医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

生のショウガに多く含まれているジンゲロールは、末梢の血管を拡張させて血行をよくし、体を温める効能があります。頭痛や吐き気を抑え、殺菌作用や胆汁の分泌を促進する作用があり、免疫力のアップ、抗ガン効果も確認されています。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


内臓が冷えている夏こそ体を温めよう

実は、夏はいちばん体が冷える季節。
クーラーで冷え、薄着で冷え、冷たいものを飲んで内臓が冷えます。

外は暑いですが、オフィスや電車の中、デパートなど室内はクーラーが効きすぎて、じっとしていると寒くなるほどですよね。
昔は暑さで夏バテしていましたが、今は内臓が冷えて、胃腸の働きが落ち、下痢や便秘になり、自律神経(※自律神経とは、意志とは無関係に体を調整している神経で、体を緊張状態にする交感神経と、体を弛緩状態にする副交感神経とのバランスで成り立っている。)が乱れて眠れない……という、冷えからくる夏バテをしている人が多いのです。

特に女性は、冷えによって子宮や卵巣の血行が悪くなり、生理不順や生理痛、膀胱炎になる人も少なくありません。
血行が悪くなると、むくみも起こります。

冷えは万病のもと。
つまり、内臓が冷えやすい夏こそ、意識して体を温めなくてはいけないのです。

そこで、手軽に体を温めるのにお勧めなのが、ショウガです。
ショウガは、インド原産の植物で、今から2000年以上前に世界中に伝わり、優れた薬効がすでに知られていました。

主な漢方薬の70%にショウガが加えられており、中国の明の時代の薬学の本には、「ショウガは万病を防ぐ」と書かれています。
また、アメリカの国立ガン研究所のガン予防食品研究プログラムで、ショウガが重要視され、ミシガン大学の研究では、ガン細胞を自滅に導くことがわかっています。

つまり、漢方でも現代医学でも、ショウガの薬効は認められており、歴史が始まってからずっと私たちの健康を守ってくれているのです。

ショウガオールは加熱すると増える

ショウガには、ジンゲロールとショウガオールという、2つの成分が含まれています。
生のショウガに多く含まれているジンゲロールは、末梢の血管を拡張させて血行をよくし、体を温める効能があります。

頭痛や吐き気を抑え、殺菌作用や胆汁の分泌を促進する作用があり、免疫力のアップ、抗ガン効果も確認されています。
ショウガオールは、ショウガを貯蔵したり加熱したりすることで、ジンゲロールが変化して増える成分です。

体の内部から発熱させて体温を上げ、血液をサラサラにし、免疫力を高め、コレステロールを下げ、消化吸収能力を高めてくれます。
抗酸化作用や抗菌、解毒作用もあります。

脂肪や糖質の燃焼も促進させるので、ダイエットにも効果的です。
また、ショウガを生のままでたくさん食べるのは難しいですが、煮出してジンジャーシロップにするなど加熱すると、有効成分をたっぷり摂ることができます。

「ジンジャーシロップを冷たい炭酸水や氷で割ったジンジャーエールは体を冷やさないの?」と心配するかたもいらっしゃいますが、だいじょうぶです。
体を温める陽性の食物は、冷たくして食べたり飲んだりしても、体は温まるのです。

「冷たいジンジャーエールを飲んだけど、汗がいっぱい出てきた」というかたも多いはずです。
私自身も、食生活にショウガが欠かせず、朝はリンゴとニンジンとショウガでジュースを作ります。

そして、クリニックではショウガ紅茶を飲み、夜は酢ショウガ、ショウガのみそ漬け、納豆にショウガ、みそ汁にショウガと、ショウガ尽くし。
蒸しショウガも作って、細かく刻んで密閉容器に入れ、いろんなものにかけて食べています。

おすし屋さんでは、なんといってもガリは無料。
おすしよりもガリのほうをたくさん食べているかもしれません(笑)。

皆さんも、夏こそショウガを食べて、元気にお過ごしてください。

ショウガの薬効

◎体を温める
ジンゲロールが末梢の血管を拡張させて血行をよくし、ショウガオールが体の中心の体温を上げて、温まる。

◎痛みを取る
ジンゲロールが血行をよくして、痛みを引き起こすプロスタグランジンというホルモンの分泌を抑制する。

◎免疫力を上げる
ジンゲロール、ショウガロールの辛み成分が白血球を活性化するため、免疫力アップに役立つ。

◎熱を下げる
ジンゲロールが体を温めて、汗をかくことで、熱が放出され、上がりすぎた熱を下げてくれる。

◎ダイエット効果
血行がよくなると代謝もアップし、脂肪が燃焼しやすくなるため、ダイエットの強い味方に。

◎コレステロール低下
ジンゲロールにより胆汁の分泌が促進され、血中のコ㆑ステロール濃度が低下する。

◎血液サラサラ
血管が拡張して血液の流れがよくなるので、血液がサラサラになり、動脈硬化を予防してくれる。

◎老化予防
ショウガオールは抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれるため、アンチエイジングに役立つ。

◎殺菌作用
ジンゲロールには殺菌作用があり、辛み成分がばい菌を繁殖するのを防いでくれる。食中毒の防止も。

◎血圧を下げる
血管が拡張されるため、血圧を下げてくれる。下がりすぎることはないので低血圧の人が食べてもいい。

◎肝機能の改善
血行がよくなることで、肝臓での解毒作用もアップするため、肝機能の改善に役立つ。

◎うつ症状を改善する
血流がよくなると、気の流れがよくなり、うつ症状を改善。ショウガの香りもリラックスできてスッキリ。

◎吐き気をおさえる
延髄にある嘔吐中枢を刺激して、吐き気をおさえる。胃腸の働きがよくなり、ムカムカがとれる。つわりにもいい。

◎気管支を広げる
ジンゲロールには、せきなどの原因になるロイコトリエンを抑制する働きがある。血行がよくなり呼吸が楽になる。

◎便秘
消化・吸収力がアップし、体の中の水分の排出も促すので、腸の働きを正常にしてくれる。

◎花粉症
免疫の働きをよくして、バランスを整えるため、花粉症をはじめ、ア㆑ルギー病の改善につながる。

石原新菜
医師、イシハラクリニック副院長。帝京大学医学部卒業後、同大学病院で2年間の研修医を経て、父である石原結實医師のクリニックで、主に漢方医学、自然療法、食事療法により治療にあたる。講演、テレビ、ラジオ、執筆活動でも活躍。著書は 13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸し生姜健康法』をはじめ30冊を数える。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。日本温泉気候物理医学会会員。2児の母。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)


お寿司の「ガリ」に栄養・健康効果はある?甘酢生姜の薬効と手作りレシピ

お寿司の「ガリ」に栄養・健康効果はある?甘酢生姜の薬効と手作りレシピ

普段気軽に食べているお寿司の「ガリ」の健康効果を知っていますか?ガリは酢とショウガで作る甘酢ショウガのこと。実は、立派な薬膳料理なのです。この甘酢ショウガには体の解毒作用を高める効果があります。日常的に食べるのがお勧め!自分でも簡単に手作りできるので作り方もご紹介しましょう!【解説】武鈴子(食養研究家)


VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

科学的に耳の裏刺激の効果を検証したいと考えた私は、手軽に耳の裏を刺激できる耳かけ式磁気グッズを開発し、耳の裏を刺激したときのデータを取ることにしました。検証したのは「VDT症候群」の改善効果です。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)