医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【生姜の冷え改善効果】夏の冷え性も防ぐ手作りジンジャーエール

【生姜の冷え改善効果】夏の冷え性も防ぐ手作りジンジャーエール

炎天下の屋外と、クーラーでキンキンに冷えた車内・室内。そのギャップが夏の冷え性の原因です。そこで、冷たくて、ゴクゴク水分補給ができて、でも体はポカポカ温まる―そんなこの時期にピッタリの飲み物「手作り美味ジンジャーエール」を紹介しましょう。ショウガの薬効があなたを守ってくれます。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


簡単に作れて飽きない「ジンジャーエール」で体の冷えがよくなった人が続出

イベントがきっかけで「ほぼ日」に登場し反響が私はフードディレクターとして食に関わる仕事を続けてきましたが、もともとショウガをはじめスパイスが大好きで、お料理にもよく使っていました。
数年前、あるイベントで、自家製のジンジャーエールを出したところ、思いのほか好評で、「ショウガは、わき役ではなく、主役級の素材なんだ」と改めて実感しました。

その後、自家製ジンジャーエールを飲んだかたからのご縁で、糸井重さん主宰のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に掲載していただき、大きな反響がありました。
「自分と同じように、ショウガ好きな人ってこんなにたくさんいるんだ」と感動したことを覚えています。

その中では、ジンジャーエールやお菓子にも使う、ジンジャーシロップの作り方を紹介しています。
このショウガレシピが、多くのかたがたのお役に少しでも立てればと思い、本も出版しました。

本を読んでくださったかたからは、「冷えが軽くなった」「疲れなくなった」「夏バテしない」「カゼをひかない」など、体の変化についての感想もたくさんいただきました。
特に夏は、冷房や冷たいものの取り過ぎで、体が冷えて疲れやすいですが、自家製ジンジャーエールは、冷たくても体の内部から温まり、水分補給もできる、優れたドリンクだと思います。

この、簡単で、おいしくて、体にいいジンジャーエールを、ぜひ皆さんにも作っていただきたくて、このレシピを別ページでご紹介しています。
シロップ作りで残ったショウガスライスも、活用法がたくさんあり、皮はもちろん、ショウガを余すところなく使えます。

ちなみに、市販のジンジャーエールは、ショウガが入っておらず、ショウガの香りを出す香料のみのものも。
それだと、ショウガの栄養効果を得ることはできないですよね。

皮ごと使える無農薬の安心なショウガを選びたい

自家製ジンジャーエールは、「飲んだらすぐに体がポカポカしてきた」という人も多いですが、1回きりではなく、毎日取ることで、体が大きく変わっていきます。
そのため、「簡単に作れて、飽きない」ということが、大事なポイントになるのです。

炭酸水で割るジンジャーエールや、紅茶に入れて飲む、ヨーグルトのシロップにするなど、皆さんが取り入れやすいスタイルを別記事に提案しているので、ぜひ毎日続けてみてください。
また、毎日食べるものだからこそ、ショウガはなるべく新鮮で、できれば無農薬のものを選びたいですね。

私はできるだけ、高知の「土佐山有機生姜」(上の写真)を使うようにしています。
皮ごと安心して使え、辛味、香りもしっかりとしていてお勧めです。

体を温めてくれるショウガの辛味成分は、皮の部分に多く含まれているため、皮ごと使いたいものです。
生産者のかたも、ビールに手作りのジンジャーエールを入れるなど、毎日ショウガを食べられていて、とてもお元気です。

「やはりショウガにはすごいパワーがあるのだ」と、お会いすると実感できます。
ジンジャーシロップに使用するお砂糖も、白砂糖ではなく、きび糖など、精製度が低く、ミネラルが豊富なものを選びましょう。

「ショウガをすりおろして、生で食べるほうが栄養が摂れるのでは?」と質問されることも多いのですが、ショウガは加熱すると栄養価がアップすることがわかっています。
生で食べると、たくさんの量を取るのが難しいという面もあるので、ジンジャーシロップなど、加熱して保存できる形にして、毎日続けて取ることをお勧めします。

夏には、繊維がやわらかく、さわやかな辛味が特徴の「新ショウガ」を見かけることも多いでしょう。
でも、ジンジャーシロップを作るのに使うのは、一般のショウガのほうが向いています。

万能調味料として料理にも使える

ジンジャーシロップは、ジンジャーエールなどのドリンクだけでなく、料理のレシピに加えると、万能調味料として味つけも決まります。
スープ、サラダ、パスタ、おかず、ごはん、スイーツと、ほどよい辛味が食欲を増す一品が完成!また、ジンジャーシロップは、アルコールとの相性も抜群。

ホット梅酒やホットワイン、ジンジャーハイボールにジンジャービールなど、さまざまなお酒で楽しめます。
スパイスをお好みでプラスして、オリジナルシロップを作るのもお勧めです。

さわやかで甘い香りのクローブ、清涼感のある香りのカルダモン、体を温めてくれる作用のあるシナモンなど、どうぞご自分のお好みの味で「マイジンジャーシロップ」を作ってみてください。
皆さんがショウガを身近に感じ、「ジンジャーライフ」を楽しく、健康に続けていかれることを、心より願っています。

氷を入れて飲んでも体が冷えすぎない

ジンジャーシロップは、3~4倍で薄めて飲むのが基本。
炭酸水でジンジャーエールにするのはもちろん、紅茶、牛乳、フルーツジュース、ビールとも相性がよく、おいしく健康的なドリンクが出来上がります。

ジンジャーエールは、レモンとミントを加えると、さらにさわやかさが加わり、熱い夏にぴったり。
氷を入れて飲んでも、体が冷えすぎず、じんわり温かくなってくるのが不思議です。

中には、汗が出てくると言う人もいます。
スムージーに、ジンジャーシロップを加えるのもお勧めです。

いつもの紅茶も、ジンジャーシロップとスライスをプラスすることで、違ったおいしさが楽しめます。
さらに、シナモンやカルダモン、クローブなどのスパイスを加えると、「スパイスチャイ」として温め効果がさらにアップします。

冷房の効き過ぎで体が冷えてしまったときにも重宝するでしょう。

「ジンジャーシロップ」の作り方・アレンジレシピ

フレッシュレモンジンジャーエールの作り方

【材料】
ジンジャーシロップ 50cc
レモン 1/4 個
炭酸水 150cc
氷 適量
ミント 適量

【作り方】
①レモンはよく洗い、小さめの乱切りにし、種を取り除く。
②グラスに氷、ジンジャーシロップ、ミント、レモンを搾り入れ、炭酸水を注いで完成。
※暑い日には、レモングラスなど体の熱を取ってくれるハーブを加えるのもお勧め。

解説者のプロフィール

嶋田葉子
フードコーディネーター。
国内外のオーガニックレストランでの調理やインテリアショップでの勤務を経て、現在は旬の素材を使った料理企画やケータリングを行う「labo85」主宰。期間限定カフェやレストランメニューの開発などで幅広く活動中。オリーブオイルソムリエの資格も持つ。著書は『朝昼晩しょうがレシピで冷えしらず こんなに使えるジンジャーシロップ』(家の光協会)。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

気功を行えば、自然と腸が健康になります。私は「より即効的に便秘を改善する方法はないか」と、考えました。そして、25年にわたる気功研究の中で考案したのが、今回ご紹介する快便呼吸です。腹部のポイントを指先で押しながら呼吸をすることで、便意を促し、スムーズな排便が期待できます。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


軽い気持ちで始めたら血圧が下がってビックリ! アキレス腱トントン体操の効果

軽い気持ちで始めたら血圧が下がってビックリ! アキレス腱トントン体操の効果

効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)