漫画家・弘兼憲史さんの健康法 忙しくてもできる「ひざ裏伸ばし」

漫画家・弘兼憲史さんの健康法 忙しくてもできる「ひざ裏伸ばし」

私は、根っからの仕事人間。仕事が大好きなんです。わざわざ運動のために時間を割くのはもったいない、そんな暇があれば仕事がしたい、と考えてしまうのです。そんな私が唯一、続けている健康法が、毎朝のシャワータイムに行う「ひざ裏伸ばし」です。【解説】弘兼憲史(漫画家)


1年に361日働く私の唯一の健康法

私は、根っからの仕事人間。
仕事が大好きなんです。

休みを取るのは、年末年始の4日間だけ。
睡眠時間は、平均4~5時間です。

普段は、朝9時半頃に起床し、シャワーを浴びて、午前中はエッセイの執筆をしたり、漫画のアイデアを練ったり、絵コンテを描いたりと、1人でできる作業をします。
仕事場に行くのは、午後1時頃。

それから夜11時頃までアシスタントと漫画を描き、歩いて15分の自宅へ帰ります。
帰宅後は、お酒を飲みながら映画を観て過ごし、就寝は午前時頃。

長年、そんな生活を続けています。
趣味のゴルフを除けば、運動らしい運動は、ほとんどしていません。

自宅と仕事場を徒歩で往復する以外は、ほぼ座りっぱなしの生活です。
50代の頃、「運動をしなければ」と、スポーツクラブに入会したものの、結局5回しか行かずに退会しました。

わざわざ運動のために時間を割くのはもったいない、そんな暇があれば仕事がしたい、と考えてしまうのです。
そんな私が唯一、続けている健康法が、毎朝のシャワータイムに行う「ひざ裏伸ばし」です。

シャワーを浴びるとき、ひざの屈伸運動を何回か行ったあと、立ったまま全身を洗うのです。
足先やくるぶしを洗うときも、ひざの裏をピンと伸ばしたまま、前屈して洗います。

前屈をすると指先が軽々と床に着く

シャンプーをする間は、スクワットのようにひざを軽く曲げて、中腰の姿勢をキープします。
これは、太ももの筋肉を鍛えるためです。

「シャワーを浴びている間、何もしないのはもったいない。
短い時間でも、シャワーを浴びながら、ちょっとした運動ができるのではないか」と思い立ち、5年ほど前から始めました。

ひざ裏伸ばしを始めた当初は、体が硬く、前屈をしても指先がひざくらいまでしか届きませんでした。
ところが、毎朝ひざ裏伸ばしを続けるうちに、徐々に体が柔らかくなり、今では指先が軽々と床に着くまでになりました。

いきなりひざ裏を伸ばそうとせず、「イテテ」と感じる手前で止めておくのがコツです。
中腰姿勢でのシャンプーも、最初は1分も続けられませんでしたが、今は余裕で、髪をすすぎ終わるまで姿勢を保てます。

足腰の筋力が鍛えられたおかげか、ゴルフで斜面から打つときも、フォームが安定し、しっかり構えて打てるようになりました。

ひざを曲げて人を描くととたんに老けて見える

私が、ひざ裏伸ばしを思いついたきっかけは、お年寄りの姿勢でした。
人間は年を取ると、直立できなくなります。

漫画を描くときも、ひざを軽く曲げて人間を描くと、とたんに老人のように見えるのです。
逆に言えば、ひざを真っすぐに描けば、老けているようには見えません。

つまり、足腰を鍛えて、ひざ裏の柔軟性を高めれば、ひざがピンと伸びて若々しく見えるわけです。
だから私は、普段立っているときも、ひざ裏にぐっと力を入れて、真っすぐ伸ばすように心がけています。

実際、私が同窓会に行くと、同級生の中ではいちばん若く見られます。
漫画家は室内にこもって仕事をしているので、あまり紫外線を浴びないこと、そして姿勢に気をつけていることが、若く見える理由かもしれません。

先日、人間ドックを受診しましたが、中性脂肪と血圧が少し高めで、やや脂肪肝ぎみな点を除けば、まったくの健康体。
医師からは「脳梗塞と十二指腸潰瘍、蓄膿症の跡が残っていますが、もう治っています」と言われました。

人間の体には自然治癒力が備わっているので、放っておけば治る、と気楽に考えています。
健康の秘訣は、ストレスをためないことでしょうか。

私の場合、映画を観ながらの寝酒が毎日のストレス解消になっていますし、夜型で睡眠時間はやや不足ぎみではありますが、同じリズムで毎日を過ごしている点が、健康につながっていると思います。
忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。

皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。

「ひざ裏伸ばし」の8つのメリットとやり方

解説者のプロフィール

弘兼憲史
1947年、山口県生まれ。早稲田大学卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)に入社し、73年に退社。74年『風薫る』にて漫画家デビュー。代表作に『課長島耕作』から30年以上続く「島耕作シリーズ」や『人間交差点』など。近著に『弘兼流60歳からの手ぶら人生』(海竜社)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)


言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

わかったのは、私が「言い訳だらけの人生」を送ってきたということでした。うまくいかないことがあると、「親のせいだ」「お金がないせいだ」と、常に何かのせいにし、被害妄想の意識にとらわれて生きたのです。【体験談】伊藤千恵(セラピスト・50歳)


美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)