MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)

うつの身体症状は冷えと同じ

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。
うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。

半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。
その結果、カウンセリングや抗うつ剤だけでは完治まで今一歩だった患者さんたちの治療効果が、格段に上がっているのです。

精神的な病を抱えている人で、体が冷えていない人はほとんどいません。
実際、うつ病の身体症状は、冷えによる症状ととてもよく似ています。

不眠、下痢、頭痛、肩こり、集中力低下、便秘、だるさなど、ほぼ同じです。
ストレスを受けると、アドレナリンや副腎皮質ホルモンが分泌され、自律神経(※1)の一つである交感神経が活性化され、血管が収縮します。

血流が悪くなり体温が下がると、免疫力も低下し、代謝も悪くなりますから、脂肪が蓄積して血管も細くなります。
血液循環が悪化して、さらに冷えてしまいます。

体温が1℃下がると、免疫力が3割以上下がるといわれています。
これは、生命活動を維持するためのさまざまな化学反応を起こしている酵素が活動するための適温が、37~38℃(深部体温)だからです。

体温が下がれば、その分、酵素の働きが悪くなり、内臓の働きや代謝が鈍くなって、病気の原因となっていきます。
また、うつは精神的なエネルギーの枯渇ですが、冷えは体内のエネルギーを消耗します。

試しに、氷を37℃まで温めるのに使われるエネルギーを想像してみてください。
冷えは、心身のエネルギー切れにつながります。

それを防ぐためにも、半身浴は非常に有効なのです。
半身浴の適温は諸説ありますが、私は37〜39℃のぬるま湯をお勧めしています。

42℃の湯に10分つかると体温は0.9℃上がるが10分後には元に戻るのに対し、38℃の湯に10分つかると体温が0.4℃上がり20分後まで持続したという調査があります。(※2)

42℃以上の熱めの湯に入ると、交感神経が刺激され、心身の緊張が増すとともに、末梢の血管が収縮してかえって血行が悪くなってしまうからです。

※1血管や内臓の働きを無意識のうちに調整している神経
※2渡邊賀子漢方と最新治療8(4)、1999

うつ・不眠を改善する「オボ式」半身浴のやり方

ぬるま湯入浴で免疫力もアップ!

反対に、40℃以下のお湯では、交感神経と拮抗するように働く副交感神経が優位になります。
すると、心身の緊張がほどけ、リラックスして末梢血管が拡張し、血行がよくなります。

また、ぬるいお湯に長時間つかると、皮膚や脂肪層より深いところから温まることができるため、毛穴にある皮脂腺やアポクリン腺から、老廃物や有害物質を含む汗や皮脂を出すことができるのもメリットです。

これは体温調節のための通常の汗とは違う分泌物で、色やにおいがあり、お湯が汚れるほどの量が排出されることがあります。
「湯にドロドロの油が浮いた!」と驚いて駆け込んで来た人もいましたが、心配いりません。

さて、半身浴で体の芯まで温まり、リラックスしたところで、もう一つ、ぬくもりを与えてほしいところがあります。
それは、心の中にいる「子どもの自分」です。

「子供の自分」にもぬくもりを与える

2~3歳児のころの、ありのままの本音、本能で生きている自分といってもいいでしょう。
それに対し、「大人の自分」は建前、社会的役割、責任を重視する、理性で生きる自分です。

自分の中にいる「大人の自分」と「子どもの自分」の関係性、これを私は「自分関係」と名付けています。
その関係性の悪さが、最大のストレス源であり、さまざまな病気の根本原因であると私は考えています。

今まで冷淡に扱い、寂しい思いをさせてきた「子どもの自分」にまず謝り、存在を認め、大好きだよ、と声を掛けてください。
心の奥底から、ジワァッと温かい気持ちがわいてくるのが感じられると思います。

心が疲れたときは、体も冷えているもの。
半身浴で体内深部から温まり、心身の健康を守りましょう。

解説者のプロフィール

於保哲外(おぼ・てつがい)
オボクリニック院長。
1976年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院分院神経科、社会保険中央総合病院内科を経て、1986年、久徳クリニック東京院長。1995年、オボクリニックを開院。『うつは体を温めて治す』(成美堂出版)、『体も心も"冷え"で壊れる』(リサージュ出版)など著書多数。

●オボクリニック
東京都新宿区高田馬場2-16-6 宇田川ビル5F
TEL 03-3200-1510
http://www.oboclinic.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)
更新: 2018-12-15 18:00:00
実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)
更新: 2018-12-02 18:00:00
人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)
更新: 2018-11-24 18:00:00
念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)
更新: 2018-11-17 07:00:00
上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)
更新: 2018-11-10 07:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt