MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
鼻炎や後鼻漏による【鼻づまり】 驚くほど鼻が通る「鼻うがい」のやり方

鼻炎や後鼻漏による【鼻づまり】 驚くほど鼻が通る「鼻うがい」のやり方

世の中には、つらい症状にもかかわらず、一般的な医療では、なかなか改善・治癒に導けない症状や病気が多数あります。実は、これらの発症・悪化を防ぐのにたいへん役立ち、手間もお金もほとんどかからない方法があります。それは、「鼻うがい」です。【解説】堀田修(堀田修クリニック院長)

解説者のプロフィール

堀田修
堀田修クリニック院長。1988年にIgA腎症の根治治療として扁摘パルス療法を考案。扁桃、上咽頭、歯などの病巣感染(炎症)が引き起こす様々な疾患の臨床と研究を行う。
●堀田修クリニック
宮城県仙台市若林区六丁の目南町2番39号
TEL 022-390-6033
http://hoc.ne.jp/

“正しい鼻うがい”は痛くも苦しくもない!

世の中には、つらい症状にもかかわらず、一般的な医療では、なかなか改善・治癒に導けない症状や病気が多数あります。
例えば、関節炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉症、肩こり、慢性頭痛、全身倦怠感、めまい、慢性的な鼻水・鼻づまり、後鼻漏(鼻水がのどに流れてくる症状)、大腸炎、ある種の腎臓病などです。

読者の皆さんの中にも、これらの症状や病気で、頻繁に病院に行ったり、薬を飲み続けたりしている人は多いでしょう。
いったんは治療できても、またぶり返し、半ばあきらめている人もおられるかもしれません。

実は、これらの発症・悪化を防ぐのにたいへん役立ち、手間もお金もほとんどかからない方法があります。
それは、「鼻うがい」です。

鼻うがいは、簡単に言いますと「水と食塩を混ぜたごく少量の塩水を鼻の穴から入れ、のどの奥から出す」という方法です。
詳しいやり方は下の画像のとおりで、いたって手軽に行えます。

正しく行えば、入れた水は瞬間的にのどに流れてきて、痛くも苦しくもありません。
こんなに簡単な方法で、なぜ大きな効果があるかというと、鼻うがいで、のどの「上咽頭」という部分を洗えるからです。

上咽頭は、のどの上のほうにあり、鼻から吸い込んだ空気が最初に通る「関所」です。
つまり、外部から侵入した細菌やウイルスと、ファーストコンタクトをとる場所であり、それらと戦う最前線ともいえます。

当然、上咽頭は、病原体から体を守る免疫(病気に抵抗する働き)のしくみと密接に連携しています。
同時に、全身各部の働きを司る自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)とも深く関係しており、いわば「健康の土台」を作る場所です。

ところが、この重要な場所に、現代人のほとんどは多少の差はあれ炎症を持っています。
その炎症が基になって、免疫のしくみや自律神経の働きが乱れると、前述のような症状・病気が起こってきます。

さらに上咽頭の強い炎症が慢性化すると、こうした症状・病気が治りにくくなるのです。
その上咽頭の炎症を防ぐ、あるいは軽いものなら改善できるのが「鼻うがい」です。

驚くほど鼻がス~ス~通る!鼻うがいのやり方

鼻がつまって息がしづらいときには、鼻うがいが効果抜群!
冷蔵庫に生理食塩水を常備しておくと、いつでもすぐに行えます。

STEP1生理食塩水を作る

必要なもの
・水
・食塩

水は蒸留水、精製水(コンタクトレンズ用のもので可)を用います。
水道水はそのまま使わずに煮沸してください

作り方

水1Lで食塩9g。500mlのペットボトルだと4~5gほどの食塩を入れます。
作った生理食塩水はペットボトルなどに入れて冷蔵庫で保管

STEP2鼻うがいのやり方


生理食塩水をスポイトや魚形のしょうゆ容器に入れます
※容器は鼻の穴に入れやすく、押せば水が出るものであれば可


頭を大きく後ろに傾け、生理食塩水を左右、片方ずつ鼻の穴から口へと流します。
1回で鼻の奥に流す量は5ml(小さじ1杯)ずつが目安


口へと生理食塩水が流れてきたら終了。
飲み込んでも問題ありません

朝と晩の1日に2回が基本

チェック!
鼻うがいの直後は鼻をかまないでください。
まれに中耳炎などを引き起こします

医師の療法を基に鼻うがいは生まれた

カゼの予防や改善のために、のどでガラガラとやる普通のうがいをしている人は多いでしょう。
しかし、この普通ののどうがいでは、のどの奥の中咽頭までしか洗えません。

その上にある肝心の上咽頭は、鼻うがいでしか洗えないのです。
中咽頭は、もともと外からの病原体がつきやすい場所ではないので、のどうがいによるカゼの予防・改善効果は、そんなに高くありません。

病原体の侵入や、それによる炎症を防ぐには、上咽頭が洗える鼻うがいこそ効果的なのです。
鼻うがいは、医師による綿棒や器具を使って、上咽頭をこする治療法が基になっています。

この綿棒には、塩化亜鉛という薬を含ませておき、こすって出血させると同時に、薬で焼くことで上咽頭の炎症を取ります。
上咽頭の慢性炎症が強い人ほど、強烈な痛みを伴う治療法なのですが、前述のような症状・病気に劇的に効きます。

私の専門は腎臓ですが、腎臓の糸球体という部分に、免疫が関係した慢性炎症が起こる難病、IgA腎症にも、この治療法がよく効きます。
ほかに、原因不明の倦怠感に襲われる慢性疲労症候群や、全身の痛みに襲われる線維筋痛症、近ごろ話題の子宮頸がんワクチンによる副反応(全身の倦怠感、痛み、しびれなどが起こる)など、一般的な治療法でうまく治せない病気が、この治療法で非常によくなります。

この治療法は、鼻咽腔の頭文字から「Bスポット療法」と呼ばれてきましたが、私は「上咽頭擦過療法」の英名の頭文字をとってEATと呼び、海外にも広めようとしています。
鼻うがいは、いわばEATの家庭版です。

もちろんEATほどの劇的な効果はないとしても、上咽頭を洗浄するには有効で、手軽にできるのが利点です。
深刻な病気の場合は、EATに詳しい医師の下で施療や指導を受ける必要がありますが、そこまで深刻でない前述のような症状・病気を、家庭で改善したい人にはお勧めします。

また、カゼの予防やさまざまな軽微な症状の改善にも役立ちますので、どんな人でも、やれば健康の維持・増進に効果が得られます。
簡単にできて、「健康の土台」をしっかり立て直せる鼻うがいを、ぜひお試しください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
鼻の通りがよくなると、体調がぐんとよくなって、顔も美しくなり、スーッと気持ちよい体の状態になります。顔の真ん中にある鼻が、重要なのです。このことを、もっと多くの人に気づいてほしいと私は思っています。【解説】杉本錬堂(NPO法人錬堂塾主宰・天城流湯治法湯治司)
更新: 2018-09-13 12:45:08
鼻の通りをよくするために交感神経を刺激しても、それで不眠になることはありません。むしろ鼻づまりは睡眠の質を落とします。鼻づまりを我慢せず、安心して、今回紹介している3つの方法を行ってください。【解説】石井正則(JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)
更新: 2018-06-23 22:02:06
ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い快適な毎日を送れるようになっていきます。ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)
更新: 2018-09-03 17:57:58
呼吸器系の炎症が8週間以上続くと「慢性気管支炎」と診断されます。それ以外の場合、上気道であるのどもしくは鼻副鼻腔の疾患の可能性があります。耳鼻咽喉科の専門領域で、内科では対処できない場合も。慢性鼻炎や蓄膿症を併発し止まらない痰(後鼻漏)を起こしているケースが多いのです。【解説】呉孟達(アレジオ銀座クリニック院長)
更新: 2018-05-26 18:25:38
おじぎ呼吸は、首の周辺の筋肉を緩めると同時に、首を引き上げる姿勢を取ることで、交感神経を強く刺激します。自律神経のスイッチをスムーズに切り替えることで、朝の花粉症、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、アレルギー性鼻炎の症状を改善できるのです。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)
更新: 2018-09-28 09:49:49
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt