MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
脳を刺激して認知症を改善する「指そらし」のやり方

脳を刺激して認知症を改善する「指そらし」のやり方

手を刺激することは簡単な脳の刺激法になると、私は考えています。そして、手の刺激は、患者さん自身も行うことが可能です。指そらしはいつでも、1日何回行ってもかまいませんが、お勧めは寝る前です。ストレスで縮こまった体を、1日の最後に開放しましょう。【解説】德永勝哉(ガイアそうこグループ総副院長・鍼灸師)

解説者のプロフィール

德永勝哉
ガイアそうこグループ総副院長・鍼灸師。
1962年、静岡県生まれ。日本高麗手指鍼学会役員。見方道アドバイザー。樋田和彦医師のもと、2001年より筋反射テストによる心と身体を一つとした治療を学ぶ。現在も修行中。ガイアそうこでは、服部吉隆総院長及びキャストとともに、医師と連携して認知症ケアに積極的に取り組んでいる。

●ガイアそうこグループ
http://www.gaiasouko.com/

指そらしは簡単でどこでもできるのが利点

私は一般的な鍼灸だけでなく、カウンセリングやタッピングなど、さまざまな手法を取り入れて、患者さんの治療を行っています。
そのうちの1つが、高麗手指鍼法です。

高麗手指鍼法では、手に全身のツボがあるという基本的な考え方のほかに、手全体を頭部ととらえる考え方があります。
手のひらが顔、手の指が頭に相当します。

つまり、手の指を刺激すると、直接脳が刺激されるということです。
カナダの脳外科医が作製した、人間の体のさまざまな部位が脳のどこに対応しているかを表した、「ホムンクルス(脳の小人)」と呼ばれる脳地図でも、そのほとんどが手と顔の部位で占められています。

これらのことから、手を刺激することは簡単な脳の刺激法になると、私は考えています。
そして、手の刺激は、患者さん自身も行うことが可能です。

私は自宅でできるセルフケア法として、「指そらし」をお勧めしています。
指そらしは簡単で、いつでもどこでも手軽にできるので、患者さんに実践してもらいやすいのもよい点です。

高血圧や頭痛、不眠にも手振りがよく効く

指そらしを実践して、実際に脳の機能が改善したかたもおられます。
10年以上前に脳出血を起こしたことのあるAさん(70歳・男性)は、今年になって会話がかみ合わないことが多くなり、病院で検査をすると、軽度の認知症と診断されました。

そこで、処方された薬を服用しながら、併せて指そらしをやっていただきました。
すると、少しずつ症状が改善し、以前のように話がかみ合わないということがなくなりました。

奥様も「夜中に失禁することがまったくなくなり、明らかによくなっている」とおっしゃっています。
それでは、指そらしのやり方を紹介しましょう。

指そらしはいつでも、1日何回行ってもかまいませんが、お勧めは寝る前です。
ストレスで縮こまった体を、1日の最後に開放しましょう。

また、「手振り」もよい方法です。
樋田和彦先生が患者さんに勧めたところ、頭痛や肩こり、不眠、めまい、動悸、息切れ、高血圧など、さまざまな病気が改善しました。

たったこれだけでも、脳の血液の循環は確実によくなります。

脳に強力に効く!指そらしのやり方

高血圧や不眠にも効く!手振りのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
納豆はコレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症を引き起こす可能性が低い優れた食材です。ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし血栓を作りにくくする効果があり、動脈硬化を予防します。アマニ油と摂ると血管若返りに効果が期待できます【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)
更新: 2019-04-14 18:00:00
認知症が進行すると、自分がいる場所がどこで、話している相手は誰かなど、自分の置かれている状況の見当がつきにくくなってきます。これを「見当識障害」といいます。現実見当識訓練は、脳に残っている機能に働きかけて現実見当識を高め、認知症の進行を遅らせることを目指します。【解説】石井映幸(ふれあい鶴見ホスピタル副院長)
更新: 2018-10-12 18:00:00
近年、記憶と関連の深い脳の海馬などでは、新しい細胞が毎日生まれていると判明しています。ですから、脳の萎縮が進んでも、それをカバーする脳内の環境作りは十分可能だといえます。今からでも遅くはありません。耳もみを早速実践して、脳の血流を活発にしてください。【解説】広川慶裕(ひろかわクリニック院長)
更新: 2018-10-07 18:00:00
片足立ちは、有酸素運動とバランス運動を兼ねています。片足立ちを1分続けることは、50分歩くのとほぼ同じ運動量になります。有酸素運動が認知症予防に有効であることは、多くの研究データが示すところです。また、転倒予防という点からも優れています。【解説】長谷川嘉哉(土岐内科クリニック院長・医療法人ブレイングループ理事長)
更新: 2018-10-03 07:00:00
食後2時間血糖値の高い人ほど、アルツハイマー病の発症リスクが高く、中年期に糖尿病になって、病歴の長い人のほうが、海馬の萎縮が強いことも判明しました。したがって、食事の最初に野菜をたっぷり食べ、食後の血糖値が上がらないようにすることも大事です。【解説】二宮利治(九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生分野教授)
更新: 2018-09-30 12:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt