医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

免疫力を上げて風邪や口内炎を防ぐ“腸”のリンパを流す方法

免疫力を上げて風邪や口内炎を防ぐ“腸”のリンパを流す方法

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


解説者のプロフィール

大橋俊夫
信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長。
1949年、茨城県生まれ。74年、信州大学医学部医学科卒業。医学博士。英国ベルファストクイーンズ大学講師(生理学)をへて、80年に信州大学医学部教授に就任。現在、信州大学医学部特任教授(メディカル・ヘルスイノベーション寄付講座)。2001年より日本リンパ学会理事長を務め、本邦におけるリンパ学研究の推進に専念。

●日本リンパ学会
http://lymphology.umin.jp/

リンパ液を流すと免疫力が上がる

今回皆さんに紹介する「腸のリンパ流し」は、腸(腹部)と足のリンパ液を、効率よく体中に流すための方法です。
そもそも、なぜリンパ液を流すことがたいせつなのでしょうか。

これまで、リンパ液の話といえば、足のむくみや顔のむくみの話が中心でした。
「マッサージでリンパ液を流すと足や顔のむくみが取れる」という話を、皆さんも聞いたことがあるかもしれません。

しかし、むくみの解消は、リンパ液を流すことの利点のひとつに過ぎません。
リンパ液を流すことには、もっと大きな意味があるのです。

それは、リンパ液を流すことが、免疫力(異物を排除する力)の向上につながるということです。
中でも、腸のリンパ液を流すことは、免疫力の向上に直結します。

ではなぜ、腸のリンパ液を流すと免疫力アップにつながるのでしょうか。
そもそもリンパ液は体液の一種で、体中に張り巡らされたリンパ管を通って体を流れています。

一日に流れるリンパの量は、約2Lです。
注目すべきは、リンパ液のうち約8割が、腹部と足に集中しているという事実です。

中でも腸は、人体最大のリンパ器官で、豊富なリンパ組織を持っています。
腸を大別すると、小腸と大腸に分けることができます。

小腸には、十二指腸、空腸、回腸があり、大腸には、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸があり、肛門とつながっています(下の図参照)。
小腸の長さは、成人なら6~7メートル。

長い小腸は折りたたまれるように、腹部におさまり、その周りを大腸が通っています。
長い腸が、ダラッと下がらず腹部におさまっていられるのは、腸の大部分を包む、腸間膜という組織のおかげです。

腸間膜が、体の後ろ側の腹壁とつながっているため、腸は腹部に安定することができます。
この腸間膜に、リンパ管とリンパ節(※リンパ管のところどころにある、リンパ球の待機所のようなところ)が豊富に張り巡らされています。

また腸間膜だけでなく、回腸の壁にも、特有のリンパ組織(パイエル板)がたくさんあります。

リンパ球の8割は腸に存在する

このように豊富なリンパ組織をもつ腸には、免疫機能で重要な働きを担う「リンパ球」も、たくさん集まっています。
リンパ球は白血球の一種で、体内をパトロールし、ウイルスなど異物を見つけたら、排除してくれます。

先ほど挙げた腸間膜や回腸などに存在するリンパ球を合計すると、体内にいる全リンパ球のうち、約8割ものリンパ球が、腸に集まっていることになります。

ちなみに腸のリンパ球については、いまだわかっていないことも多く、最近になり、「ILC‐3(イナード・リンフォイド・セル・スリー)」という、体の抵抗力を高めるリンパ球が腸で発見され、話題を集めました。

腸のリンパは、最先端の研究分野でもあるのです。

外敵にさらされやすくリンパ組織が発達した

なぜこれほど、腸はリンパ器官として発達しているのでしょうか。
それは、腸が外敵にさらされやすい臓器だからです。

私たちの感覚では、口から中は、自分の体だと思っています。
しかし、医学的には、口から肛門までは、「体の外」とみなされます。

私たちは、口を開けて外部から食物を取り込みます。
それが胃腸を通って、肛門から出ていきます。

つまり、口から胃、胃から腸、腸から肛門までの空間は、外部に接している世界と言えます。
外界と接している腸は、それだけ有害物や病原菌にさらされやすい臓器です。

こうした外敵を侵入させない(腸から吸収させない)ようにがんばっているのが、腸のリンパ球であり、腸のリンパ組織なのです。

危機に立ち向かう前線基地。
それが、腸がリンパ器官として発達している、理由のひとつと考えられます。

リンパ球を体じゅうに届ける腸のリンパ流し

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。
外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。

そして、腸のリンパ液を効率よく流す方法が、今回紹介する、腸のリンパ流しです。
腸のリンパ流しは、あおむけのまま腹式呼吸を行い、深い呼吸で腹部に圧を加えることで、リンパの流れを促します。

腸のリンパ流しのしくみはこうです。
まず、腸のリンパ液はすべて、リンパ液のプールである「乳び槽」に流れ込みます。

このとき腸のリンパ球も、乳び槽へと入ってきます。
乳び槽にたまった腸のリンパ液は、胸管を通り血液に流れ込みます。

胸管は、リンパ液の大量輸送道路のようなもので、乳び槽から胸管にうまくリンパ液を送り出すことができれば、リンパ液の流れが促され、リンパ液をどんどん血液に送ることができます。
ところが、乳び槽は後腹膜腔(※腹膜の後ろにある空間)にあるため、立ったり座ったりしたままでは、リンパ液を効率よく胸管に流せません。

そこで、腸のリンパ流しの出番です。
まず、あおむけになることで、足のリンパ液が乳び槽から胸管へと、自然に流れ出すのを促進できます。

さらに、腹式呼吸を行い、腹圧を上げたり下げたりします。
こうすれば、乳び槽に圧が伝わり、勢いよくリンパ液を流すことができます。

このとき、足のつけ根からへその下へと、なで上げるように手を動かせば、足のリンパ液もさらに乳び槽に流すことができ、一石二鳥です。
腸のリンパ流しの効果を確認するために、私は、ある実験を行いました。

腸のリンパ流しを行う前後で、被験者の血液成分にどんな変化が起こるかを調べたのです。
腸のリンパ流しを行った後では、被験者のさまざまな血液成分の濃度が低下していました。

リンパ液は最終的に血液の中にそそぎ込まれるので、腸のリンパ流しによって、リンパ液の流れが活発になった結果、血液が薄まったと考えられます(下記グラフ)。

リンパ液の流れがよい人はカゼを引きにくく、口内炎や口角炎にもなりづらい

腸のリンパ流しを行えば、リンパ液に含まれる豊富な腸のリンパ球も体中に流れ、あるものは細胞の組織間隙(※細胞と細胞の間に生じる間隙)にもれ出し、さらにリンパ管を通って、リンパ節に入ります。
いわば、リンパ球によって体中がパトロールされ、異物を排除する臨戦態勢が整っている状態になるのです。

この状態をつくることが、免疫力を高めることになリます。
免疫力が高まるということは、周りはカゼを引いていても、自分はカゼを引かないということです。

実際に私が調べたところでも、リンパ液の流れがよい人は、カゼを引きにくく、ガン細胞などを殺す役割をする、特別なリンパ球の活性が高いことがわかりました。
また口内炎や口角炎にもなりづらいです。

こうしたじょうぶな体でいられることの最大のメリットは、不調を感じることが少なく、人生に意欲が持てるようになるということです。

意欲があれば行動が生まれます。
免疫力の高さは、アクティブで充実した人生の土台と言えるものです。

腸のリンパ流しのやり方

オシッコの近さでリンパ液の流れ具合を確認

最後に、腸のリンパ流しで、実際にリンパ液の流れが活発になっているかを、自分で確認する方法を紹介しましょう。

リンパ液の流れが活発になると、リンパ液が血液にそそぎ込まれるので、そのぶん血液が薄められるというのは、お話しした通りです。
血液が薄められると、ADHという「尿を出すのを抑えるホルモン」の血液中の濃度が低下します。

尿を抑えるホルモンが低下するわけですから、現象としてはオシッコが近くなります。
ですから、「オシッコが近くなってきたな」と感じたら、それはリンパ液が活発に流れて、免疫力が高まってきているということです。

体の変化を感じながら、腸のリンパ流しを続けてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


カゼ 口内炎 がん

関連する投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

私がユズに関心を持ったのは8年ほど前。地元である大阪府箕面市が勧める「地域資源活用プロジェクト」がきっかけでした。箕面市がユズの産地であることを知り、当時アロマセラピストとして活動していた私は、ユズからオイルを抽出できないかと考えたのです。【解説】岡山栄子(ゆらぎスタイル代表)


風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【コンコンと続く咳、痰が絡む】食事で風邪を早く治す!大根飴 & 風邪対策レシピ

【コンコンと続く咳、痰が絡む】食事で風邪を早く治す!大根飴 & 風邪対策レシピ

大根アメは主に、セキやタン、のどの痛み、声がれなど、気管支の症状に効果があるとして、古くから用いられてきました。漢方の考え方では、大根は体を冷やすとされ、抗炎症作用をもたらします。【解説】立花愛子(りゅうえい治療院副院長・鍼灸師・管理栄養士)【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)