MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【生大根ダイエットレシピ6選】キレイに痩せる食べ方は「生」が鉄則!

【生大根ダイエットレシピ6選】キレイに痩せる食べ方は「生」が鉄則!

大根には酵素が豊富。その薬効を余すところなくとるためには「生で食べる」のが鉄則です。とはいえ、生の大根なんて、そんなに食べられない……と思ってはいませんか?ちょっとした工夫で、生の大根を毎日飽きずにおいしく食べることができます。ぜひ作ってみてください!【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)

解説者のプロフィール

森崎友紀(もりさき・ゆき)

1979年大阪府生まれ。
管理栄養士、製菓衛生師、中医薬膳指導員、野菜ソムリエ、食品衛生管理者の資格を持つ。
現在は料理研究家として、料理教室『UNITY☆MAGENTA』を主宰。
テレビや雑誌などのメディア、イベントなどでも活躍している。
『もっとおいしく、生大根ダイエット』(小学館)など、著書多数。
週刊少年ジャンプで連載中の『食戟のソーマ』(集英社)に料理協力。
子育ての傍ら、ブログやインスタグラムも日々更新中。

●森崎友紀オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/morisaki-yuki/

大根には酵素がたっぷり

大根は、日本人が昔から慣れ親しんできた野菜です。
私の実家でも、昔からよく大根を食べていました。

学生時代に一人暮らしを始めたころも、安くて調理しやすい大根を欠かしたことはありません。
料理研究家として、大根と真剣に向き合うようになったのは、数年前に出版したダイエット本『もっとおいしく、生大根ダイエット』(小学館刊)がきっかけでした。

調べてみると、大根は野菜の中でも、酵素(食物酵素)を豊富に含むことがわかりました。
酵素は、体内で生じるさまざまな化学反応の媒体となる物質です。

私たちの体には、食べたものを消化・吸収しやすい形へと変える消化酵素と、消化・吸収した栄養を熱エネルギーへと変える代謝酵素の2種類があります。

このうちの代謝酵素には、体や肌の調子を整える働きもあります。
体内の酵素の量は、年々減少するといわれています。

また、消化酵素を使いすぎると、その働きを補うために、代謝酵素が消費されてしまいます。
生の野菜や果物には、この消化酵素の働きを助ける食物酵素が含まれています。

ですから、食事で食物酵素をとれば、消化酵素の消費が抑えられて、代謝酵素がきちんと働くため、健康な体を維持しやすくなるというわけです。
生の大根には、炭水化物を分解するアミラーゼや、脂肪を分解するリパーゼ、たんぱく質を分解する
プロテアーゼといった酵素がたっぷりと含まれています。

ただ、酵素は熱に弱く、46~48℃の加熱で活性が失われてしまうといわれています。
ですから、酵素を体に取り入れるには、大根は生で食べるのがお勧めなのです。

生大根がダイエットにオススメな理由

また、大根には、代謝酵素を活性化させる、イソチオシアネートという成分も含まれています。
しかし、これも加熱によって減少してしまいます。

これを無駄なくとるためには、やはり大根は生で食べたほうがよいでしょう。
イソチオシアネートには、高い抗酸化作用もあります。

大根と同じアブラナ科のブロッコリーも、イソチオシアネートは豊富です。
ただ、ブロッコリーは生ではあまり食べませんし、調理法にも限りがあります。

一方で、大根は生で食べるのが容易な野菜です。
味にクセがないため、和洋中、どんな料理にもよく合います。

カロリーも100gで18kcalと低いため、ダイエット中のかたにもお勧めの野菜です。
私自身も、生の大根を意識して食べるようになってから、健康の管理がしやすくなりました。

忙しくて食生活が不規則になると、体調をくずすこともあります。
特に、私は肌が敏感で、気を抜くとすぐに荒れてしまいます。

そんなときも、生の大根をたっぷり食べれば、すぐに体調は回復。
肌の調子も整います。

生大根のおかげで、出産後に増えた体重も1年で元に戻すことができました。

切り方に変化をつけると飽きずに食べれる

健康と美容を維持するためには、1日に100~200gの生大根(輪切りで2~3cm程度)を食べるのがお勧めです。
みなさんのために、生大根をおいしく食べられる簡単レシピをご紹介していますので、ぜひ作ってみてください。
どれも自信作です!

生大根を飽きずに食べるには、大根の切り方に変化をつけるのがポイントです。

たとえば、サイコロ状の角切りにすれば、シャキシャキとした歯応えに。
薄く輪切りにすれば、繊維が断たれて、柔らかい食感になります。

「料理をするのはおっくう」というかたは、まずは、大根おろしから始めてみませんか?
しょうゆをたらしてそのまま食べてもいいですし、料理のトッピングにしてもいいですね。

特にお勧めなのが、市販のドレッシングやソースに、大根おろしを混ぜることです。
どんなドレッシングにもよく合いますし、塩分を減らせるという利点もあります。

なお、大根おろしは「皮付きのまま」で作りましょう。
皮にも栄養が豊富に含まれているので、捨ててしまうのはもったいないんです。

皮付きのまますりおろしても、味も食感も、ほとんど変わりません。
おいしくて健康的な生大根ライフを、楽しんでください。

生大根ダイエットレシピBEST6


大根の薬効を余すところなくとるためには、「生で食べる」のが鉄則です。
とはいえ、生の大根なんて、そんなに食べられない……と思ってはいませんか?

そんなあなたのために、『もっとおいしく、生大根ダイエット』(小学館刊)の著者の、管理栄養士で料理研究家の森崎友紀さんに、お勧めの生大根レシピをご紹介していただきました。

ちょっとした工夫で、生の大根を毎日飽きずにおいしく食べることができます。
ぜひ作ってみてください!

※すべてのレシピで、大根は皮付きで使用しています。気になるかたは、皮をむいてください。

大根ポン酢パスタ

●材料(2人分)
大根……300g
パプリカ(赤・黄)……各1/2個
好みのパスタ……150g
オリーブ油……大さじ1
ポン酢……大さじ4
ツナ缶……1缶
塩、コショウ、イタリアンパセリ……各適宜

●作り方
❶大根とパプリカは1cmくらいの角切りにする。
❷たっぷりの湯(分量外)を沸かし、湯に対して1%の塩を加え、パスタを表示時間どおりゆで、ザルにあげて水を切る。
❸ボウルにオリーブ油、ポン酢、軽く油を切ったツナ、塩、コショウをよく混ぜ合わせ、②と①を加えて和え、器に盛る。
あれば、イタリアンパセリをあしらう。

即席カクテキ

●材料(作りやすい分量)
大根……500g
キュウリ……1本
塩……小さじ1/2


しょうゆ、酢、ハチミツ……各大さじ2
すりごま、粉トウガラシ……各大さじ1
ニンニクすりおろし、ショウガすりおろし……各小さじ1

●作り方
❶大根は3mmの厚さのイチョウ切りに、キュウリは縦半分に切ってから斜め薄切りにして塩もみ
する。
しんなりしたら、水分を絞る。
❷Aの材料をすべて混ぜ合わせ、①を入れて手でよくもみ込み、冷蔵庫で10分以上寝かせる。
※冷蔵で1週間は保存可能。
※辛さをマイルドにしたい場合は、韓国の粉トウガラシを使うとよい。

即席カクテキを使って ビビンバ

●材料(2人分)
ホウレンソウ……1袋
薄切り牛肉……200g
焼肉のタレ(市販のもの)……大さじ3


ゴマ油、炒りゴマ……各大さじ2
塩……小さじ1/2

ゴマ油……大さじ1
ご飯……どんぶり2杯分
即席カクテキ……好みの量
温泉卵……2個
七味トウガラシ、コチュジャン……各適量

●作り方
❶ホウレンソウはゆでて3cm幅に切る。
❷牛肉はひと口大に切り、焼肉のタレをからめておく。
❸Aの材料を全て混ぜ合わせ、①を加えて混ぜる。
❹フライパンにゴマ油を熱し、②を炒める。
❺どんぶりに温かいご飯を入れ、その上に③、④、カクテキ、温泉卵を盛りつけ、七味トウガラシを振り、コチュジャンを添える。

おろしトマトつけうどん

●材料(2人分)
大根……200g
豚バラ肉……150g
エノキタケ……1束
長ネギ……1本
ゴマ油……大さじ1
うどん……2玉


水、めんつゆ(3倍希釈)、ホールトマト……各200ml

炒りゴマ……大さじ1

●作り方
❶大根はすりおろしてザルにあげる。
豚肉とエノキタケは5cm幅に、長ネギは青い部分はトッピング用に輪切りに、残りの白い部分は斜め薄切りにする。
❷鍋にゴマ油を熱し、①の豚肉、エノキタケ、ネギの白い部分を炒める。
❸②にAを加えて沸騰させ、5分ほど煮る。
❹うどんはゆでて冷水で洗い、ザルにあげる。
❺④を皿に盛りつけ、①の大根と炒りゴマ、トッピング用のネギをのせる。③を別の器に盛りつけ、うどんをつけていただく。

フルーツ大根サラダ

●材料(2人分)
大根……300g
リンゴ……1/4個
キウイフルーツ……1/2個
バナナ……1/2本


ヨーグルト……大さじ3
マヨネーズ、練乳……各大さじ1

●作り方
❶大根、リンゴは皮付きのままイチョウ切りにする。
キウイフルーツは皮をむいてイチョウ切りに、バナナは皮をむいて輪切りにする。
❷ボウルにAを混ぜ合わせ、①を和える。
※練乳がない場合は、同量のハチミツでも代用できるが、練乳を使ったほうがおいしい。

おろしみたらし豆腐だんご

●材料(2人分)
大根……200g
白玉粉……100g
絹ごし豆腐……150g


しょうゆ……大さじ1
砂糖……大さじ4
水……大さじ5

水溶き片栗粉
片栗粉……大さじ1/2
水……大さじ1

●作り方
❶大根はすりおろしてザルにあげる。
❷白玉粉に絹ごし豆腐を加えてよく混ぜ、耳たぶぐらいの硬さに仕上げ、だんご状に丸める。
❸②を沸騰した湯(分量外)に入れ、浮かんできたら2分待ってザルにあげ、水に取って水気を切る。
❹鍋にAの材料をすべて入れて火にかける。
沸騰したら、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつけ、火を止めて①を加え、混ぜ合わせる。
❺③を器に盛り、④をたっぷりかける。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt