MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【排尿トラブル】頻尿や尿もれ、膀胱炎の原因と対策 快感おしっことは何か

【排尿トラブル】頻尿や尿もれ、膀胱炎の原因と対策 快感おしっことは何か

「トイレに入ってから、外出しよう」「コンサートが始まる前にトイレに行っておかなければ」。皆さんは、こんな理由でトイレに行っていませんか?実は、こんな習慣が頻尿や尿もれ、骨盤臓器脱、膀胱炎、前立腺肥大症などの原因になったり、悪化を招いたりしているのです。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長)イラスト/古谷充子

解説者のプロフィール

渋谷秋彦
1961年、北海道生まれ。1988年、札幌医科大学卒業。同大学付属病院、登別厚生年金病院などを経て2003年より現職。「排尿のかかりつけ医」をモットーに地域に根差した診療を行う。著書に『気持ちいいオシッコのすすめ』(現代書林)。

「不快おしっこ」は尿トラブルを招く

「トイレに入ってから、外出しよう」「コンサートが始まる前にトイレに行っておかなければ」。皆さんは、こんな理由でトイレに行っていませんか?
 そのとき、実際には尿意を感じてなくても、「念のため」と思って、無理におしっこを出していませんか?
 実は、こんな習慣が頻尿や尿もれ、骨盤臓器脱、膀胱炎、前立腺肥大症などの原因になったり、悪化を招いたりしているのです。
 私は、北海道旭川市で泌尿器科のクリニックを開いています。排尿のトラブルを抱える患者さんを診察する中で、気づいたことがあります。それは、多くの人が無意識に「いきんでおしっこを出している」ということです。
 自然な排尿は、いきむ必要がありません。トイレに行き、リラックスして脱力すると、自然に膀胱が収縮し、膀胱の出口にある尿道括約筋の緊張が一気にゆるみ、尿が勢いよく出るのです。それは、「快感おしっこ」そのものです。
 それに対し、尿意がないのにしておかないと不安だから、といった理由でいきんでする、いわば「不快おしっこ」では、快感がないどころか、あらゆる排尿トラブルを招くのです。不快おしっこを続けるとどうなるか、具体的に見ていきましょう。

頻繁にトイレに行くと、さらに頻尿になる

 まず、排尿時にいきむと膀胱に無理な力が加わり、部分的に伸びて変形してしまいます。また、本来は柔軟性がある膀胱の筋肉の壁が厚くなり、伸展性が悪くなり、硬くなって、よく膨らまなくなってしまいます。
 すると、膀胱に尿を十分にためられなくなるので、頻尿となり、トイレでいきむ回数が増え、さらに膀胱に負担がかかります。それにより、ますます頻尿の症状が進むという、悪循環を起こします。

 また、膀胱がきちんと伸縮しないと、血行障害を起こし、膀胱の抵抗力が低下してしまいます。その結果、細菌に感染し、膀胱炎などのトラブルを起こす可能性が高まるのです。
 負担がかかっているのは、膀胱だけではありません。排尿時にいきむと、尿道括約筋を含めた、骨盤底筋群にも無駄な力が加わり、尿もれや、骨盤臓器脱の原因を作ることになります。

 また通常、排尿時は心身をリラックスさせる副交感神経が優位になり、尿道が開きます。ところが、本来の排尿のタイミングでないときに、いきんで尿を出そうとすると、全身の活動力を高める交感神経が優位になったままです。
 すると、尿道は開かないのに、そこを無理に押し広げて尿を出すことになります。当然、膀胱の筋肉に負荷がかかり、先に挙げたようなトラブルを悪化させてしまいます。

 不快おしっこが、さまざまなトラブルに関係することが、おわかりでしょう。では、それに対し、快感おしっことは、どのようなものでしょうか。

「快感おしっこ」で手術を回避!

 快感おしっこは、どこにも力を入れなくとも、自然に勢いよく出て、量は300mL程度、出しきるまでの時間は30秒弱です。男性なら、隣に並んだ人とおしゃべりができます。
 実際に、排尿トラブルのある患者さんに、不快おしっこから快感おしっこをするようにしてもらったところ、さまざまな効果が見られました。

 60代の男性患者さんは、前立腺肥大があり、尿の出が悪いので手術を希望していました。しかし検査をすると、肥大前立腺による圧迫は強くなく、尿がまったく出なくなるような状態ではなかったので、手術の代わりに、快感おしっこの仕方をお伝えしました。
 すると、1ヵ月ほどで気持ちの悪い残尿感がなくなったそうです。前立腺肥大そのものが治ったわけではありませんが、不快な症状が治まり、手術を回避でき喜んでいました。

 また、他院で手術の予定だった、尿もれに悩む女性患者さんにも、手術の順番を待つ間に快感おしっこをしてもらいました。すると、骨盤底筋群への負担が減り、臓器が下がらなくなったおかげもあり、尿もれをしなくなり、結果として手術もせずにすみました。
 膀胱炎を月に何回もくり返していた女性も、快感おしっこにより症状が出なくなりました。この2年、膀胱炎にはなっていないそうです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)