【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


大橋俊夫
1949年、茨城県生まれ。74年、信州大学医学部医学科卒業。医学博士。英国ベルファストクイーンズ大学講師(生理学)をへて、80年に信州大学医学部教授に就任。現在、信州大学医学部特任教授(メディカル・ヘルスイノベーション寄付講座)。2001年より日本リンパ学会理事長を務め、本邦におけるリンパ学研究の推進に専念。

リンパ液を流すと免疫力が上がる

今回皆さんに紹介する「腸のリンパ流し」は、腸(腹部)と足のリンパ液を、効率よく体中に流すための方法です。
そもそも、なぜリンパ液を流すことがたいせつなのでしょうか。

これまで、リンパ液の話といえば、足のむくみや顔のむくみの話が中心でした。
「マッサージでリンパ液を流すと足や顔のむくみが取れる」という話を、皆さんも聞いたことがあるかもしれません。

しかし、むくみの解消は、リンパ液を流すことの利点のひとつに過ぎません。
リンパ液を流すことには、もっと大きな意味があるのです。

それは、リンパ液を流すことが、免疫力(異物を排除する力)の向上につながるということです。
中でも、腸のリンパ液を流すことは、免疫力の向上に直結します。

ではなぜ、腸のリンパ液を流すと免疫力アップにつながるのでしょうか。
そもそもリンパ液は体液の一種で、体中に張り巡らされたリンパ管を通って体を流れています。

一日に流れるリンパの量は、約2Lです。
注目すべきは、リンパ液のうち約8割が、腹部と足に集中しているという事実です。

中でも腸は、人体最大のリンパ器官で、豊富なリンパ組織を持っています。
腸を大別すると、小腸と大腸に分けることができます。

小腸には、十二指腸、空腸、回腸があり、大腸には、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸があり、肛門とつながっています(下の図参照)。
小腸の長さは、成人なら6~7メートル。

長い小腸は折りたたまれるように、腹部におさまり、その周りを大腸が通っています。
長い腸が、ダラッと下がらず腹部におさまっていられるのは、腸の大部分を包む、腸間膜という組織のおかげです。

腸間膜が、体の後ろ側の腹壁とつながっているため、腸は腹部に安定することができます。
この腸間膜に、リンパ管とリンパ節(※リンパ管のところどころにある、リンパ球の待機所のようなところ)が豊富に張り巡らされています。

また腸間膜だけでなく、回腸の壁にも、特有のリンパ組織(パイエル板)がたくさんあります。

リンパ球の8割は腸に存在する

このように豊富なリンパ組織をもつ腸には、免疫機能で重要な働きを担う「リンパ球」も、たくさん集まっています。
リンパ球は白血球の一種で、体内をパトロールし、ウイルスなど異物を見つけたら、排除してくれます。

先ほど挙げた腸間膜や回腸などに存在するリンパ球を合計すると、体内にいる全リンパ球のうち、約8割ものリンパ球が、腸に集まっていることになります。

ちなみに腸のリンパ球については、いまだわかっていないことも多く、最近になり、「ILC‐3(イナード・リンフォイド・セル・スリー)」という、体の抵抗力を高めるリンパ球が腸で発見され、話題を集めました。

腸のリンパは、最先端の研究分野でもあるのです。

外敵にさらされやすくリンパ組織が発達した

なぜこれほど、腸はリンパ器官として発達しているのでしょうか。
それは、腸が外敵にさらされやすい臓器だからです。

私たちの感覚では、口から中は、自分の体だと思っています。
しかし、医学的には、口から肛門までは、「体の外」とみなされます。

私たちは、口を開けて外部から食物を取り込みます。
それが胃腸を通って、肛門から出ていきます。

つまり、口から胃、胃から腸、腸から肛門までの空間は、外部に接している世界と言えます。
外界と接している腸は、それだけ有害物や病原菌にさらされやすい臓器です。

こうした外敵を侵入させない(腸から吸収させない)ようにがんばっているのが、腸のリンパ球であり、腸のリンパ組織なのです。

危機に立ち向かう前線基地。
それが、腸がリンパ器官として発達している、理由のひとつと考えられます。

リンパ球を体じゅうに届ける腸のリンパ流し

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。
外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。

そして、腸のリンパ液を効率よく流す方法が、今回紹介する、腸のリンパ流しです。
腸のリンパ流しは、あおむけのまま腹式呼吸を行い、深い呼吸で腹部に圧を加えることで、リンパの流れを促します。

腸のリンパ流しのしくみはこうです。
まず、腸のリンパ液はすべて、リンパ液のプールである「乳び槽」に流れ込みます。

このとき腸のリンパ球も、乳び槽へと入ってきます。
乳び槽にたまった腸のリンパ液は、胸管を通り血液に流れ込みます。

胸管は、リンパ液の大量輸送道路のようなもので、乳び槽から胸管にうまくリンパ液を送り出すことができれば、リンパ液の流れが促され、リンパ液をどんどん血液に送ることができます。
ところが、乳び槽は後腹膜腔(※腹膜の後ろにある空間)にあるため、立ったり座ったりしたままでは、リンパ液を効率よく胸管に流せません。

そこで、腸のリンパ流しの出番です。
まず、あおむけになることで、足のリンパ液が乳び槽から胸管へと、自然に流れ出すのを促進できます。

さらに、腹式呼吸を行い、腹圧を上げたり下げたりします。
こうすれば、乳び槽に圧が伝わり、勢いよくリンパ液を流すことができます。

このとき、足のつけ根からへその下へと、なで上げるように手を動かせば、足のリンパ液もさらに乳び槽に流すことができ、一石二鳥です。
腸のリンパ流しの効果を確認するために、私は、ある実験を行いました。

腸のリンパ流しを行う前後で、被験者の血液成分にどんな変化が起こるかを調べたのです。
腸のリンパ流しを行った後では、被験者のさまざまな血液成分の濃度が低下していました。

リンパ液は最終的に血液の中にそそぎ込まれるので、腸のリンパ流しによって、リンパ液の流れが活発になった結果、血液が薄まったと考えられます(下記グラフ)。

オシッコの近さでリンパ液の流れ具合を確認

腸のリンパ流しを行えば、リンパ液に含まれる豊富な腸のリンパ球も体中に流れ、あるものは細胞の組織間隙(※細胞と細胞の間に生じる間隙)にもれ出し、さらにリンパ管を通って、リンパ節に入ります。
いわば、リンパ球によって体中がパトロールされ、異物を排除する臨戦態勢が整っている状態になるのです。

この状態をつくることが、免疫力を高めることになリます。
免疫力が高まるということは、周りはカゼを引いていても、自分はカゼを引かないということです。

実際に私が調べたところでも、リンパ液の流れがよい人は、カゼを引きにくく、ガン細胞などを殺す役割をする、特別なリンパ球の活性が高いことがわかりました。
また口内炎や口角炎にもなりづらいです。

こうしたじょうぶな体でいられることの最大のメリットは、不調を感じることが少なく、人生に意欲が持てるようになるということです。

意欲があれば行動が生まれます。
免疫力の高さは、アクティブで充実した人生の土台と言えるものです。

最後に、腸のリンパ流しで、実際にリンパ液の流れが活発になっているかを、自分で確認する方法を紹介しましょう。

リンパ液の流れが活発になると、リンパ液が血液にそそぎ込まれるので、そのぶん血液が薄められるというのは、お話しした通りです。
血液が薄められると、ADHという「尿を出すのを抑えるホルモン」の血液中の濃度が低下します。

尿を抑えるホルモンが低下するわけですから、現象としてはオシッコが近くなります。
ですから、「オシッコが近くなってきたな」と感じたら、それはリンパ液が活発に流れて、免疫力が高まってきているということです。

体の変化を感じながら、腸のリンパ流しを続けてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


最新の投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)