MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
漫画家・弘兼憲史さんの健康法 忙しくてもできる「ひざ裏伸ばし」

漫画家・弘兼憲史さんの健康法 忙しくてもできる「ひざ裏伸ばし」

私は、根っからの仕事人間。仕事が大好きなんです。わざわざ運動のために時間を割くのはもったいない、そんな暇があれば仕事がしたい、と考えてしまうのです。そんな私が唯一、続けている健康法が、毎朝のシャワータイムに行う「ひざ裏伸ばし」です。【解説】弘兼憲史(漫画家)

1年に361日働く私の唯一の健康法

私は、根っからの仕事人間。
仕事が大好きなんです。

休みを取るのは、年末年始の4日間だけ。
睡眠時間は、平均4~5時間です。

普段は、朝9時半頃に起床し、シャワーを浴びて、午前中はエッセイの執筆をしたり、漫画のアイデアを練ったり、絵コンテを描いたりと、1人でできる作業をします。
仕事場に行くのは、午後1時頃。

それから夜11時頃までアシスタントと漫画を描き、歩いて15分の自宅へ帰ります。
帰宅後は、お酒を飲みながら映画を観て過ごし、就寝は午前時頃。

長年、そんな生活を続けています。
趣味のゴルフを除けば、運動らしい運動は、ほとんどしていません。

自宅と仕事場を徒歩で往復する以外は、ほぼ座りっぱなしの生活です。
50代の頃、「運動をしなければ」と、スポーツクラブに入会したものの、結局5回しか行かずに退会しました。

わざわざ運動のために時間を割くのはもったいない、そんな暇があれば仕事がしたい、と考えてしまうのです。
そんな私が唯一、続けている健康法が、毎朝のシャワータイムに行う「ひざ裏伸ばし」です。

シャワーを浴びるとき、ひざの屈伸運動を何回か行ったあと、立ったまま全身を洗うのです。
足先やくるぶしを洗うときも、ひざの裏をピンと伸ばしたまま、前屈して洗います。

前屈をすると指先が軽々と床に着く

シャンプーをする間は、スクワットのようにひざを軽く曲げて、中腰の姿勢をキープします。
これは、太ももの筋肉を鍛えるためです。

「シャワーを浴びている間、何もしないのはもったいない。
短い時間でも、シャワーを浴びながら、ちょっとした運動ができるのではないか」と思い立ち、5年ほど前から始めました。

ひざ裏伸ばしを始めた当初は、体が硬く、前屈をしても指先がひざくらいまでしか届きませんでした。
ところが、毎朝ひざ裏伸ばしを続けるうちに、徐々に体が柔らかくなり、今では指先が軽々と床に着くまでになりました。

いきなりひざ裏を伸ばそうとせず、「イテテ」と感じる手前で止めておくのがコツです。
中腰姿勢でのシャンプーも、最初は1分も続けられませんでしたが、今は余裕で、髪をすすぎ終わるまで姿勢を保てます。

足腰の筋力が鍛えられたおかげか、ゴルフで斜面から打つときも、フォームが安定し、しっかり構えて打てるようになりました。

ひざを曲げて人を描くととたんに老けて見える

私が、ひざ裏伸ばしを思いついたきっかけは、お年寄りの姿勢でした。
人間は年を取ると、直立できなくなります。

漫画を描くときも、ひざを軽く曲げて人間を描くと、とたんに老人のように見えるのです。
逆に言えば、ひざを真っすぐに描けば、老けているようには見えません。

つまり、足腰を鍛えて、ひざ裏の柔軟性を高めれば、ひざがピンと伸びて若々しく見えるわけです。
だから私は、普段立っているときも、ひざ裏にぐっと力を入れて、真っすぐ伸ばすように心がけています。

実際、私が同窓会に行くと、同級生の中ではいちばん若く見られます。
漫画家は室内にこもって仕事をしているので、あまり紫外線を浴びないこと、そして姿勢に気をつけていることが、若く見える理由かもしれません。

先日、人間ドックを受診しましたが、中性脂肪と血圧が少し高めで、やや脂肪肝ぎみな点を除けば、まったくの健康体。
医師からは「脳梗塞と十二指腸潰瘍、蓄膿症の跡が残っていますが、もう治っています」と言われました。

人間の体には自然治癒力が備わっているので、放っておけば治る、と気楽に考えています。
健康の秘訣は、ストレスをためないことでしょうか。

私の場合、映画を観ながらの寝酒が毎日のストレス解消になっていますし、夜型で睡眠時間はやや不足ぎみではありますが、同じリズムで毎日を過ごしている点が、健康につながっていると思います。
忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。

皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。

解説者のプロフィール

弘兼憲史
1947年、山口県生まれ。早稲田大学卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)に入社し、73年に退社。74年『風薫る』にて漫画家デビュー。代表作に『課長島耕作』から30年以上続く「島耕作シリーズ」や『人間交差点』など。近著に『弘兼流60歳からの手ぶら人生』(海竜社)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2018-10-08 00:51:34
私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)
更新: 2018-09-10 23:22:07
最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)
更新: 2018-09-10 23:25:48
今日、社会的な環境が大きく変化し、縁結びの世話をしてくれる人もいなくなりました。そこで、「良縁親の会」のような場を活用して、親が子どもの出会いをサポートするのは自然な流れといえます。子どもが「結婚したい」と思うようになるには、親の接し方がとても大切です。【解説】宮越のり子(一般社団法人良縁親の会理事・結婚カウンセラー)
更新: 2018-09-10 23:24:04
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:21:27
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt