MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
体の冷えや夜間頻尿を改善する食べ物「ショウガ紅茶」の作り方と効能

体の冷えや夜間頻尿を改善する食べ物「ショウガ紅茶」の作り方と効能

十数年前、私は乳ガンの手術を受けました。「ショウガ紅茶」を飲み始めたのは、その手術から1ヵ月ほどたってからのことです。【体験談】小出春子(仮名・主婦・70歳) 

ひざから下が北極にいるかのように寒かった

 十数年前、私は乳ガンの手術を受けました。「ショウガ紅茶」を飲み始めたのは、その手術から1ヵ月ほどたってからのことです。
 きっかけは、ショウガについて書かれた新聞記事でした。そこには、ガン細胞が低体温を好むこと、ショウガには体を温め、免疫力(病気に対する抵抗力)を高める働きがあることなどが、書かれていました。

 記事を読んで、私はハッとしました。なぜなら私の体温は35.5度以下と、まさに低体温そのものだったからです。
 実は、私はガン以前にも、自律神経失調症やぜんそくなど、いろいろな症状に苦しめられてきました。そんな体調不良も、低体温が原因であったかもしれません。
 免疫力を上げて丈夫になりたい、そう思った私は、ショウガを日常的に取り入れることに決めました。そして毎日、手軽に続けられるショウガ紅茶を飲んでみることにしたのです。

 ショウガ紅茶を初めて飲んだ朝のことは、今でもはっきりと覚えています。私は毎朝、自転車で通勤していたのですが、その朝は、冬なのにちっとも寒さを感じませんでした。
「今日は暖かい日なんだ」と、最初はそう思い込んでいました。しかし、しばらくたつと、いつもと同様に「寒いな」と感じ、先ほどのポカポカ感がショウガ紅茶の効果であることに、やっと気付いたのです。「ショウガって、こんなに効くんだ」と、私はとても驚きました。

 それ以来、私はティーポットにショウガ紅茶を作り置きし、気が向いたときに飲むようになりました。飲む量は特に決めていませんが、最低でも、1日にマグカップ3杯は飲んでいると思います。さて、その効果ですが、期待どおり、とでも言いましょうか、いろいろな不調が改善していきました。

 私にとって、最もうれしかったのは、極度の冷えとオサラバできたことです。以前の私は、冬になると、就寝時の足の冷えがひどく、ひざから下だけが、氷点下の北極に立っているかのような気分でした。
 そこで、寝るときには靴下をはき、掛け布団の上に毛布を2枚掛けて、敷き布団の上には電気毛布とフカフカの敷き毛布を重ねるのが習慣でした。
 しかし、ショウガ紅茶を飲み始めてからは、そんな状態が徐々に和らいでいったのです。

ショウガ紅茶の作り方

トイレ通いのために目覚めなくなった

 まず靴下がいらなくなり、続いて電気毛布や敷き毛布が必要ではなくなりました。そして、とうとう羽毛の掛け布団1枚だけでも、足の温かさが保てるようになったのです。
 冬の夜中、トイレ通いのために目が覚めることもなくなりました。以前は、床に就く3時間前から水分を取らないように気を付けても、尿意を感じるので困っていました。

 それが、一晩を通してグッスリと眠れるようになったのですから、ありがたいとしか言いようがありません。
 便秘もかなり改善しました。ちょっと硬めではありますが、毎日お通じがつくようになっています。以前は、1週間、便通がないのが当たり前でした。
 カゼもひきにくくなりました。のどが痛いな、と思ったときもショウガ紅茶を飲めば、ひどくなることがありません。

 おかげで、カゼのひき始めによく起こっていた、ぜんそくの発作に悩まされることもなくなりました。
 これだけ健康になったのですから、もちろん低体温も改善されています。今では常に36度台となりました。
 そして、つい先日、とてもうれしい出来事がありました。いつものようにガンの経過観察のため、病院に行ったところ、主治医から「10年間、再発しなかったのですから、もう大丈夫」と太鼓判を押されたのです。
 通院も必要ないとのこと。私はうれしさで胸がいっぱいになりました。
 体調を維持するためにも、私はこれからもショウガ紅茶を飲み続けるつもりです。

冷えると体は余分な水分を外に出そうとする(イシハラクリニック副院長・石原新菜)

 夜中、寝ている間にトイレに行きたくなる夜間頻尿は、寝る前の水分摂取量と関係します。しかし、それ以上に私が注目しているのは、夜中の気温と体温です。
 夜中は日中に比べて気温が低くなりますが、体温も下がるのです。特に午前3~5時にかけて、私たちの体温は24時間の中でいちばん低くなります。
 寒いとくしゃみや鼻水が出るように、寒いと体は、体を冷やす余分な水分を捨てて体を温めようとします。そのため、元々冷え症の人は、水分を排出する働きが強まり、それが夜間頻尿となるのです。

 体の冷えが原因で夜間頻尿になっている人は、まず体を温めることが重要です。そこで私がお勧めしているのが、「ショウガ紅茶」です。
 ショウガは昔から漢方薬にも含まれるほど、体を温める作用が強く、免疫力(病気に対する抵抗力)アップ、ダイエット、老化予防など多岐にわたる効能があります。
 同様に体を温める作用のある紅茶に、すりおろしたショウガとお好みで黒糖を入れれば、飲みやすく手軽に体を温めることができます。
 ただ、紅茶は利尿作用があるので、日中はショウガ紅茶を飲み、夕食以降はショウガ湯にするのがよいでしょう。

 私の患者さんで、頻尿なのに尿量が少ない人や、年中膀胱炎になる人が、ショウガ紅茶を飲んで、腹巻きで体を温め続けた結果、症状が軽くなったというケースがあります。
 小出さんの例のように、体が冷えると、ガンのリスクも高まります。ガン細胞は、35℃以下の環境で最も増殖しやすいことがわかっているのです。
 また、自律神経失調症は低体温の人がかかりすく、ぜんそくも体内に余分な水分と冷えがある人に多く見られます。
 あらゆる不調の改善・予防のために、冷えを治すショウガ紅茶を習慣的に取り入れていただきたいと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt