MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)

解説者のプロフィール

戸舘亮人(とだて・あきひと)
ナチュラルファミリークリニック院長。
日本内科学会、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会専門医。
西洋医学、東洋医学、漢方薬、代替医療から、個々に合わせてオーダーメイドの治療を提供している。

ほかの油にはない優秀な解毒&浄化作用がある

「先生、続けていたら、肌や髪がツヤツヤしてきましたよ」
「声がきれいになりました」
「カゼをひきにくくなりました」

これは、太白ゴマ油など白いゴマ油でうがいをする「白ゴマ油うがい」をお勧めした患者さんが教えてくれた感想の一部です。

当院は内科やアレルギー科などを診療科としており、患者さんご自身でも体をよくしていただくという方針で治療を行っています。
その一環として「白ゴマ油うがい」をお勧めしています。

白ゴマ油は、一般的な褐色のゴマ油と違って、透明に近く、ゴマ油独特の香ばしさもありません。
ほとんど無臭で、特有のうま味はあるものの、さっぱりとしています。

同じゴマ油なのに、なぜここまで違うのか。
それは、製法が違うのです。

普通のゴマ油は高温で焙煎してから搾るのに対し、白ゴマ油は生のゴマから搾ります。
これを使ってうがいをする白ゴマ油うがいは、実はインドの伝承医学であるアーユルヴェーダで勧めている毒出し法です。

アーユルヴェーダでは、白ゴマ油に、すぐれた解毒・浄化作用があるとされます。
この解毒・浄化作用をもつ油は白ゴマ油だけで、よく目にする褐色のゴマ油や、オリーブオイルなどの油では代用できません。

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。
しかし白ゴマ油うがいは、のどの菌を洗い流すと同時に、のどや口の中を潤します。
のどや口が渇く季節には、特にこの効果が重要です。

さらに、のどや口の粘膜から白ゴマ油の成分が吸収されて、全身を整えます。
その結果として、冒頭にあるような効果が得られます。

白ゴマ油うがいの効果

ほかにも、白ゴマ油うがいには、幅広い効果があります。
まず、のどの痛みや渇き、不快感、声がれ、鼻炎、鼻づまりなどを予防・改善します。

それと同時に、むし歯や歯周病、口臭、口内炎など、口の中の症状にも効果的です。
もちろん歯周病などは、このうがいだけで防げるわけではありませんが、正しいケアとともに行うと、予防・改善効果が高まります。

肌や髪をつややかにすることは、冒頭でもふれましたが、合わせて肌のシミ・シワ・たるみを軽減したり、肌のハリも増したり、抜け毛や白髪を予防・改善したりもできます。
また、全身の代謝を高めて免疫力をアップしたり、冷え症を改善したりするのにも役立ちます。

かすんでいたのが見えやすくなったり、声が聞き取りやすくなった、血圧のコントロールがよくなったというケースもあるようです。

それだけではありません。
病巣感染にも効果を発揮します。

これは体のどこかにある慢性の炎症が、健康な器官に悪影響を与えて違う病気を引き起こすというものです。
病巣となるのは、口蓋扁桃病、上咽頭炎、副鼻腔炎、中耳炎など口や耳に多いです。

ですから私はこれらの病気を持つ患者さんには、解毒、浄化作用のある白ゴマ油うがいを勧めることが多いのです。

風邪の季節には白ゴマ油うがいがいい!

私が白ゴマ油うがいを知ったのは2年ほど前で、自分でも試して、よいものだと実感できたので、患者さんたちに自信を持ってお勧めしています。
私自身は、カゼをひきそうなときや冬季を中心に行っています。

もともと私は、あまりカゼをひかないのですが、たまにあるカゼのひき初めに白ゴマ油うがいを行ったら、たちまち治ったので驚きました。
「油でうがい」と聞くと、「口の中がギトギトしそう」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

白ゴマ油はサッパリしていて、口とのどがすっきりします。
それでいて、潤いはしっかり残るので、口のカサカサやのどのイガイガ感もなくなって、冬は気持ちよさが長く続きます。

ポイントは100℃を超えないこと

熱するときの注意点は、90℃に近づいたら早めに火から下ろし、余熱で100℃にすることです。
白ゴマ油は生なので、解毒・浄化作用を得るには熱する工程は必須ですが、100℃を超えてしまうと、その効果が落ちてしまいます。

また、うがい後のポイントとしては、水で口をゆすがないことです。
口の中、とくに舌の下は、体への吸収率が非常に高い部分になっています。
そこにうがい後も白ゴマ油を留まらせれば、いい成分が体内に吸収されていきます。

白ゴマ油うがいを、あなたも取り入れてみませんか。

白ゴマ油の作り方

必要なもの
・白ゴマ油(太白ゴマ油など)
・鍋
・料理用温度計
・じょうご(あれば)
・保存容器(瓶などの密閉できるもの。あらかじめ煮沸消毒しておくこと)

①まずは中火
保存容器に入るだけの量の白ゴマ油を鍋に入れて中火にかけます。

②90℃で火から下ろす
温度を測り、90℃まで上がったら火から下ろし、布巾の上などに鍋を置きます。
予熱で100℃になるまで待ちます。

③そのまま冷めるまで待つ
冷めたらじょうごなどを使って保存容器に移します。密閉して冷暗所で保存してください。

白ゴマ油うがいのやり方

①大さじ1杯(約15ml)の白ゴマ油を口に含みます。

②顔を上に向けてガラガラと30秒。

③正面に戻して左と右に各30秒クチュクチュと口をゆすぐ。
終わったらティッシュなどに白ゴマ油を吐き出します。


●早朝もしくは16~18時ごろに行うと効果的
●1日に何回行ってもOK
●冷暗所で保存すると3ヵ月ほど利用可能

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)
更新: 2018-12-01 18:00:00
インフルエンザの初期なら、私は麻黄湯という漢方薬を処方します。優れた解熱効果があり、インフルエンザの型によってはタミフル以上に有効だったと日本小児感染症学会で報告されています。インフルエンザは決して軽く見ることはできませんが、初期のうちに手当てをすれば怖くありません。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)
更新: 2018-11-27 07:00:00
インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)
更新: 2018-11-14 07:00:00
これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)
更新: 2018-11-12 12:00:00
カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)
更新: 2018-11-06 12:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt