MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)

解説者のプロフィール

済陽高穂(わたよう・たかほ)
西台クリニック理事長、外科医。1970年、千葉大学医学部卒業。73年、アメリカ・テキサス大学外科教室に1年間留学。91年、東京女子医科大学助教授。94年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。08年、三愛病院医学研究所長、トワーム小江戸病院院長。同年11月、西台クリニック院長。17年、西台クリニック理事長に就任。消化器手術4000例を執刀するも、手術に成功し、抗がん剤、放射線治療を経ても約半数が再発し亡くなる現実に気づき、食事療法にがん撲滅の活路を求め、「済陽式食事療法」を確立。その治癒率は60%を超える。『今あるガンが消えていく食事』(マキノ出版)など、著書多数。

●西台クリニック
東京都板橋区高島平1丁目83-8
http://www.ncdic.jp/

健康維持の要となる「消化」を促進する大根

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。
刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。

大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。
因幡の白ウサギを助けたことで知られる大国主命は、人望が厚く、それを妬んだ周りの神々が、もちのごちそう攻めにして命を奪おうとしました。

それに気づいた大国主命は、事前に大根を食べて、事なきを得ました。
しかし、一緒にもちを食べた他の神々は、七転八倒の苦しみで成敗されたということです。
すでにこの時代、大根に消化を助ける働きのあることがわかっていたのです。

昔の人は、生の大根をかじりながらご飯を食べていました。
大根でご飯の消化をよくするためです。

また、当たらない役者を「大根役者」というのも、「何を食べても当たらない」という、胃腸障害を予防する大根の食効にちなんだものです。

消化機能は、健康を維持するうえで非常に大事です。
食べたものがきちんと消化・吸収されて初めて、体内でさまざまな代謝が行われます。

もし、食べたものが十分に消化されずに体内に入ったら、代謝障害が起こって、万病のもとになるでしょう。
どんなに体によいものでも、最小の分子に分解されなければ、体が利用できないのです。

その消化吸収を助けるのが、大根です。
大根には、ジアスターゼという消化酵素が含まれています。

この主成分は、でんぷんを分解するアミラーゼです。
それ以外にも、脂肪を分解するリパーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼという消化酵素が含まれています。

天ぷらに大根おろしが欠かせないのは、これらの大根の消化酵素が、でんぷんも脂肪もたんぱく質も分解するからです。
ちなみにジアスターゼは、健胃・消化酵素薬として、多くの医薬品に使われています。

大根のもう一つの注目すべき成分は、イソチオシアネートという大根の辛味成分です。
これは、大根をはじめとするアブラナ科の植物に多い硫黄化合物で、大根おろしのピリッとした辛さのもとです。

イソチオシアネートには、優れた殺菌作用と抗酸化作用があり、体を酸化させる毒性物質である活性酸素を消去して、がんや動脈硬化、血栓の形成などの予防や抑制に役立ちます。
それ以外にも、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄分などが大根には含まれています。

皮ごとすりおろしすぐに食べるとよい

こうした大根の効能を余すところなくとるには、生で食べるのが一番です。
ジアスターゼのような消化酵素は、加熱すると活性が失われるからです。

また、イソチオシアネートは、生の大根を細かく刻んだり、すりおろしたりして、細胞が壊れて空気と触れることにより作られます。
ですから、大根は、生で、大根おろしなど、なるべく細かくして食べるのが、最もお勧めです。

イソチオシアネートを作る酵素は、大根の皮と身の間に多く含まれているので、大根おろしを作るときは、皮付きのまますりおろすといいでしょう。
消化酵素もイソチオシアネートも、時間をおくと変性し、効力を失います。

食べる直前に大根をおろし、なるべく早く食べてください。
1日の食べる量は、100g(大根を輪切りにして2cmほど)くらいを目安にします。

また、大根おろしの汁を捨ててしまう人がいますが、これはもったいない話です。
大根のおろし汁には、酵素やイソチオシアネート、ビタミンCなどの水溶性成分が溶け出しています。
ですから、なるべく汁も一緒に食べるようにしてください。

私も大根おろしは好きで、週に2~3回は食べます。
たいていは夕食時に、肉や魚の付け合わせにしています。

もちろん、患者さんにも、食事指導の一環として勧めています。
自然食の食事指導で100年の歴史を持つ栗山食事研究所では、朝と晩に必ず、小鉢1杯の大根おろしを食べるように指導しています。

これは、もちろん消化不良を防ぐためですが、それだけではありません。
大根おろしがおいしく感じられれば体調に問題なく、おいしくなければどこかに故障があるという、健康のバロメーターにもしているのです。

この栗山食事研究所で食事指導を受けた美容家のメイ牛山さんは、ご主人の膵臓病を食事で克服され、ご自身も96歳で亡くなるまで第一線で活躍されていました。
おそらくメイさんも、忠実に大根おろしを召し上がっていたものと推察されます。

ぜひこれを機に、食卓に大根をとり入れて、健康維持にお役立てください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
お通じがつくときは、「突然、おなかが猛烈に痛くなり、トイレに向かう」というパターンがほとんどでした。それがスリッパをはくようになってからは、穏やかに便意がつくようになりました。形状も健康的なバナナ便に近くなってきました。おなかを下す回数も激減しました。【体験談】山川小百合(仮名・パートタイマー・51歳)
更新: 2019-01-07 18:00:00
発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)
更新: 2018-11-29 12:00:00
私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 
更新: 2018-11-08 07:00:00
私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)
更新: 2018-10-19 18:51:43
吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)
更新: 2018-09-28 10:07:51
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt