【腸内環境を整える食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」を食べるとよい

【腸内環境を整える食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」を食べるとよい

気能値が高い食品はそれだけエネルギーに満ちているので、人体にとって有益です。新鮮な海産物の気能値は、一般に肉類より3倍程度高いと覚えておきましょう。食事の全体的な組み立てについては、気能値が高い玄米を主食にしましょう。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


森下敬一
1928年生まれ。東京医科大学卒業。新しい血液生理学を土台にした自然医学を提唱し、慢性病、難病に苦しむ数多くの人々を根治させ、国際的評価を得ている自然医学の最高権威。国際自然医学会会長、中国・瀋陽(しんよう)薬科大学客員教授、グルジア・トビリシ国立医科大学名誉教授、韓国・朝鮮大学校大学院教授などを務める。『腸から体がよみがえる「胚酵食」』(共著・青春出版社)など著書多数。

気能値の高い食物で自分の気能値も上がる

腸と体を元気で健康にするには、食べた人の血となり、肉となる生命エネルギーに満ちた食物をとる必要があります。
では、食物が持つ生命エネルギーの強さを知るには、どうすればよいのでしょうか。

私は、食物が持つ生命力を数値化した「気能値」という指標を考案しました。
目に見えない生命エネルギーを調べるには、波動を測定します。

波動とは、原子核の振動による波形エネルギーのこと。
すべてのものは必ず、固有の振動数で振動しており、その波動がエネルギーとして、周囲にも影響を及ぼします。

食物で言えば、理想的な波動のものを食べれば、その波動に共鳴・共振して、食べた人の生命エネルギーも高まります。
逆に、波動の低いものを食べれば、それに影響されて、食べた人の生命エネルギーが下がったり、乱れたりするわけです。

気能値は、測定器から発せられた標準波動に、対象物の波動がどこまで接近しているかを調べて、数値が決まります。
気能値が高い食品はそれだけエネルギーに満ちているので、人体にとって有益です。

人体の健康状態や生命エネルギーの強さも、気能値を測定することによって知ることができます。
そこで私は、クリニックを受診された患者さんたちをはじめ、世界各地の長寿地域に暮らす元気な百寿者(100歳以上の人)たち、標準的な健康状態の赤ちゃんから高齢者まで、大勢の人々の気能値を調べてきました。

すると、非常に興味深いことがわかったのです。
気能値は、人体の各臓器や、脳、神経系、自然治癒能(抗ガン力や抗ストレス力)など、人体の諸機能を細分化して測定することができます。

ガン患者たちの気能値を調べると、当然ガンが発生している臓器は気能値が低いのですが、それ以外で、ガン患者に共通して気能値が大きくマイナスになっている臓器がありました(下の図参照)。
それは、腸と自律神経系です。

やはり腸は、健康の要であることがわかります。
自律神経系は全身の器官をコントロールして体内環境を整える役目がありますから、自律神経の働きが乱れると、ガンなどの病気につながることも納得できます。

100歳超で30〜50歳の自然治癒力!

また、私は0歳から85歳までの一般の日本人の方々の気能値を測定し、加齢とともに気能値がどう変化するかを調べました(下のグラフ参照)。
生まれた直後の赤ちゃんは、内臓や脳神経系、自然治癒能など、全項目の気能値がプラス20の最高値で、生命エネルギーに満ちあふれています。

これが、年齢を重ねるごとに低下していきます。
80代を過ぎると、内臓や脳神経系の気能値はゼロに近づいていき、自然治癒能も1/4程度まで落ちてしまいます。

ところが、世界各地の長寿地域で暮らす百寿者たちの気能値は、日本人のデータと大きく異なっていました。
彼らは100歳をとうに超えているのに、自然治癒能に関しては平均的な日本人の30~50歳並みの高さを維持していたのです。

体に発生した病気や異常を自ら治す自然治癒力を高く保っているからこそ、高齢になっても病気を寄せつけず、元気でいられるということです。
長寿地域に暮らす人々は、その土地が持つエネルギーの恩恵も受けています。

実際、私も実地調査に訪れた後、元気になって帰国する経験を何度もしました。
いいエネルギーに満ちた場所には、その空気や水、その土地で取れた作物にも生命エネルギーが満ちあふれており、そこにいるだけで元気になるのです。

肉や加工食品を避け自然塩や野菜を取る

ただ、誰もが生命エネルギーに満ちた地域に住めるわけではありません。
そこで重要になるのが、食物の気能値です。

気能値の高い食品を積極的に取ることで、自分の生命エネルギーも強化されていきます。
下の表に主な食品の気能値をまとめました。

食品の中でも、最も気能値が高いのは、きれいな海水を濃縮した自然塩や岩塩などです。
自然塩の多くは気能値が90%を超え、生命エネルギーの塊といえるほどです。

ただし、海水から種々のミネラル分を取り除き、塩化ナトリウムだけを抽出した精製塩は、気能値が非常に低いです。
これらは止めて、自然塩を取るようにしましょう。

自然塩を取る限り、摂取量にはあまり神経質になる必要はありません。
また「減塩して殺菌剤添加」の加工食品も新型の低気能値食品です。

砂糖は、ミネラル分を豊富に含む黒糖は気能値が高いですが、精製された白砂糖や、工業的に作られた人工甘味料は気能値が非常に低く、食べた人の生命エネルギーを下げてしまいます。
一般に、ファストフードやインスタント食品などの加工食品は気能値が低く、食品添加物などの化学薬剤はどんなものでも気能値がマイナスなので、これらをできるだけ避けることがたいせつです。

穀類や豆類、野菜などの植物は、全般的に気能値が高いです。
これは、植物には光合成をして、太陽エネルギーを自分で生体エネルギーに変換する力が備わっているためです。

ただし、穀物は精白度によって気能値が変わってきます。
米の場合は、命の源である胚芽が含まれた玄米の気能値が非常に高く、精白度が高くなるにつれて気能値も下がります。

また、有機・無農薬栽培など自然に近い状態で育てられた植物のほうが、気能値は高くなります。
反対に、気能値が低い食品の代表格が、肉類です。

肉の内部には、動物の生命活動によって排泄されるはずだった老廃物や毒素が残っています。
このため肉類は生命エネルギーが低く、食べると腸に消化吸収の負担がかかるのです。

動物性タンパク質をとるなら、肉よりも魚を積極的にとるように心がけましょう。
魚介類が肉より気能値が高いのは、彼らが生命を誕生させた海水中で生活しているからです。

新鮮な海産物の気能値は、一般に肉類より3倍程度高いと覚えておきましょう。
食事の全体的な組み立てについては、気能値が高い玄米を主食にしましょう。

そして副食は、気能値の高い野菜・豆類・根菜・海藻類をメインとし、ぬか漬けなどの漬物や梅干しを添えます。
調味料は、天然のもの(ミソ、しょうゆ、自然塩、醸造酢、黒砂糖)を選びましょう。

気能値が50以下の低い食品は絶対に食べてはいけない、ということはありませんが、食べる場合は気能値が高い食品も必ず同時に食べて、平均点を上げるようにしてください。

→腸のはたらきについてはコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腸内環境

関連する投稿


長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

腸の働きというと、まず食べ物の消化・吸収を思い浮かべると思いますが、もう一つ極めて重要な働きがあります。それは、血液をつくり出す「造血機能」です。元気で長生きするには、必然的に腸を正常で健康な状態に保つことと、なにをどのように食べるかが重要になってきます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【横綱・白鵬も実践】腸内環境を整えて細胞を若返らせる「断食(ファスティング)」のやり方

【横綱・白鵬も実践】腸内環境を整えて細胞を若返らせる「断食(ファスティング)」のやり方

ミネラルファスティングを行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


便秘・ガス腹が改善した!オナラの臭いが軽減した!【酢ニンニク】を読者モニターが実践!

便秘・ガス腹が改善した!オナラの臭いが軽減した!【酢ニンニク】を読者モニターが実践!

ニンニクと酢のダブルの抗酸化作用によって、腸内の活性酸素が除去されると、腸内の悪い菌が減り、いい働きをする菌が増えます。「腸は第2の脳」とも言われ、心身の健康に大きな影響を及ぼします。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

腸内環境を整えることは、いつまでも病気知らずの健康体でいるためには不可欠。健康は腸からつくられるといっても過言ではありません。今回ご紹介するのは、腸をぐーんと元気にする、名づけて「地中海式和食」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【便秘を解消する食べ物】乳酸菌と水溶性食物繊維が豊富な "フルーツ水キムチ"とは

【便秘を解消する食べ物】乳酸菌と水溶性食物繊維が豊富な "フルーツ水キムチ"とは

腸内環境を整えるために、毎日摂取したいのが「発酵食品」です。今回ご紹介する「フルーツ水キムチ」も、その一つです。水キムチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく豊富に含み、腸内環境を整えるには抜群の効果があります。しかも、辛くないので食べやすいキムチです。【解説】奥田涼子(発酵・腸内美人教室主宰)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)