医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【腸内環境を整える長寿の食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」をとる

【腸内環境を整える長寿の食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」をとる

気能値が高い食品はそれだけエネルギーに満ちているので、人体にとって有益です。新鮮な海産物の気能値は、一般に肉類より3倍程度高いと覚えておきましょう。食事の全体的な組み立てについては、気能値が高い玄米を主食にしましょう。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


気能値の高い食物で自分の気能値も上がる

長寿日本一から学ぶ「腸内環境を整える食事」

腸と体を元気で健康にするには、食べた人の血となり、肉となる生命エネルギーに満ちた食物をとる必要があります。
では、食物が持つ生命エネルギーの強さを知るには、どうすればよいのでしょうか。

私は、食物が持つ生命力を数値化した「気能値」という指標を考案しました。
目に見えない生命エネルギーを調べるには、波動を測定します。

波動とは、原子核の振動による波形エネルギーのこと。
すべてのものは必ず、固有の振動数で振動しており、その波動がエネルギーとして、周囲にも影響を及ぼします。

食物で言えば、理想的な波動のものを食べれば、その波動に共鳴・共振して、食べた人の生命エネルギーも高まります。
逆に、波動の低いものを食べれば、それに影響されて、食べた人の生命エネルギーが下がったり、乱れたりするわけです。

気能値は、測定器から発せられた標準波動に、対象物の波動がどこまで接近しているかを調べて、数値が決まります。
気能値が高い食品はそれだけエネルギーに満ちているので、人体にとって有益です。

人体の健康状態や生命エネルギーの強さも、気能値を測定することによって知ることができます。
そこで私は、クリニックを受診された患者さんたちをはじめ、世界各地の長寿地域に暮らす元気な百寿者(100歳以上の人)たち、標準的な健康状態の赤ちゃんから高齢者まで、大勢の人々の気能値を調べてきました。

すると、非常に興味深いことがわかったのです。
気能値は、人体の各臓器や、脳、神経系、自然治癒能(抗ガン力や抗ストレス力)など、人体の諸機能を細分化して測定することができます。

ガン患者たちの気能値を調べると、当然ガンが発生している臓器は気能値が低いのですが、それ以外で、ガン患者に共通して気能値が大きくマイナスになっている臓器がありました(下の図参照)。
それは、腸と自律神経系です。

やはり腸は、健康の要であることがわかります。
自律神経系は全身の器官をコントロールして体内環境を整える役目がありますから、自律神経の働きが乱れると、ガンなどの病気につながることも納得できます。

100歳超で30〜50歳の自然治癒力!

また、私は0歳から85歳までの一般の日本人の方々の気能値を測定し、加齢とともに気能値がどう変化するかを調べました(下のグラフ参照)。
生まれた直後の赤ちゃんは、内臓や脳神経系、自然治癒能など、全項目の気能値がプラス20の最高値で、生命エネルギーに満ちあふれています。

これが、年齢を重ねるごとに低下していきます。
80代を過ぎると、内臓や脳神経系の気能値はゼロに近づいていき、自然治癒能も1/4程度まで落ちてしまいます。

ところが、世界各地の長寿地域で暮らす百寿者たちの気能値は、日本人のデータと大きく異なっていました。
彼らは100歳をとうに超えているのに、自然治癒能に関しては平均的な日本人の30~50歳並みの高さを維持していたのです。

体に発生した病気や異常を自ら治す自然治癒力を高く保っているからこそ、高齢になっても病気を寄せつけず、元気でいられるということです。
長寿地域に暮らす人々は、その土地が持つエネルギーの恩恵も受けています。

実際、私も実地調査に訪れた後、元気になって帰国する経験を何度もしました。
いいエネルギーに満ちた場所には、その空気や水、その土地で取れた作物にも生命エネルギーが満ちあふれており、そこにいるだけで元気になるのです。

肉や加工食品を避け自然塩や野菜を取る

ただ、誰もが生命エネルギーに満ちた地域に住めるわけではありません。
そこで重要になるのが、食物の気能値です。

気能値の高い食品を積極的に取ることで、自分の生命エネルギーも強化されていきます。
下の表に主な食品の気能値をまとめました。

食品の中でも、最も気能値が高いのは、きれいな海水を濃縮した自然塩や岩塩などです。
自然塩の多くは気能値が90%を超え、生命エネルギーの塊といえるほどです。

ただし、海水から種々のミネラル分を取り除き、塩化ナトリウムだけを抽出した精製塩は、気能値が非常に低いです。
これらは止めて、自然塩を取るようにしましょう。

自然塩を取る限り、摂取量にはあまり神経質になる必要はありません。
また「減塩して殺菌剤添加」の加工食品も新型の低気能値食品です。

砂糖は、ミネラル分を豊富に含む黒糖は気能値が高いですが、精製された白砂糖や、工業的に作られた人工甘味料は気能値が非常に低く、食べた人の生命エネルギーを下げてしまいます。
一般に、ファストフードやインスタント食品などの加工食品は気能値が低く、食品添加物などの化学薬剤はどんなものでも気能値がマイナスなので、これらをできるだけ避けることがたいせつです。

穀類や豆類、野菜などの植物は、全般的に気能値が高いです。
これは、植物には光合成をして、太陽エネルギーを自分で生体エネルギーに変換する力が備わっているためです。

ただし、穀物は精白度によって気能値が変わってきます。
米の場合は、命の源である胚芽が含まれた玄米の気能値が非常に高く、精白度が高くなるにつれて気能値も下がります。

また、有機・無農薬栽培など自然に近い状態で育てられた植物のほうが、気能値は高くなります。
反対に、気能値が低い食品の代表格が、肉類です。

肉の内部には、動物の生命活動によって排泄されるはずだった老廃物や毒素が残っています。
このため肉類は生命エネルギーが低く、食べると腸に消化吸収の負担がかかるのです。

動物性タンパク質をとるなら、肉よりも魚を積極的にとるように心がけましょう。
魚介類が肉より気能値が高いのは、彼らが生命を誕生させた海水中で生活しているからです。

新鮮な海産物の気能値は、一般に肉類より3倍程度高いと覚えておきましょう。
食事の全体的な組み立てについては、気能値が高い玄米を主食にしましょう。

そして副食は、気能値の高い野菜・豆類・根菜・海藻類をメインとし、ぬか漬けなどの漬物や梅干しを添えます。
調味料は、天然のもの(ミソ、しょうゆ、自然塩、醸造酢、黒砂糖)を選びましょう。

気能値が50以下の低い食品は絶対に食べてはいけない、ということはありませんが、食べる場合は気能値が高い食品も必ず同時に食べて、平均点を上げるようにしてください。

食品別「気能値リスト」

解説者のプロフィール

森下敬一
お茶の水クリニック院長。
1928年生まれ。東京医科大学卒業。新しい血液生理学を土台にした自然医学を提唱し、慢性病、難病に苦しむ数多くの人々を根治させ、国際的評価を得ている自然医学の最高権威。国際自然医学会会長、中国・瀋陽(しんよう)薬科大学客員教授、ジョージア・トビリシ国立医科大学名誉教授、韓国・朝鮮大学校大学院教授などを務める。『腸から体がよみがえる「胚酵食」』(共著・青春出版社)など著書多数。

●お茶の水クリニック
東京都文京区本郷1-7-3 唐木ビル3階
TEL 03-3814-6786
http://morishita-med.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腸内環境

関連する投稿


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【断食の健康効果】メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

【断食の健康効果】メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

食べすぎると、消化にエネルギーが費やされて、栄養素を有効利用したり、有害物質を解毒・排出したりする代謝のエネルギーが不足します。断食によって体内の大掃除が始まると、腸の細胞が若返り、オートファジーも活性化されるので、腸内環境も整います。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


便秘解消にダイエットに甘酒の効果「甘酒氷」活用レシピ

便秘解消にダイエットに甘酒の効果「甘酒氷」活用レシピ

甘酒はビタミンB群やアミノ酸が豊富で、とても消化吸収がよいので、体に負担をかけずにすばやく栄養補給ができます。ここでご紹介するのは、砂糖をいっさい使わず、その代わりに甘酒氷を用いたレシピの数々。甘酒氷の自然な甘味を、堪能してください。【料理・レシピ考案・栄養計算】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)