【体験談】足の親指刺激で足の冷えが和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】足の親指刺激で足の冷えが和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


ふらつかずにまっすぐ歩ける

 私は、7年前に脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。
 リハビリをがんばって続け、なんとか手押し車を押して歩けるようになりましたが、2~3年前からは、足の冷えがひどくなり、ジンジンとしびれるほど冷たくて困っていました。

 冬はもちろん、夏でも靴下を2~3枚はいて、電気あんかを強にして寝ていましたが、布団に入って1時間たっても2時間たっても、足が冷たくて寝つけません。やっと眠れても、トイレに起きると冷えてまた寝つけなくなり、気がつけば外が明るくなっていたこともよくありました。

 足が真っ白で血行が悪いので、自分で足やふくらはぎをマッサージしたり腹筋をしたり、いろいろ試していましたが、あまり効果がありませんでした。

 半年ほど前、通っているデイサービスで、「足の親指の先に刺激を与えると、血流がよくなるよ」と原田秀康先生から教わり、やり方を習って、毎日の運動に加えることにしました。

 朝起きるとまず、足のマッサージや足踏み、腹筋などを行い、6時45分には外に出ます。次に、家の前の空き地のフェンスにつかまって、足の親指刺激を左右20回ずつ行ってから、手押し車を押して10~20分ほど散歩するのが私の日課です。このほかにも、なるべく1日に2~3回は、足の親指刺激を行うようにしています。

 足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。電気あんかも弱で大丈夫です。以前はよくこむら返りで痛い思いをしていましたが、それもなくなりました。

 また、散歩のときにまっすぐ歩けなかったり、曲がり角で手押し車が小石に乗り上げてころびそうになったりしていましたが、最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。

 往診に来てくれる内科の先生が「車イス生活になるかと心配したけど、歩けるようになってよかった。よくがんばっていますね」とほめてくれるのを励みに、これからも毎日続けていこうと思います。

足の親指刺激のやり方

足が温まった杉井さん

指先の老廃物を取り全身の血流をよくする(国際足健法協会会長 原田秀康)

 ふくらはぎや足をマッサージしても、足の指先に老廃物がたまってカチカチになっていると、そこで血流が止まってしまい、効果が半減します。
 杉井さんが、足の親指刺激を加えて、足の冷えが改善したのは、足の指先にたまった老廃物が流れて、全身に血流がよく巡るようになったためでしょう。血流がよくなれば、こむら返りも起こりにくくなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


こむら返り 冷え性 しびれ

関連する投稿


体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

ショウガとココア。どちらも手軽に購入できる身近な食材です。しかし、この二つの食材には、薬に匹敵するほどの健康効果があることが明らかになってきています。そんなショウガとココアの効能を一緒に、かつ効果的に取ることができる飲み物が「ショウガココア」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長、医学博士)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


冷え性を克服して子宮筋腫を乗り切った「11円スリッパ」体験談

冷え性を克服して子宮筋腫を乗り切った「11円スリッパ」体験談

40代の終わり頃、突然月経の症状が強くなりました。いちばん困ったのは出血量が多くなったことです。医師からは子宮筋腫を告げられ「すぐに子宮の摘出手術をしたほうがい」と勧められました。職場に迷惑をかけたくないし、月経に苦しみ続けるのもつらい……。「どうすればいいの?」と悩みました。【体験談】城田京子(仮名・会社員・60歳)


冷え性に効く食べ物に出合えた!「発酵あんこ」体験談

冷え性に効く食べ物に出合えた!「発酵あんこ」体験談

胃腸が弱い私は、おなかが冷えると消化力がガクンと落ちてしまいます。消化の負担が増すので、食後は元気になるどころか疲労困憊。発酵あんこを食べ始めてから、冷え症に悩まなくなっていることに気がつきました。仕事が続いたときでも、スタミナや集中力が途切れなくなっています。【体験談】森下幸実(セラピスト・53歳)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)