MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足裏に魚の目・たこがあると腰痛・膝痛の危険あり!足でわかる病気のサイン

足裏に魚の目・たこがあると腰痛・膝痛の危険あり!足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)

解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。
1995年、山形大学医学部卒。
日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。
難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。
フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。
専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

病気のサインはすべて足に現れる!

2017年4月1日に放送されたテレビ番組『サタデープラス』(毎日放送・TBS系)で、「足からわかる病のリスク」というコーナーに出演したところ、たいへんな反響がありました。
そのコーナーで私は、「足の小指の爪が小さいと腰痛・尿モレの危険性がある」と指摘しました。

「なぜ足の小指の爪と尿モレが関係あるの?」と思うかたもいるでしょう。
後に解説しますが、これは不思議なことではありません。

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。
何年も何十年も支え続けるわけです。

体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。
逆のパターンもあり得ます。

ハイヒールやパンプス、合わない靴などを履き続けると、足に異常が現れ、全身の不調につながっていきます。
足の不調、症状から、現在の体の不調や痛み、将来なる危険性のある病気などが読み取れることがあります。

ここでその例を見てみましょう。

足の症状❶
「足の小指の爪が小さい」と「腰痛・尿モレ」の危険性あり


足の小指の爪が小さいのは、足の異常の1つです。
個人差がありますが、薬指の爪に比べて、小指の爪が半分以下の人は、当てはまります。

生まれつき足の小指の爪が小さい、ということはありません。
長年の蓄積で足の爪に異常が出ているのです。

小指の爪だけが小さくなる要因の1つは、体の外側に荷重をかけて歩いている「外側荷重」が原因です。
体の外側に荷重をかけながら歩く人は、小指で靴底を握りしめながら歩く傾向があります。

これが続くと、爪の先端と根本の肉が発達します。
その結果、爪が圧迫され、小さくなっていきます。

外側荷重のクセがつくと、大腿(太もも)の外側の筋肉は使いますが、大腿を内転させる筋肉を日常であまり使わなくなります。
この筋肉は、上半身と下半身をつなぐ骨盤と連動していますので、骨盤を支えている筋肉がゆるんでしまいます。

これが尿モレにつながっていくわけです。
さらに、このような歩き方をする人は、腰を反らせておなかが前に出る、いわゆる骨盤前傾といわれる姿勢になりやすいため、さらに腹筋が弱くなり、腰に負担がかかります。

これが腰痛を引き起こす要因になっています。


足の症状❷
「ウオノメ、たこがある」と「腰痛・ひざ痛」の危険性あり


女性に多く見られるのは、足裏の前方中心部にできるたこやウオノメです。
外反母趾、足のアーチの低下などにともなって、足裏の前方中心部に過度に地面からの圧力を受けるような歩き方になり、発生しやすくなります。

たこ、ウオノメは足のバランスがくずれて、ゆがみが生じているサインです。
ゆがみを放置すると、ひざ痛や腰痛、肩こりなどの原因になることが考えられます。


足の症状❸
「かかとがガサガサしている」と「肥満・生活習慣病」の危険性あり


ガサガサかかとになる原因にはいくつかありますが、大きな要因の1つに「かかと体重」があります。
文字どおり、かかとに体重がかかり過ぎている状態です。

前述した小指の爪が小さくなる機序と関連しています。
正常な状態では、かかと、親指のつけ根、小指のつけ根の3点を結んだ「足のアーチ」で、全身の体重を無理なく支えます。

しかし、運動不足により足の裏の筋肉や足指の関節が衰えている人、肥満傾向にある人などは、かかとに体重がかかり過ぎになる傾向があります。
すると、かかとの皮膚に極端なストレスがかかり、角質が厚く、固くなります。

運動不足、肥満傾向にある人は、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高くなるわけです。
これらの足のトラブルは、癖のある歩き方や履いている靴などの問題から引き起こされますが、歩き方には足の裏や足指の筋肉が大きく関与しています。

この筋肉が衰えると、ふくらはぎ、太もも、お尻、股関節まわりの筋力の低下にもつながり、将来の寝たきり生活をまねきます。

足裏・足指の筋肉を鍛えて病気のサインを消す「足のもみ方」

むくみや冷えの改善、外反母趾の予防に効果的

今回は、足のトレーニングとケアに有効な「足指ほぐし」と「足首ストレッチ」を紹介します(上の写真参照)。
これらは足の筋力をつけるほかに、むくみや冷えの改善、足の変形や外反母趾の予防、足の腱をほぐすなどの効果もあります。

毎日履く靴もたいせつです。
女性の場合、日常的にパンプスを履いている人が多いと思いますが、パンプスはヒールの高低にかかわらず、歩行には向いていません。

また、ヒールの高い靴、つま先が細い靴も足に負担をかけます。
通勤ではウオーキングシューズを履いて、職場で履き替えるなど、足に気を遣った生活を心がけてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)