MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
免疫力を上げて風邪や口内炎を防ぐ“腸”のリンパを流す方法

免疫力を上げて風邪や口内炎を防ぐ“腸”のリンパを流す方法

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)

解説者のプロフィール

大橋俊夫
信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長。
1949年、茨城県生まれ。74年、信州大学医学部医学科卒業。医学博士。英国ベルファストクイーンズ大学講師(生理学)をへて、80年に信州大学医学部教授に就任。現在、信州大学医学部特任教授(メディカル・ヘルスイノベーション寄付講座)。2001年より日本リンパ学会理事長を務め、本邦におけるリンパ学研究の推進に専念。

●日本リンパ学会
http://lymphology.umin.jp/

リンパ液を流すと免疫力が上がる

今回皆さんに紹介する「腸のリンパ流し」は、腸(腹部)と足のリンパ液を、効率よく体中に流すための方法です。
そもそも、なぜリンパ液を流すことがたいせつなのでしょうか。

これまで、リンパ液の話といえば、足のむくみや顔のむくみの話が中心でした。
「マッサージでリンパ液を流すと足や顔のむくみが取れる」という話を、皆さんも聞いたことがあるかもしれません。

しかし、むくみの解消は、リンパ液を流すことの利点のひとつに過ぎません。
リンパ液を流すことには、もっと大きな意味があるのです。

それは、リンパ液を流すことが、免疫力(異物を排除する力)の向上につながるということです。
中でも、腸のリンパ液を流すことは、免疫力の向上に直結します。

ではなぜ、腸のリンパ液を流すと免疫力アップにつながるのでしょうか。
そもそもリンパ液は体液の一種で、体中に張り巡らされたリンパ管を通って体を流れています。

一日に流れるリンパの量は、約2Lです。
注目すべきは、リンパ液のうち約8割が、腹部と足に集中しているという事実です。

中でも腸は、人体最大のリンパ器官で、豊富なリンパ組織を持っています。
腸を大別すると、小腸と大腸に分けることができます。

小腸には、十二指腸、空腸、回腸があり、大腸には、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸があり、肛門とつながっています(下の図参照)。
小腸の長さは、成人なら6~7メートル。

長い小腸は折りたたまれるように、腹部におさまり、その周りを大腸が通っています。
長い腸が、ダラッと下がらず腹部におさまっていられるのは、腸の大部分を包む、腸間膜という組織のおかげです。

腸間膜が、体の後ろ側の腹壁とつながっているため、腸は腹部に安定することができます。
この腸間膜に、リンパ管とリンパ節(※リンパ管のところどころにある、リンパ球の待機所のようなところ)が豊富に張り巡らされています。

また腸間膜だけでなく、回腸の壁にも、特有のリンパ組織(パイエル板)がたくさんあります。

リンパ球の8割は腸に存在する

このように豊富なリンパ組織をもつ腸には、免疫機能で重要な働きを担う「リンパ球」も、たくさん集まっています。
リンパ球は白血球の一種で、体内をパトロールし、ウイルスなど異物を見つけたら、排除してくれます。

先ほど挙げた腸間膜や回腸などに存在するリンパ球を合計すると、体内にいる全リンパ球のうち、約8割ものリンパ球が、腸に集まっていることになります。

ちなみに腸のリンパ球については、いまだわかっていないことも多く、最近になり、「ILC‐3(イナード・リンフォイド・セル・スリー)」という、体の抵抗力を高めるリンパ球が腸で発見され、話題を集めました。

腸のリンパは、最先端の研究分野でもあるのです。

外敵にさらされやすくリンパ組織が発達した

なぜこれほど、腸はリンパ器官として発達しているのでしょうか。
それは、腸が外敵にさらされやすい臓器だからです。

私たちの感覚では、口から中は、自分の体だと思っています。
しかし、医学的には、口から肛門までは、「体の外」とみなされます。

私たちは、口を開けて外部から食物を取り込みます。
それが胃腸を通って、肛門から出ていきます。

つまり、口から胃、胃から腸、腸から肛門までの空間は、外部に接している世界と言えます。
外界と接している腸は、それだけ有害物や病原菌にさらされやすい臓器です。

こうした外敵を侵入させない(腸から吸収させない)ようにがんばっているのが、腸のリンパ球であり、腸のリンパ組織なのです。

危機に立ち向かう前線基地。
それが、腸がリンパ器官として発達している、理由のひとつと考えられます。

リンパ球を体じゅうに届ける腸のリンパ流し

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。
外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。

そして、腸のリンパ液を効率よく流す方法が、今回紹介する、腸のリンパ流しです。
腸のリンパ流しは、あおむけのまま腹式呼吸を行い、深い呼吸で腹部に圧を加えることで、リンパの流れを促します。

腸のリンパ流しのしくみはこうです。
まず、腸のリンパ液はすべて、リンパ液のプールである「乳び槽」に流れ込みます。

このとき腸のリンパ球も、乳び槽へと入ってきます。
乳び槽にたまった腸のリンパ液は、胸管を通り血液に流れ込みます。

胸管は、リンパ液の大量輸送道路のようなもので、乳び槽から胸管にうまくリンパ液を送り出すことができれば、リンパ液の流れが促され、リンパ液をどんどん血液に送ることができます。
ところが、乳び槽は後腹膜腔(※腹膜の後ろにある空間)にあるため、立ったり座ったりしたままでは、リンパ液を効率よく胸管に流せません。

そこで、腸のリンパ流しの出番です。
まず、あおむけになることで、足のリンパ液が乳び槽から胸管へと、自然に流れ出すのを促進できます。

さらに、腹式呼吸を行い、腹圧を上げたり下げたりします。
こうすれば、乳び槽に圧が伝わり、勢いよくリンパ液を流すことができます。

このとき、足のつけ根からへその下へと、なで上げるように手を動かせば、足のリンパ液もさらに乳び槽に流すことができ、一石二鳥です。
腸のリンパ流しの効果を確認するために、私は、ある実験を行いました。

腸のリンパ流しを行う前後で、被験者の血液成分にどんな変化が起こるかを調べたのです。
腸のリンパ流しを行った後では、被験者のさまざまな血液成分の濃度が低下していました。

リンパ液は最終的に血液の中にそそぎ込まれるので、腸のリンパ流しによって、リンパ液の流れが活発になった結果、血液が薄まったと考えられます(下記グラフ)。

リンパ液の流れがよい人はカゼを引きにくく、口内炎や口角炎にもなりづらい

腸のリンパ流しを行えば、リンパ液に含まれる豊富な腸のリンパ球も体中に流れ、あるものは細胞の組織間隙(※細胞と細胞の間に生じる間隙)にもれ出し、さらにリンパ管を通って、リンパ節に入ります。
いわば、リンパ球によって体中がパトロールされ、異物を排除する臨戦態勢が整っている状態になるのです。

この状態をつくることが、免疫力を高めることになリます。
免疫力が高まるということは、周りはカゼを引いていても、自分はカゼを引かないということです。

実際に私が調べたところでも、リンパ液の流れがよい人は、カゼを引きにくく、ガン細胞などを殺す役割をする、特別なリンパ球の活性が高いことがわかりました。
また口内炎や口角炎にもなりづらいです。

こうしたじょうぶな体でいられることの最大のメリットは、不調を感じることが少なく、人生に意欲が持てるようになるということです。

意欲があれば行動が生まれます。
免疫力の高さは、アクティブで充実した人生の土台と言えるものです。

腸のリンパ流しのやり方

オシッコの近さでリンパ液の流れ具合を確認

最後に、腸のリンパ流しで、実際にリンパ液の流れが活発になっているかを、自分で確認する方法を紹介しましょう。

リンパ液の流れが活発になると、リンパ液が血液にそそぎ込まれるので、そのぶん血液が薄められるというのは、お話しした通りです。
血液が薄められると、ADHという「尿を出すのを抑えるホルモン」の血液中の濃度が低下します。

尿を抑えるホルモンが低下するわけですから、現象としてはオシッコが近くなります。
ですから、「オシッコが近くなってきたな」と感じたら、それはリンパ液が活発に流れて、免疫力が高まってきているということです。

体の変化を感じながら、腸のリンパ流しを続けてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この記事のエディター
関連記事
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
マイタケはビタミン類やミネラル、食物繊維に富み、特に亜鉛、ナイアシン、ビタミンDを多く含んでいます。特筆すべきはMDフラクションという成分で、免疫機能を調整し腫瘍の増殖を抑制する作用が際だって強力であることがわかっているのです。【解説】柴田佳一(柴田接骨院院長)
プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)
私は、バナナの研究を20年ほど続けています。調べてみると、バナナの有益な効果が次から次へと見つかったのです。食生活に上手にとり入れれば、ダイエットや血糖値の管理に役立つ食品なのです。「バナナ酢」は、バナナの健康効果に加えて、酢の健康効果も期待できるのです。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル