MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
坐骨神経痛に効果【原田式ふくらはぎマッサージ】の効果とコツ

坐骨神経痛に効果【原田式ふくらはぎマッサージ】の効果とコツ

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)

強そうな外見とは裏腹に体はガタガタ

長身でがっしりとした体形の私は、その体格を生かして武道家となり、26歳で拳法道場を開きました。
がむしゃらに体を鍛え続けていたのですが、ストイックな鍛錬が災いしたのか、30代半ば以後、体のあちこちから悲鳴が上がるようになったのです。

武道は冬も裸足で行うので、どうしても体が冷えます。
私の足は常に冷たくて、板張りの床では足裏がしびれるほどでした。

また、拳法の蹴りは股関節に負担をかけます。
気がつくと、腰痛や足のしびれ、頭痛、胃腸が弱いなど、頑強な見た目とは裏腹に、体はガタガタになっていたのです。

なかでもひどかったのは、座骨神経痛です。
寝ても起きても激痛で、しだいに、休み休みでないと歩けないほどに……。

マッサージや鍼治療へ行っても、よくなるのはそのときだけ。
「もう治らないのか」と思うと、人生真っ暗になりました。

そんなある日、足もみの先生を紹介していただきました。
時間がなくて、片足だけもんでもらったのですが、あれほど冷えていた足が、ポカポカと温かくなったのです。

しかも、足だけでなく、体全体が心地よく温まり、血が通っていくのを感じました。
この体験から、血流の大切さと、足をもむことの有効性を実感した私は、健康維持に役立つ足のもみ方を研究するようになりました。

武道しか能がない私にとって、体を動かせなくなることは死活問題です。
とにかく、必死でした。そして、行き着いたのが、「ふくらはぎもみ」です。

徹底的にふくらはぎをもめば何をしても取れなかった肩こりがスーッと消えた

当時カチンコチンに硬かった自分のふくらはぎを、私は徹底的にもみました。
ふくらはぎをもむと、何をしても取れなかった肩こりがスーッと消えます。

さらに、体の柔軟性が明らかに増し、その日の稽古では、いつになく体のキレがよくなるのを感じました。
こうして毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ、あれほど私を苦しめた座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。

現在、67歳になりますが、今では、ふくらはぎが健康のバロメーターになっています。

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。
ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。

ふくらはぎのココがかたくなりやすい!

全身の血流の循環にふくらはぎが影響

では、ふくらはぎをもむと、なぜいろんな症状が改善して、体が元気になるのでしょうか。
ふくらはぎは、第2の心臓といわれています。

心臓から送り出された血液は、酸素や栄養素を全身の細胞に届け、老廃物を回収して排泄し、心臓に戻ってきます。
このとき、足の血液を心臓に戻す役割をしているのが、ふくらはぎの筋肉です。

足は体の下部にあるため、重力の影響で血液の停滞が起こりやすいところです。
それを、ふくらはぎの筋肉を動かしてポンプ作用を働かせることで、心臓へと戻しているのです。

ふくらはぎの筋肉が硬くなり、このポンプ作用がうまく働かないと、血液が停滞し、足に老廃物がたまります。
すると、足の冷えやむくみが起こってきます。

それどころか、全身の血液循環が悪くなるため、ありとあらゆる器官に悪影響が及ぶのです。
逆に、ふくらはぎを軟らかくしてポンプの働きをよくすれば、血流が活性化し、連鎖的に体じゅうの血行がよくなります。

血流は元気の源といいますが、血行がよくなれば、全身が元気になります。

ふくらはぎは手でもむのもいいですが、私は、自作の金棒を使っています。
道具を使うと、疲れることなく、徹底的にもみほぐすことができます。

家にある物で代用してもいいでしょう。
触って硬いところがあれば、徹底的にもみほぐします。

外側は軟らかくても、奥のほうにしこりのようなものがあることも多いものです。
最初は痛いかもしれませんが、深部までほぐすつもりで、ゆっくり少しずつ力を入れて行ってください。

ふくらはぎもみは1日2回、朝晩行うとよいでしょう。
ふくらはぎが硬い人は、入浴中または入浴後に行うとほぐれやすいです。

解説者のプロフィール

原田秀康(はらだ・ひでやす)
●国際足健法協会
http://www.sokukenhou.com

巍桜流拳法二代目宗家。
国際足健法協会会長。
30代半ばから体調をくずし、このとき足裏健康法に出合う。
独自に研究を進めるうちに、ふくらはぎや太もも、足指などの重要性を見いだし、LTF療法を確立。
さらなる研究に邁進している。
著書『長生きはふくらはぎで決まる!』(福昌堂)が好評発売中。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-02-07 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt