1回300㎖で30秒! 膀胱や尿道の負担を減らす 快感おしっこの作り方と出し方

1回300㎖で30秒! 膀胱や尿道の負担を減らす 快感おしっこの作り方と出し方

尿もれや頻尿など、排尿トラブルを予防し、改善するためにお勧めしたいのが、「快感おしっこ」をする習慣です。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


最初の尿意で トイレに行かない

 尿もれや頻尿など、排尿トラブルを予防し、改善するためにお勧めしたいのが、「快感おしっこ」をする習慣です。
 快感おしっこの定義は、1回の排尿量が300㎖程度、排尿時間は30秒弱です。1日に6~7回程度トイレに行くとして、総量は2ℓ程度になります。
 まず、快感おしっこの準備をします。1日の尿の総量からわかるように、食事に含まれるものを除いて、2ℓ程度の水分が必要です。
「そんなに?」と思われるかもしれませんが、一気に飲む必要はありません。朝起きてから、晩ごはんまでに1時間かけて200㎖をちびちびと飲むことをくり返せばよいのです。
 逆に、一気に飲むのは心臓や腎臓に負担がかかるので、お勧めしません。水分は、水のほか、お茶やコーヒーなどカフェインを含んだもの、スイカなど水分の多い果物でも構いません。ただし、アルコールは含みません。
 そして、トイレに行くタイミングです。大人の膀胱は、だいたい500㎖くらいは尿をためることができます。最初に尿意が訪れるのは、個人差はありますが、膀胱におよそ150㎖の尿がたまったときです。
 不快おしっこをくり返している人は、このタイミングでトイレに行ってしまいます。しかし、膀胱にはまだ2~3倍、尿をためる容量があります。
 ここで排尿すると、いきむ必要があり、膀胱や尿道に負荷をかける「不快おしっこ」になってしまうのです。最初の尿意は、テレビを見たり、仕事をしたり、別のことをしていると気にならなくなります。
 そして、今している作業に集中できなくなるほど、尿意が強くなるときがきます。それが、300㎖、トイレに行くタイミングです。
 便器に座り、あるいは前に立ち、リラックスして脱力します。すると、副交感神経が優位になり、膀胱が自然に収縮し、尿道括約筋の緊張がゆるみ、尿が勢いよく出ます。このとき、体のどこにも力は入っていません。
 途切れることなく排尿すると、だいたい30秒かけて膀胱が収縮し、約300㎖の尿が出ます。実際に、出ている量を計るのが望ましいのですが、難しい人はビール缶の八分目、紙コップに軽く2杯分くらいをイメージしてください。方法は、男女ともに一緒です。

快感おしっこは 膀胱のリハビリ

 入院などで、寝たきりが続くと足腰の筋肉が衰えて、歩きにくくなります。体は、使わないと退化するのです。そのため、リハビリが必要になります。
 膀胱も一緒です。きちんと膨らませて、収縮させてあげなければ、本来の機能を失ってしまいます。快感おしっこを習慣化することは、膀胱のリハビリです。難しいことはありませんので、ぜひ今日から実践してみてください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしています。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


泌尿器科医が指南! 下着にシミがつく排尿後の チョイもれに効果大の会陰部指圧

泌尿器科医が指南! 下着にシミがつく排尿後の チョイもれに効果大の会陰部指圧

男性によくある尿の悩みに、「排尿後、陰茎をズボンにしまった後に、タラーッと少量の尿がもれてしまう。そのため、下着やズボンにシミがついて汚す」というものがあります。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長) イラスト/古谷充子


頻尿や尿もれ・膀胱炎が改善し 泌尿器の手術も回避できる 「快感おしっこ」の習慣

頻尿や尿もれ・膀胱炎が改善し 泌尿器の手術も回避できる 「快感おしっこ」の習慣

「トイレに入ってから、外出しよう」「コンサートが始まる前にトイレに行っておかなければ」。皆さんは、こんな理由でトイレに行っていませんか?【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


男のチカラを削ぐ前立腺肥大症は 大肥大よりも小肥大のほうが 症状が強いと判明

男のチカラを削ぐ前立腺肥大症は 大肥大よりも小肥大のほうが 症状が強いと判明

尿の出だしが鈍い、勢いがなくなる、夜中にトイレに起きる、残尿感が強い、直後に下着を汚す――。中年以降の男性が抱える排尿のトラブルは実に多様です【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長) イラスト/古谷充子


最新の投稿


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング