【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

「指そらし」で脳の血流が激増して物忘れがなくなり会話がすれ違う認知症も大改善!仕事の効率アップ!どこか調子が悪いと、そこだけに目を向けがちですが、人間は部分で生きているのではない。体全体がつながっていて、互いに影響し合いながらバランスを取っています。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


樋田和彦
医学博士。日本ホリスティック医学協会顧問。IMUNET(統合医療利用者ネットワーク)代表。日本高麗手指鍼療法学会名誉会長。西洋医学や東洋医学にしばられることなく、「こころとからだ」を全人的に診る統合医療を取り入れ、心と身体と環境の面から総合的にアプローチする医療を追求する。著書に、『癒しのしくみ』(地湧社)など。

手の指を刺激することは脳を刺激するのと同じ

どこか調子が悪いと、そこだけに目を向けがちですが、人間は部分で生きているのではない。
体全体がつながっていて、互いに影響し合いながらバランスを取っています。

ですから、真の健康のためには、症状の出ているところだけに対処するのではなく、全身を診てバランスを整えることがたいせつです。
そして、体全体の中枢ともいえるのが、脳です。

脳の機能が低下すると、もちろん肉体に影響が及びます。
また、脳で意識したことも体に影響を与えます。

私は今から40年近く前、韓国の柳泰佑博士が提唱した「高麗手指鍼法」に出合いました。
高麗手指鍼法は、韓国で1970年代から広く普及している鍼灸術で、全身の状態はすべて手に反映されると考えます。

手のひら側が体の前面、手の甲側が体の背面を表し、手にあるツボを刺激するだけで全身が治療できるというものです。
最初、「手は全身を表す」と聞いて不思議に思った私は、実際に検証してみました。

すると、歯が痛いときに歯に相当する手のツボを押したり、耳の調子が悪いときに耳に相当する手のツボを押したりすると、他のところよりも痛く感じるのです。
そして、その部分をもんだり、鍼を打ったりして刺激すると、患部の症状が改善することが確認できました。

保険診療を行う耳鼻咽喉科のほかに、統合医療による心身医学療法を実践する私の医院では、以来40年近く、高麗手指鍼法を治療の1つとして取り入れています。
高麗手指鍼法の考えでいくと、手は全身を表すわけですから、手全体を刺激すれば、全身のバランスを整えることにつながります。

また、高麗手指鍼法ではもっと広く手首=首、そこから上を頭ととらえる考え方もあります。
その場合、手のひらが顔、手の指が脳です。

ですから、手の指への刺激は、脳への刺激にもなるわけです。
現代医学的に見ても、手の指は脳の神経ネットワークとつながっているため、手の指への刺激は脳の老化防止に役立ちます。

手の指を動かすと脳の血流がよくなり、脳の機能が改善することもわかっています。
刺激の方法としては、「指そらし」(別記事参照)がお勧めです。

実際、指そらしを習慣的に続けていたら、頭がスッキリして、物忘れが少なくなったという高齢者は少なからずいます。
指を動かすことは、本来、とても複雑な作業で、脳の神経ネットワークがしっかり働いていないとできないものなのです。

「指そらし」のやり方

日常的な体の使い方と逆をすると健康になる

私は高麗手指鍼法のほかに、40年以上前、日本におけるヨガの草分け的指導者である沖正弘師のもとで、ヨガを学びました。
ヨガでは、日常的な体の使い方とは逆のことをして、全体のバランスを取るという考え方が基本にあります。

前屈みの姿勢が多い人は体を反らせる、頭ばかり使っている人は体を使う、体ばかり使っている人は頭を使う、といった具合です。
物をつかむときに指を前に曲げるように、普段の指の動きは圧倒的に曲げることのほうが多いはずです。

指をそらすことなど、ほとんどしないでしょう。
このような、普段しない動きをあえてやることは、ヨガの考え方からいっても非常に理にかなっていて、体のバランスを整えることに通じるのです。

さらに、高麗手指鍼法にあてはめてみると、前述したように手のひら側は体の前面、手の甲側は体の背面に相当します。
指をそらせるということは、体をそらせるのと同じこと。

前屈みの姿勢が多い現代人には、とても意味のあることだと思います。

ほめることが生かし合いになる

ほめることでも、脳の循環はよくなります。
脳で意識したことが体に影響を与えると述べたとおり、私たちの体は一つひとつの部位だけでなく、心ともつながっています。

ほめられて「うれしい」と思う気持ちは、脳へのいい刺激となり、循環をよくし、脳をいきいきさせる効果があるのです。
私の患者さんで、ある会社の指導的立場にある人が、「セキが止まらない」と相談に来られました。

そこで、私は「あなたは会社をしょって立つ人だね」というほめ言葉を投げかけました。
すると、体はガラッと変化して健康になり、セキも出なくなりました。

恐らく、このかたの心の奥には、一生懸命仕事をしていることに対して評価してほしいという思いがあったのでしょう。
そこを認めてほめてもらえるだけで、人の体はこんなにも変わるのです。

誰かをほめて、それによって相手の脳の循環がよくなると、いいエネルギーが返ってくるので、ほめた側の脳の循環もよくなります。
まさに「生かし合い」です。

お互いの健康を願って、相手をほめ合い、いい循環を広げていけば、きっと多くの人が健康で幸せになれるはずです。
本来、健康術とはそうあるべき。

皆さんも、ぜひ実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


認知症 物忘れ

関連する投稿


スタッフ全員が認知症!【注文を間違える料理店】が起こした奇跡

スタッフ全員が認知症!【注文を間違える料理店】が起こした奇跡

ご本人やご家族が、「認知症だから難しい」とあきらめていたことが、「注文をまちがえる料理店」では次々と実現したのです。そして、認知症を受け入れる「世の中」が少しだけ変わることで、多くの人たちが、もっともっと生きやすくなるのかもしれません。【解説】小国士朗(「注文をまちがえる料理店」発起人・テレビ局ディレクター)


カテキン摂取はペットボトル緑茶でOK!認知症を防ぐ緑茶の効果

カテキン摂取はペットボトル緑茶でOK!認知症を防ぐ緑茶の効果

緑茶に認知症を予防する効果があることが、疫学的に明らかになっています。そこで私は、緑茶カテキンが認知機能の低下を抑える機序について調べました。脳機能に関しては、緑茶をたくさん飲まなければ効かない、というわけではありません。1日1杯でもよいので、毎日飲み続けましょう。【解説】海野けい子(静岡県立大学薬学部准教授)


ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

脂肪が肝臓で分解されたときに作られる「ケトン体」という物質があります。このケトン体が、糖尿病、認知症(アルツハイマー病)、肥満、さらにはがんに至るまで、実に幅広い症状を改善するとして、注目を集めています。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)


「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

母はアルツハイマー型認知症を患っています。試行錯誤した末、2年ほど前にたどり着いたのが、発酵あんこだったのです。母の体調も驚くほどよくなりました。原因不明だったひざ下の腫れやむくみが、今ではかなり少なくなっています。排泄のサイクルが安定したので、おもらしが激減。介護が楽になっています。【体験談】福島和子(55歳)


記憶力が回復する筋トレ「脳活スクワット」のやり方

記憶力が回復する筋トレ「脳活スクワット」のやり方

2001年に厚生労働省が実施した、大規模な認知症予防のプロジェクトで、運動指導を担当したのがきっかけでした。この時期に「МCIや認知症などで認知機能が落ちている人には、ある共通点がある」と気付いたのです。その共通点とは「筋肉の疲れや痛みを感じない」という点です。【解説】本山輝幸(総合能力研究所所長・健康運動指導士)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)