MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【女性に多い間質性膀胱炎】症状、治療、食事NG食品について医師が解説

【女性に多い間質性膀胱炎】症状、治療、食事NG食品について医師が解説

膀胱炎は女性に多い病気です。通常の膀胱炎は、細菌による感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。しかし、細菌感染が原因でない、特殊な膀胱炎があります。間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)と呼ばれるものです。患者のほとんどは女性で、代表的な症状は、頻尿、尿意切迫感です。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)

解説者のプロフィール

石井泰憲
長崎大学医学部卒業。東京大学医学部非常勤講師、埼玉社会保険病院泌尿器科部長を経て、2005年より現職。医師だけでなく、医療・介護の関係者で身近な問題を検討できる埼玉老年・泌尿器科研究会を設立、代表世話人。雑誌や新聞での泌尿器トラブルの解説多数。

●石井クリニック
http://www.ishii-clinic.jp/index.html

細菌感染のない膀胱炎で近年増えている

 膀胱炎は女性に多い病気です。通常の膀胱炎は、細菌による感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。
 しかし、細菌感染が原因でない、特殊な膀胱炎があります。「間質性膀胱炎」と呼ばれるもので、近年増えています。患者のほとんどは女性で、代表的な症状は、頻尿、尿意切迫感(急激な尿意を感じてがまんできなくなる)、膀胱の痛みです。

 通常の膀胱炎でも頻尿は起こりますが、間質性膀胱炎では、強い尿意切迫感を伴うのが特徴で、頻尿の程度も強くなります。膀胱の痛みも特徴的で、痛みは膀胱に尿がたまると強くなり、排尿すると軽減します。
 通常の膀胱炎では、膀胱に尿がたまるだけでは痛まず、排尿の終わりごろから排尿後にかけて、しみるように痛みます。この点が、通常の膀胱炎の症状との大きな違いです。

 本来、膀胱壁は、尿がたまるにつれてよく伸び、広がります。普段の厚さは1.5cmほどですが、伸びたときは3mmくらいまで薄くなります。
 これにより、個人差はあるものの、成人で250〜600mL、平均で500mL程度の尿がためられます。

 しかし、間質性膀胱炎を起こした人の膀胱は、萎縮して、伸びが悪くなっています。そのため、尿がたまって引き伸ばされると痛むのです。
 進行すると、膀胱にためられる尿量が50mL程度まで落ちることもあります。腎臓で作られる尿量は、平均して1時間60mL程度ですから、進行すると、1時間分の尿をためることさえ難しくなるわけです。
 間質性膀胱炎の原因は、今のところ不明ですが、自己免疫疾患(病原体から体を守る免疫のしくみが、誤って自分の組織を攻撃して起こる病気)の一種ではないかといわれています。

 治療としては、膀胱の収縮を抑える抗コリン薬や鎮痛薬の投与、麻酔をして膀胱に生理食塩水を注入し、膀胱壁を拡げる「水圧拡張術」などがあります。水圧拡張術は、入院設備のある泌尿器科で行います。
 必要に応じてこれらを受けるとともに、重要なのが食事です。
 間質性膀胱炎の症状を悪化させるNG食品を避け、悪化させるおそれが少ない食品を取るようにすると、症状の改善につながります。

柑橘類やコーヒー、 大豆、タマネギはNG

 NG食品と、食べてもOKな食品の例は、表のとおりです。全般的に、酸味や刺激の強いもの、熟成の進んだものは、NG食品の傾向があります。

 このほか、人工保存料、人工甘味料、うま味調味料、香料なども、できるだけ避けましょう。サプリメントやビタミン剤も、刺激になる場合があるので、注意が必要です。

 ただし、どんな食品でどう悪化するかは、個人差があります。そこで、食べた食品と症状の現れ方を記す「食事日記」をつけると、自分のNG食品がわかってきます。それと合わせて、睡眠・便通・体調・天気・月経周期なども記録すると、参考になる場合があります。

 なお、なかには間質性膀胱炎を、通常の膀胱炎と診断され、抗生物質を処方されて、なかなか改善できないケースもあります。
 ここに挙げた症状に思い当たる場合は、泌尿器の専門医を受診してみましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)