医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


解説者のプロフィール

戸舘亮人(とだて・あきひと)
ナチュラルファミリークリニック院長。
日本内科学会、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会専門医。
西洋医学、東洋医学、漢方薬、代替医療から、個々に合わせてオーダーメイドの治療を提供している。

ほかの油にはない優秀な解毒&浄化作用がある

「先生、続けていたら、肌や髪がツヤツヤしてきましたよ」
「声がきれいになりました」
「カゼをひきにくくなりました」

これは、太白ゴマ油など白いゴマ油でうがいをする「白ゴマ油うがい」をお勧めした患者さんが教えてくれた感想の一部です。

当院は内科やアレルギー科などを診療科としており、患者さんご自身でも体をよくしていただくという方針で治療を行っています。
その一環として「白ゴマ油うがい」をお勧めしています。

白ゴマ油は、一般的な褐色のゴマ油と違って、透明に近く、ゴマ油独特の香ばしさもありません。
ほとんど無臭で、特有のうま味はあるものの、さっぱりとしています。

同じゴマ油なのに、なぜここまで違うのか。
それは、製法が違うのです。

普通のゴマ油は高温で焙煎してから搾るのに対し、白ゴマ油は生のゴマから搾ります。
これを使ってうがいをする白ゴマ油うがいは、実はインドの伝承医学であるアーユルヴェーダで勧めている毒出し法です。

アーユルヴェーダでは、白ゴマ油に、すぐれた解毒・浄化作用があるとされます。
この解毒・浄化作用をもつ油は白ゴマ油だけで、よく目にする褐色のゴマ油や、オリーブオイルなどの油では代用できません。

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。
しかし白ゴマ油うがいは、のどの菌を洗い流すと同時に、のどや口の中を潤します。
のどや口が渇く季節には、特にこの効果が重要です。

さらに、のどや口の粘膜から白ゴマ油の成分が吸収されて、全身を整えます。
その結果として、冒頭にあるような効果が得られます。

白ゴマ油うがいの効果

ほかにも、白ゴマ油うがいには、幅広い効果があります。
まず、のどの痛みや渇き、不快感、声がれ、鼻炎、鼻づまりなどを予防・改善します。

それと同時に、むし歯や歯周病、口臭、口内炎など、口の中の症状にも効果的です。
もちろん歯周病などは、このうがいだけで防げるわけではありませんが、正しいケアとともに行うと、予防・改善効果が高まります。

肌や髪をつややかにすることは、冒頭でもふれましたが、合わせて肌のシミ・シワ・たるみを軽減したり、肌のハリも増したり、抜け毛や白髪を予防・改善したりもできます。
また、全身の代謝を高めて免疫力をアップしたり、冷え症を改善したりするのにも役立ちます。

かすんでいたのが見えやすくなったり、声が聞き取りやすくなった、血圧のコントロールがよくなったというケースもあるようです。

それだけではありません。
病巣感染にも効果を発揮します。

これは体のどこかにある慢性の炎症が、健康な器官に悪影響を与えて違う病気を引き起こすというものです。
病巣となるのは、口蓋扁桃病、上咽頭炎、副鼻腔炎、中耳炎など口や耳に多いです。

ですから私はこれらの病気を持つ患者さんには、解毒、浄化作用のある白ゴマ油うがいを勧めることが多いのです。

風邪の季節には白ゴマ油うがいがいい!

私が白ゴマ油うがいを知ったのは2年ほど前で、自分でも試して、よいものだと実感できたので、患者さんたちに自信を持ってお勧めしています。
私自身は、カゼをひきそうなときや冬季を中心に行っています。

もともと私は、あまりカゼをひかないのですが、たまにあるカゼのひき初めに白ゴマ油うがいを行ったら、たちまち治ったので驚きました。
「油でうがい」と聞くと、「口の中がギトギトしそう」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

白ゴマ油はサッパリしていて、口とのどがすっきりします。
それでいて、潤いはしっかり残るので、口のカサカサやのどのイガイガ感もなくなって、冬は気持ちよさが長く続きます。

ポイントは100℃を超えないこと

熱するときの注意点は、90℃に近づいたら早めに火から下ろし、余熱で100℃にすることです。
白ゴマ油は生なので、解毒・浄化作用を得るには熱する工程は必須ですが、100℃を超えてしまうと、その効果が落ちてしまいます。

また、うがい後のポイントとしては、水で口をゆすがないことです。
口の中、とくに舌の下は、体への吸収率が非常に高い部分になっています。
そこにうがい後も白ゴマ油を留まらせれば、いい成分が体内に吸収されていきます。

白ゴマ油うがいを、あなたも取り入れてみませんか。

白ゴマ油の作り方

必要なもの
・白ゴマ油(太白ゴマ油など)
・鍋
・料理用温度計
・じょうご(あれば)
・保存容器(瓶などの密閉できるもの。あらかじめ煮沸消毒しておくこと)

①まずは中火
保存容器に入るだけの量の白ゴマ油を鍋に入れて中火にかけます。

②90℃で火から下ろす
温度を測り、90℃まで上がったら火から下ろし、布巾の上などに鍋を置きます。
予熱で100℃になるまで待ちます。

③そのまま冷めるまで待つ
冷めたらじょうごなどを使って保存容器に移します。密閉して冷暗所で保存してください。

白ゴマ油うがいのやり方

①大さじ1杯(約15ml)の白ゴマ油を口に含みます。

②顔を上に向けてガラガラと30秒。

③正面に戻して左と右に各30秒クチュクチュと口をゆすぐ。
終わったらティッシュなどに白ゴマ油を吐き出します。



●早朝もしくは16~18時ごろに行うと効果的
●1日に何回行ってもOK
●冷暗所で保存すると3ヵ月ほど利用可能

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「髪ひっぱり」の有効性とやり方 頭への刺激は心身を癒す最強の方法!

「髪ひっぱり」の有効性とやり方 頭への刺激は心身を癒す最強の方法!

西洋医学(現代医学)と東洋医学は、心身の健康に対する理論が異なるだけで、共通した方法が多くあります。今回は、頭を刺激する有効性について、東西医学の観点からご説明しましょう。【解説】上馬塲和夫(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科教授・帝京大学附属池袋クリニック院長)


自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

私はアーユルヴェーダの専門医です。アーユルヴェーダでは、すべての人は、「ヴァータ(活動)」「ピッタ(燃焼)」「カパ(滋養)」と呼ばれる三つのエネルギーが備わっていると考えられています。「へそさすり」は、3種のエネルギーのうち、特にヴァータを整える効果が期待できます。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

生のショウガに含まれる辛味成分のジンゲロールには、強い殺菌効果と血流促進による発汗作用があり、免疫力アップも期待できるといわれています。【体験談】髙上実(髙上青果有限会社代表取締役ドクターベジフル)


そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)