【膀胱炎の症状】間質性膀胱炎の原因と治し方 頻尿・排尿後の痛み 食事に注意

【膀胱炎の症状】間質性膀胱炎の原因と治し方 頻尿・排尿後の痛み 食事に注意

膀胱炎は女性に多い病気です。通常の膀胱炎は、細菌による感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。しかし、細菌感染が原因でない、特殊な膀胱炎があります。間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)と呼ばれるものです。患者のほとんどは女性で、代表的な症状は、頻尿、尿意切迫感です。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


細菌感染のない膀胱炎で近年増えている

 膀胱炎は女性に多い病気です。通常の膀胱炎は、細菌による感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。
 しかし、細菌感染が原因でない、特殊な膀胱炎があります。「間質性膀胱炎」と呼ばれるもので、近年増えています。患者のほとんどは女性で、代表的な症状は、頻尿、尿意切迫感(急激な尿意を感じてがまんできなくなる)、膀胱の痛みです。

 通常の膀胱炎でも頻尿は起こりますが、間質性膀胱炎では、強い尿意切迫感を伴うのが特徴で、頻尿の程度も強くなります。膀胱の痛みも特徴的で、痛みは膀胱に尿がたまると強くなり、排尿すると軽減します。
 通常の膀胱炎では、膀胱に尿がたまるだけでは痛まず、排尿の終わりごろから排尿後にかけて、しみるように痛みます。この点が、通常の膀胱炎の症状との大きな違いです。

 本来、膀胱壁は、尿がたまるにつれてよく伸び、広がります。普段の厚さは1.5cmほどですが、伸びたときは3mmくらいまで薄くなります。
 これにより、個人差はあるものの、成人で250〜600mL、平均で500mL程度の尿がためられます。

 しかし、間質性膀胱炎を起こした人の膀胱は、萎縮して、伸びが悪くなっています。そのため、尿がたまって引き伸ばされると痛むのです。
 進行すると、膀胱にためられる尿量が50mL程度まで落ちることもあります。腎臓で作られる尿量は、平均して1時間60mL程度ですから、進行すると、1時間分の尿をためることさえ難しくなるわけです。
 間質性膀胱炎の原因は、今のところ不明ですが、自己免疫疾患(病原体から体を守る免疫のしくみが、誤って自分の組織を攻撃して起こる病気)の一種ではないかといわれています。

 治療としては、膀胱の収縮を抑える抗コリン薬や鎮痛薬の投与、麻酔をして膀胱に生理食塩水を注入し、膀胱壁を拡げる「水圧拡張術」などがあります。水圧拡張術は、入院設備のある泌尿器科で行います。
 必要に応じてこれらを受けるとともに、重要なのが食事です。
 間質性膀胱炎の症状を悪化させるNG食品を避け、悪化させるおそれが少ない食品を取るようにすると、症状の改善につながります。

柑橘類やコーヒー、 大豆、タマネギはNG

 NG食品と、食べてもOKな食品の例は、表のとおりです。全般的に、酸味や刺激の強いもの、熟成の進んだものは、NG食品の傾向があります。

 このほか、人工保存料、人工甘味料、うま味調味料、香料なども、できるだけ避けましょう。サプリメントやビタミン剤も、刺激になる場合があるので、注意が必要です。

 ただし、どんな食品でどう悪化するかは、個人差があります。そこで、食べた食品と症状の現れ方を記す「食事日記」をつけると、自分のNG食品がわかってきます。それと合わせて、睡眠・便通・体調・天気・月経周期なども記録すると、参考になる場合があります。

 なお、なかには間質性膀胱炎を、通常の膀胱炎と診断され、抗生物質を処方されて、なかなか改善できないケースもあります。
 ここに挙げた症状に思い当たる場合は、泌尿器の専門医を受診してみましょう。

石井泰憲
長崎大学医学部卒業。東京大学医学部非常勤講師、埼玉社会保険病院泌尿器科部長を経て、2005年より現職。医師だけでなく、医療・介護の関係者で身近な問題を検討できる埼玉老年・泌尿器科研究会を設立、代表世話人。雑誌や新聞での泌尿器トラブルの解説多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


尿もれ 間質性膀胱炎 頻尿

関連する投稿


男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

尿もれの中でも「腹圧性尿失禁」は、セキをしたとき、クシャミをしたとき、重いものを持ったときなど、ちょっとおなかに力が入ったときによく起こる症状です。週に2回も3回も下着を替えないといけないような尿もれの場合には、大いに気になるはずですし、改善策が必要でしょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )