MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【冷えが取れる】ツボを揉むより簡単!足の親指刺激のやり方

【冷えが取れる】ツボを揉むより簡単!足の親指刺激のやり方

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)

解説者のプロフィール

原田秀康
巍桜流拳法二代目宗家。国際足健法協会会長。30代半ばから体調をくずし、このとき足裏健康法に出合う。独自に研究を進めるうちに、ふくらはぎや太もも、足指などの重要性を見いだし、LTF療法を確立。さらなる研究に邁進している。著書『長生きはふくらはぎで決まる!』(福昌堂)が好評発売中。

原田秀康(はらだ・ひでやす)
●国際足健法協会
http://www.sokukenhou.com

足の親指の先を刺激するだけで冷えが取れる!

 足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。
私は、これらの反射区や、足にあるツボをもむことで、体の痛みや不調を改善させようと、30年以上前から試行錯誤を重ねてきました。

 その結果考案したのが、LTF療法です。LTF療法は、ふくらはぎなどの足(Leg)、足の指(Toe)、手の指(Finger)をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。

 ふくらはぎや足の指、手の指の血液循環がよくなると、体中の血液循環もよくなり、痛みや不調が解消されるばかりか、柔軟な体を得ることができます。しかし、「自分でもむのは面倒」ということで、なかなか続けてもらえないのが悩みでした。

 そこで、どんな人でも簡単にできて、効果の高い方法がないかを模索して考案したのが、今回ご紹介する「足の親指刺激」です。

 現代人の多くは、LTF(足・足の指・手の指)の中でも、特に足の指がきちんと使えていません。
このため、巻き爪になったり、指先までしっかり血流が届いておらず、栄養不足で爪が変色したりしている人や、老廃物がたまって、指先がカチコチになっている人が珍しくありません。

 そこで、足の指に着目し、私が指導している拳法の道場や高齢者のデイケアサービスで、足の指先を刺激する方法をお勧めしたところ、「足が軽くなる」「体が動かしやすくなる」「冷えが取れる」と、大好評をいただいたのです。

 考案した当初は、足の指先全部を刺激するよう勧めていました。しかし、最も面積の広い親指の先を刺激すれば、十分な効果が得られることがわかってきたので、現在ではそのように指導をしています。
このほうが、いつでもどこでもこまめに行えるので、結果的には効果も高くなります。

痛いくらい力を入れると効果的

 では、足の親指刺激のやり方をご紹介します。
まずは片方の足にやってみて、やっていない足との違いを感じてみてください。やったほうは即座に足が温まり、足が動かしやすい、歩きやすくなる、といった変化を実感できるはずです。

 立った状態で、片方の足の親指の先を床の上に立て、少し痛さを感じる程度に力を入れて、親指の先を床に押し当てます。1秒ほどたったら、かかとを下ろします。これを1回として30回行い、反対の足も同様にして行います。

 はだしで行っても、靴下をはいたままでもかまいません。転倒が心配な高齢者は、テーブルなどにつかまるか、イスに座って行いましょう。
親指の先を刺激するのが目的なので、布団やクッションなどの柔らかいものの上ではなく、フローリングなどの堅い床の上で行うのがベストです。

 痛いくらい力を入れて行うほうが効果がありますが、我慢できないほど痛みが強い場合は、無理をせず、力を加減しながら、少しずつ慣らしていきましょう。

足の親指刺激のやり方

足の親指刺激のさまざまな効果

 足の親指刺激を続けていると、全身の血液循環がよくなってきます。すると、ひざや腰などの痛みが、しだいに軽減していきます。
私自身も、30年以上前に痛めた右ひざが完治していなかったのですが、足の親指刺激を続けているうちに、痛まなくなりました。今では、階段を1段飛ばしで下りても平気です。

 ほかにも、「冷え症が改善した」「力強く歩けるようになった」「バランスがよくなり、ふらつかなくなった」などの感想が寄せられています。
スポーツ選手からは、「パフォーマンスが向上した」「以前よりパワーが出るようになった」「疲労の回復が早くなった」という報告もありました。



認知症の予防効果も期待できる

 また、春先にはこんなことがありました。鼻づまりがひどかった小学生の孫が、「花粉症かもしれない」と言うので、足を観察すると、靴下を重ねばきしてすり足で歩いていました。
すぐに足の指をもんで冷えを取り、足の親指刺激を教えたところ、すぐに顔色がピンク色になり、鼻をかんだらスーッと通るようになったのです。

 本来、子どもは血流がよいはずですが、足の指をしっかり使えていない現代っ子は血流が悪く、冷えからくる不調を抱えていることが少なくありません。年齢を問わず、足の親指刺激を行って、血流改善に役立てていただきたいと思います。

 足の親指には、頭に対応する反射区があるので、血流改善に加えて、集中力アップや認知症予防などの効果も期待できます。病気などで、自分で行えない場合は、家族が足の親指をもんであげるといいでしょう。
 さらに、就寝前に足の親指刺激を行うと、足が温まって寝つきがよくなり、快眠が得られると好評です。「布団に入っても、なかなか寝つけない」という人は、さっそく今夜からお試しください。

階段を1段飛ばしで下りても平気!

足の親指に重心を置くようにすると、より効果的

 加えて、もう一つ取り組んでいただきたいことがあります。それは、「歩くときに、足の親指で地面を蹴るように意識して歩く」ということです。

 初めはうまくできなくても、足の親指刺激を続けているうちに、指先に力を入れられるようになり、足の指がしっかり使えるようになってきます。
足の指で地面を蹴って歩けるようになると、歩幅が広くなり、足の運びもスムーズになって、つまずいたりころんだりしにくくなります。

 加えて、座っているときや立っているときにも、足の親指に重心を置くようにすると、より効果的です。足の親指刺激とあわせて実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この記事のエディター
関連するキーワード
関連記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル