医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

嶋田葉子さんの手作り「ジンジャーシロップ」の作り方・アレンジレシピ

嶋田葉子さんの手作り「ジンジャーシロップ」の作り方・アレンジレシピ

ジンジャーシロップは、ショウガを加熱し、そのエキスを抽出したもので、ジンジャーエールの素になります。砂糖の甘さとショウガの辛味が程よく調和し、ショウガのパワーを丸ごといただけます。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


2週間保存できるジンジャーシロップ

ジンジャーシロップは、ショウガを加熱し、そのエキスを抽出したもので、ジンジャーエールの素になります。
砂糖の甘さとショウガの辛味が程よく調和し、ショウガのパワーを丸ごといただけます。

ジンジャーシロップ用に煮出した後のスライスは、甘辛い味が染みこんでいるので、乾燥させてチップスにしたり、そのまま刻んで料理に使うなど活用しましょう。
どちらも冷蔵庫で約2週間保存できます。

保存容器はきれいに洗って水気をふき、アルコールスプレーで消毒してから使うと万全でしょう。
バリエーションとして、ほかのスパイスをプラスする、砂糖を黒糖に変える、ジンジャーシロップにバルサミコ酢を加える、イチゴやマンゴーなどフルーツピューレを加える、といった作り方もお勧めです。

作っているときから、ショウガとスパイスのいい香りが漂い、飲むのが待ち遠しくなります。

スパイスは固形のもので力強い香りを出して

ショウガは、新鮮な無農薬なものを選びたいですが、無農薬のものが手に入らなかったときは、皮をむいて使うといいでしょう。
スプーンで皮をこそげ取るようにして、薬効成分を逃がさないよう、なるべく薄くむいてください。

また、スパイスは、粉末のものよりも固形のもののほうが、力強い香りを楽しめます。
スパイス類は、煮出すときにお茶パックに入れると、後で取り出しやすいでしょう。

余ったショウガは、乾燥させると状態が変わってしまうので、あまりお勧めしません。
皮つきのまま、かぶるくらいの水といっしょに密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存しておくといいでしょう。

こまめに水を替えると、かなり日持ちします。
ジンジャーシロップ作りに慣れてきたら、2週間で使い切ることができる分量や、味つけを調整して、作ってみてください。

ジンジャーシロップの作り方

材料

・ショウガ…350g
・レモン…大さじ1(15cc)
・基本のスパイス
  黒胡椒…5粒
  鷹の爪…2本
  ローリエ…2枚
・水…480cc
・キビ糖…300g

基本スパイスに追加するスパイス
シナモン…1本
クローブ…3粒
カルダモン…3粒

・シナモン、クローブ、カルダモンは、体を温める作用がある。
・カルダモンはさやを割いて中の種の香りを出して使用する。

作り方

後味がさわやかでおやつにもお勧め

ジンジャーシロップは、お酒に入れることもできます。
ビールには、シロップだけでもOKですが、トマトジュースも加えて「ジンジャーレッドアイ」にするのも美味。

ヨーグルトのトッピングとして、ジンジャーシロップとジンジャースライスを加えるのもおいしくて、朝食の定番メニューになっている人も多いのです。
ジンジャーシロップを、豆寒天にかけたり、大学いものタレとしてからめるなど、和風のおやつにも合います。

夏は、市販のバニラアイスに、ジンジャースライスを加えるのもお勧め。
甘いアイスにほどよい辛みが広がり、大人な味わいに変化します。

ご自身のひらめきで、いろいろなものにジンジャーシロップとスライスを自由に追加して、毎日手軽にショウガを取る生活をしてみてください。
気づいたら“冷え知らず”の体になっている可能性は大です。

ジンジャービアーの作り方

●材料(1人分)
ビール 約425cc
ジンジャーシロップ 50cc

●作り方
①トールグラスにジンジャーシロップ、ビールの順に注ぎ入れる。
※お好みで㆑モンを絞ってもおいしい。

ジンジャーティーの作り方

●材料(1人分)
紅茶(ティーバッグ) 1 個
水 180cc
ジンジャーシロップ 大さじ2
ジンジャースライス 2 枚

●作り方
①小鍋に水とティーバッグを入れ、好みの濃さに煮出す。
②ティーカップにジンジャーシロップ、ジンジャースライスを入れ、❶の紅茶を注ぐ。

ジンジャーヨーグルトの作り方

●材料(1人分)
ヨーグルト 約240g
ジンジャーシロップ 大さじ2
ジンジャースライス 2 枚
ミント 適量

●作り方
①器にヨーグルト、ジンジャースライス、ミントを入れ、ジンジャーシロップをかけていただく。

冷えを撃退する手作りジンジャーエールのレシピ

解説者のプロフィール

嶋田葉子(しまだ・ようこ)

国内外のオーガニックレストランでの調理やインテリアショップでの勤務を経て、現在は旬の素材を使った料理企画やケータリングを行う「labo85」主宰。
期間限定カフェやレストランメニューの開発などで幅広く活動中。
オリーブオイルソムリエの資格も持つ。
著書は『朝昼晩しょうがレシピで冷えしらず こんなに使えるジンジャーシロップ』(家の光協会)。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ショウガ 冷え性

関連する投稿


お寿司の「ガリ」に栄養・健康効果はある?甘酢生姜の薬効と手作りレシピ

お寿司の「ガリ」に栄養・健康効果はある?甘酢生姜の薬効と手作りレシピ

普段気軽に食べているお寿司の「ガリ」の健康効果を知っていますか?ガリは酢とショウガで作る甘酢ショウガのこと。実は、立派な薬膳料理なのです。この甘酢ショウガには体の解毒作用を高める効果があります。日常的に食べるのがお勧め!自分でも簡単に手作りできるので作り方もご紹介しましょう!【解説】武鈴子(食養研究家)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

酢ショウガの効果を得るためには、日々続けることが重要です。だから、なるべく簡単な方法がいい。そして、健康効果が高ければなおGOOD。そんな酢ショウガの食べ方を、酢ショウガのエキスパート石原新菜先生に伺いました。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


冷え性を克服して子宮筋腫を乗り切った「11円スリッパ」体験談

冷え性を克服して子宮筋腫を乗り切った「11円スリッパ」体験談

40代の終わり頃、突然月経の症状が強くなりました。いちばん困ったのは出血量が多くなったことです。医師からは子宮筋腫を告げられ「すぐに子宮の摘出手術をしたほうがい」と勧められました。職場に迷惑をかけたくないし、月経に苦しみ続けるのもつらい……。「どうすればいいの?」と悩みました。【体験談】城田京子(仮名・会社員・60歳)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)