっていて、体のバランスを整えることに通じるのです。

さらに、高麗手指鍼法にあてはめてみると、前述したように手のひら側は体の前面、手の甲側は体の背面に相当します。
指をそらせるということは、体をそらせるのと同じこと。

前屈みの姿勢が多い現代人には、とても意味のあることだと思います。

→指そらしのやり方はコチラ

ほめることが生かし合いになる

ほめることでも、脳の循環はよくなります。
脳で意識したことが体に影響を与えると述べたとおり、私たちの体は一つひとつの部位だけでなく、心ともつながっています。

ほめられて「うれしい」と思う気持ちは、脳へのいい刺激となり、循環をよくし、脳をいきいきさせる効果があるのです。
私の患者さんで、ある会社の指導的立場にある人が、「セキが止まらない」と相談に来られました。

そこで、私は「あなたは会社をしょって立つ人だね」というほめ言葉を投げかけました。
すると、体はガラッと変化して健康になり、セキも出なくなりました。

恐らく、このかたの心の奥には、一生懸命仕事をしていることに対して評価してほしいという思いがあったのでしょう。
そこを認めてほめてもらえるだけで、人の体はこんなにも変わるのです。

誰かをほめて、それによって相手の脳の循環がよくなると、いいエネルギーが返ってくるので、ほめた側の脳の循環もよくなります。
まさに「生かし合い」です。

お互いの健康を願って、相手をほめ合い、いい循環を広げていけば、きっと多くの人が健康で幸せになれるはずです。
本来、健康術とはそうあるべき。

皆さんも、ぜひ実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)